3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

初心者でもわかる!ビジネス英単語 ‘eliminate’ の使い方ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

こんにちは!RYO英会話ジムです。今日はビジネス英語でよく使われる単語 ‘eliminate’ について学びましょう。ビジネスシーンでは、効率を上げたりコストを削減したりするために、さまざまなものを取り除く必要があることがあります。そんなときに役立つのが ‘eliminate’ という単語です。この記事では、’eliminate’ の意味や使い方、例文を通じて詳しく説明していきます。読者の皆さんが実際のビジネスで使えるようになることを目指しています。それでは、始めましょう!

 

 

無料トライアル実施中

eliminateの基本的な意味

‘Eliminate’ はビジネス英語で頻繁に使われる動詞で、その基本的な意味は「排除する」や「取り除く」です。この単語は、不要なものや障害となるものを取り除く際に使われます。例えば、業務の効率を上げるために無駄なプロセスを取り除く場合や、コスト削減のために不要な経費を削減する場合などに使われます。

具体的には以下のような場面で使われます:

  • 「不必要な書類を排除する」 = “Eliminate unnecessary paperwork”
  • 「エラーを取り除く」 = “Eliminate errors”

このように、’eliminate’ は業務の改善や効率化に欠かせない重要な単語です。次に、ビジネスシーンでの具体的な使い方を見てみましょう。

 

 

ビジネスシーンでの使い方

ビジネスシーンでは、’eliminate’ は非常に実用的な単語です。さまざまな状況で効率を上げたり、問題を解決したりするために使われます。以下に具体的な使用例を紹介します。

経費の削減

例えば、企業が経費削減を目指す場合に使います。

  • “We need to eliminate unnecessary expenses.”
    (不必要な経費を削減する必要があります。)

業務プロセスの改善

効率化のために無駄なプロセスを取り除く場合にも使われます。

  • “To improve efficiency, we must eliminate redundant processes.”
    (効率を上げるために、重複するプロセスを排除しなければなりません。)

エラーや問題の解消

製品やサービスの品質を向上させるために、エラーや問題を取り除く際に使います。

  • “Our goal is to eliminate all errors in the production process.”
    (私たちの目標は生産プロセスにおけるすべてのエラーを取り除くことです。)

競争からの排除

市場での競争に勝つために、競争相手を排除するという意味でも使われます。

  • “The company aims to eliminate its competitors through innovation.”
    (会社は革新を通じて競争相手を排除することを目指しています。)

このように、’eliminate’ はさまざまなビジネスシーンで役立つ単語です。具体的な例文を通して、さらに理解を深めていきましょう。

 

 

eliminateを使った例文とその解説

ここでは、’eliminate’ を使った具体的な例文をいくつか紹介し、それぞれの意味を詳しく解説します。

例文1:

“The company decided to eliminate the old software.”
(会社は古いソフトウェアを排除することを決めました。)

解説: この文では、会社が古いソフトウェアを取り除くことを決定したことを意味しています。新しいソフトウェアを導入するためや、古いソフトウェアの維持費用を削減するために、このような決定がされることがあります。’eliminate’ はここで「排除する」の意味で使われています。

例文2:

“To improve efficiency, we must eliminate redundant processes.”
(効率を上げるために、重複するプロセスを排除しなければなりません。)

解説: この文は、業務の効率を向上させるために、無駄なプロセスを取り除く必要があることを示しています。’redundant processes’(重複するプロセス)は、効率を下げる要因となるため、これを排除することで業務全体のスピードや生産性を向上させることができます。ここでも ‘eliminate’ は「取り除く」の意味で使われています。

例文3:

“The goal is to eliminate all defects from our products.”
(目標は、製品のすべての欠陥を排除することです。)

解説: この文では、製品の品質を向上させるために、すべての欠陥を取り除くことを目標としていることを意味しています。’defects’(欠陥)は顧客満足度を下げる要因であり、これを排除することで、より良い製品を提供することができます。

例文4:

“We need to eliminate the risks associated with this project.”
(このプロジェクトに関連するリスクを排除する必要があります。)

解説: この文は、プロジェクトの成功のために、関連するリスクを取り除く必要があることを示しています。リスクマネジメントの一環として、問題が発生する前にリスクを予測し、これを排除することが重要です。

これらの例文を参考にして、’eliminate’ の使い方をしっかりと理解し、実際のビジネスシーンで活用してみてください。

 

 

eliminateの類義語と対義語

ここでは、’eliminate’ の類義語と対義語を紹介し、それぞれの違いを説明します。

類義語

1. Remove(取り除く)
  • ‘Remove’ は、物理的に何かを取り除くときや、状況から何かを除去するときに使われます。
  • 例文: “Please remove the old files from the system.”
    (古いファイルをシステムから取り除いてください。)
2. Get rid of(取り除く、処分する)
  • ‘Get rid of’ は、不要なものを処分する意味で使われます。口語的な表現です。
  • 例文: “We need to get rid of outdated equipment.”
    (古くなった設備を処分する必要があります。)
3. Eradicate(根絶する)
  • ‘Eradicate’ は、完全に取り除く、根絶するという強い意味があります。特に病気や害虫などを完全に取り除くときに使われます。
  • 例文: “Our goal is to eradicate poverty.”
    (私たちの目標は貧困を根絶することです。)

対義語

1. Include(含む)
  • ‘Include’ は、何かを含める、加えるという意味があります。
  • 例文: “Please include all relevant documents in your report.”
    (報告書にすべての関連書類を含めてください。)
2. Add(加える)
  • ‘Add’ は、何かを追加する、加えるという意味があります。
  • 例文: “We need to add more resources to this project.”
    (このプロジェクトにもっとリソースを追加する必要があります。)

違いの説明

  • ‘Remove’ vs. ‘Eliminate’:
    • ‘Remove’ は、特定の物や人を取り除くときに使います。’Eliminate’ は、不要なものを完全に取り除く、または排除する意味が強いです。
    • 例文: “Remove the obstacles from the path.”
      (道から障害物を取り除く)
    • 例文: “Eliminate the obstacles to success.”
      (成功への障害を排除する)
  • ‘Get rid of’ vs. ‘Eliminate’:
    • ‘Get rid of’ は、もっとカジュアルな表現で、不要なものを処分する意味です。’Eliminate’ は、よりフォーマルで完全に排除する意味があります。
    • 例文: “Get rid of old habits.”
      (古い習慣を取り除く)
    • 例文: “Eliminate bad practices from the workplace.”
      (職場から悪い慣行を排除する)
  • ‘Include’ vs. ‘Eliminate’:
    • ‘Include’ は、何かを含めるという意味で、‘Eliminate’ の反対の意味になります。
    • 例文: “Include everyone in the meeting.”
      (全員を会議に含める)
    • 例文: “Eliminate unnecessary participants from the meeting.”
      (不必要な参加者を会議から排除する)

これらの類義語と対義語を理解することで、’eliminate’ の意味をより深く理解し、適切に使い分けることができます。

 

 

使い方のポイント

‘Eliminate’ を使う際には、いくつかのポイントや注意点があります。これを意識することで、より正確に意味を伝えることができます。以下に、使い方のポイントとよくある間違いを紹介します。

使い方のポイント

1. 何を排除するのかを明確にする
  • ‘Eliminate’ を使うときは、何を排除するのかを明確に述べることが大切です。曖昧な表現だと、意味が伝わりにくくなります。
  • 例文: “We need to eliminate unnecessary costs.”
    (不必要なコストを排除する必要があります。)
2. ビジネス文脈で使うことが多い
  • ‘Eliminate’ はビジネスやフォーマルな場面でよく使われる単語です。日常会話では ‘get rid of’ などのカジュアルな表現が好まれることがあります。
  • 例文: “The company aims to eliminate inefficiencies.”
    (会社は非効率を排除することを目指しています。)
3. 改善や効率化の文脈で使う
  • 何かを良くするために取り除くという文脈で使われることが多いです。改善や効率化を目的とする場合に適しています。
  • 例文: “To streamline operations, we must eliminate redundant steps.”
    (業務を合理化するために、重複する手順を排除しなければなりません。)

よくある間違い

1. 排除する対象が不明確
  • ‘Eliminate’ を使うときに、何を排除するのかが不明確だと意味が伝わりません。具体的な対象を明示することが重要です。
  • 誤った例: “We need to eliminate.”
    (何を排除するのか不明確)
2. 過度にカジュアルな文脈での使用
  • カジュアルな会話で ‘eliminate’ を使うと、少し堅苦しく聞こえることがあります。友人同士の会話では ‘get rid of’ などの表現を使う方が自然です。
  • 誤った例: “Let’s eliminate the old furniture.”
    (フォーマルすぎる表現)
3. 無理に使う
  • 文脈に合わない場合に無理に ‘eliminate’ を使うと、不自然な印象を与えます。適切な場面で使うことが大切です。
  • 誤った例: “We need to eliminate the noise.”
    (’reduce’ や ‘decrease’ の方が適切な場合もあります)

まとめ

‘Eliminate’ を使うときは、排除する対象を明確にし、適切な文脈で使うことが重要です。このポイントを意識することで、効果的に ‘eliminate’ を使いこなせるようになります。

 

 

まとめ

この記事では、ビジネス英語で重要な単語 ‘eliminate’ について学びました。以下に、記事の内容を簡潔にまとめます。

  • 基本的な意味:
    ‘Eliminate’ は「排除する」「取り除く」という意味です。
  • ビジネスシーンでの使い方:
    経費削減や業務プロセスの改善、エラーの解消など、さまざまな場面で使われます。
  • 例文と解説:
    ‘The company decided to eliminate the old software.’(会社は古いソフトウェアを排除することを決めました)などの例文を通じて具体的な使い方を確認しました。
  • 類義語と対義語:
    ‘Remove’ や ‘get rid of’ などの類義語と ‘include’ や ‘add’ などの対義語を紹介しました。
  • 使い方のポイント:
    何を排除するのかを明確にすること、ビジネス文脈で使うこと、改善や効率化の文脈で使うことが重要です。

‘Eliminate’ の使い方、理解できましたか?ぜひ実際のビジネスシーンで使ってみてくださいね。これからもビジネス英語の学習を続けて、さらなるスキルアップを目指しましょう!

 

 

クイズコーナー

学んだ内容を確認するために、簡単なクイズを用意しました。以下の文の空欄に入る適切な言葉を選んでみましょう。

クイズ: “To reduce costs, we must ______ unnecessary staff.”

選択肢:

  1. include
  2. add
  3. eliminate
  4. keep

答えがわかりましたか?正解は、3. ‘eliminate’ です。この文は「コストを削減するために、不必要なスタッフを排除しなければなりません」という意味になります。

正解できましたか?今回学んだ ‘eliminate’ の使い方を、ぜひ実際のビジネスシーンで活用してみてくださいね。これからも一緒にビジネス英語を楽しく学びましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム