3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

会議やメールで使える!「検討する」の英語表現大全

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

イントロダクション

ビジネスシーンでは、「検討する」という言葉を使う機会が多いですよね。例えば、新しいプロジェクトの提案、予算の見直し、商品の評価など、日々の業務の中で何かを「検討する」ことが必要になります。「検討する」は、何かを慎重に考えたり、分析したりするプロセスを指します。このプロセスを適切に行うことが、ビジネスの成功に繋がります。

では、英語で「検討する」をどのように表現すればいいのでしょうか?英語には、「検討する」を意味する様々な表現がありますが、状況に応じて適切な表現を使い分けることが重要です。例えば、会議で提案を議論するときや、メールでのやり取りで使うフレーズなど、それぞれのシチュエーションに合った表現を知っておくと便利です。

今回のブログ記事では、「検討する」の英語表現をいくつか紹介し、その使い方について詳しく説明します。基本的な表現から、ビジネスシーンで役立つ具体的なフレーズまで、幅広くカバーしますので、ぜひ参考にしてください。英語で「検討する」をスムーズに使えるようになれば、ビジネスコミュニケーションの幅が広がり、自信を持って英語を使いこなせるようになりますよ。

 

 

無料トライアル実施中

「検討する」の基本英語表現

ビジネスシーンで「検討する」という意味を持つ英語表現にはいくつかのバリエーションがあります。それぞれの表現は、使う場面やニュアンスによって適切に使い分けることが重要です。ここでは、基本的な「検討する」の英語表現を紹介します。

Consider

“Consider” は「検討する」を意味する最も一般的な表現です。幅広い場面で使えるため、覚えておくと非常に便利です。例えば、新しいプロジェクトを始める前に、その利点やリスクを「検討する」際に使います。

例文:

Review

“Review” は、何かを見直す、再評価するというニュアンスで使われます。特に、既存の計画や提案を改めて検討する際に使うことが多いです。

例文:

Examine

“Examine” は、詳細に調べて「検討する」という意味合いがあります。具体的なデータや情報を深く分析する場合に使われることが多いです。

例文:

これらの表現を使い分けることで、ビジネスシーンにおいて適切に「検討する」ことができるようになります。それぞれの表現が持つ微妙なニュアンスを理解し、場面に応じて使いこなせるようになると、より効果的なコミュニケーションが可能になります。

 

 

ビジネスシーンで使えるフレーズ

ここでは、「検討する」を使ったビジネスシーンで役立つ具体的なフレーズを紹介します。これらのフレーズを使うことで、英語でのコミュニケーションがよりスムーズになり、ビジネスの場面でも自信を持って話すことができるようになります。

Let’s consider this option

意味:「この選択肢を検討しましょう」

このフレーズは、新しい提案やアイディアについて議論するときに使えます。チームで何かを決定する前に、複数の選択肢を検討する際に便利です。

例文:

  • Let’s consider this option before making a final decision.
    (最終決定をする前にこの選択肢を検討しましょう。)
  • We should consider alternative solutions to address this issue.
    (この問題に対処するための代替案を検討すべきです。)

We need to review the proposal

「提案を見直す必要があります。」

このフレーズは、既存の提案や計画を再評価する際に使います。重要な会議の前や、計画を修正する必要があるときに適しています。

例文:
  • We need to review the proposal before the client meeting.
    (クライアントとの会議の前に提案を見直す必要があります。)
  • The board of directors will review the financial report.
    (取締役会が財務報告書を見直します。)

Please examine the details

意味:「詳細を検討してください」

このフレーズは、具体的なデータや情報を詳細に調べるよう指示するときに使います。特に、契約書やレポートの詳細を確認する場合に役立ちます。

例文:
  • Please examine the details of the contract carefully.
    (契約の詳細を注意深く検討してください。)
  • The committee needs to examine all aspects of the new policy.
    (委員会は新しい方針のすべての側面を検討する必要があります。)

これらのフレーズを適切に使うことで、ビジネスシーンでの英語コミュニケーションがより効果的になります。それぞれのフレーズが持つ意味を理解し、場面に応じて使い分けることで、スムーズなやり取りが可能になります。

 

 

具体的なシチュエーション別の使い方

「検討する」という表現は、具体的なビジネスシチュエーションにおいても非常に重要です。ここでは、会議での発言、メールでの表現、提案書での使用例を紹介します。それぞれのシチュエーションに合ったフレーズを使うことで、コミュニケーションがより効果的になります。

会議での発言例

Let’s consider the budget for this project.

会議の場では、プロジェクトの予算などを検討することがよくあります。このフレーズを使うことで、チーム全体で予算を慎重に考えることができます。

例文:
  • Let’s consider the budget for this project.
    (このプロジェクトの予算を検討しましょう。)
  • Before we proceed, let’s consider the potential risks involved.
    (進める前に、潜在的なリスクを検討しましょう。)

メールでの表現

We are currently reviewing your application.

メールでのやり取りでは、申請書や提案を検討していることを伝えることが重要です。このフレーズは、現在進行中の検討プロセスを相手に知らせるのに適しています。

例文:
  • We are currently reviewing your application and will get back to you soon.
    (現在、あなたの申請を検討中です。すぐにご連絡いたします。)
  • Thank you for your proposal. We are reviewing it and will provide feedback by next week.
    (ご提案ありがとうございます。現在検討中で、来週までにフィードバックをお伝えします。)

提案書での例

We have thoroughly examined all aspects of this plan.

提案書では、詳細に検討した結果を示すことが求められます。このフレーズを使うことで、計画のすべての側面を慎重に評価したことを強調できます。

例文:
  • We have thoroughly examined all aspects of this plan and believe it will be highly beneficial for our company.
    (この計画のすべての側面を詳細に検討し、弊社にとって非常に有益であると考えています。)
  • After examining the data, we have identified key areas for improvement.
    (データを検討した結果、改善すべき主要な点を特定しました。)

これらのフレーズをシチュエーションに応じて使い分けることで、ビジネスシーンでの英語のやり取りがより効果的かつプロフェッショナルになります。状況に合った適切な表現を使うことで、相手に対する理解と信頼を深めることができます。

 

 

まとめと実践のポイント

振り返り

今回の記事では、ビジネスシーンで使える「検討する」の英語表現について学びました。「検討する」を表現するための基本的な英語フレーズとして、”consider,” “review,” “examine” の3つを紹介し、それぞれの使い方を具体的なシチュエーションで見てきました。これらの表現を使い分けることで、ビジネスシーンでのコミュニケーションが一層スムーズになります。

英語で「検討する」を使うときの注意点

英語で「検討する」を使う際のポイントをいくつかお伝えします。

  1. 文脈に合った表現を選ぶ: “Consider” は最も一般的で幅広い場面で使えますが、”review” や “examine” はより詳細な見直しや分析が必要な場合に適しています。状況に応じて適切な表現を選びましょう。
  2. フォーマルな場面では丁寧な表現を: ビジネスメールや公式な提案書では、より丁寧でプロフェッショナルな表現を心掛けましょう。例えば、「We need to review the proposal.」という表現は、丁寧かつ明確です。
  3. 自信を持って使う: 英語の表現に自信がないと感じることもあるかもしれませんが、練習を重ねることで自然に使えるようになります。日常の業務で積極的に使ってみてください。

読者への感謝

最後に、この記事を読んでいただき、ありがとうございます。ビジネスシーンで役立つ英語表現を学ぶことで、コミュニケーションスキルが向上し、仕事の幅も広がることと思います。これからも継続的に英語のスキルアップを目指して頑張ってください。何か質問やリクエストがありましたら、ぜひお知らせください。これからも応援しています!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム