フィリピンで9G(労働)ビザ保持者への出国にかかる費用が高すぎる件

こんにちは、リョウです。

今回、久々に妻のアイヴァンと日本に帰国しました。

去年の8月に結婚したばかりということもあり、日本の両親や親戚への紹介も込めての帰国になりました。

フィリピンの日系企業で働き初めてから6年半年ほどになりますが、今回、なんと出国するだけで、P4000もかかったので、フィリピンで働く方たちの参考になればと思い、ブログに投稿することにしました。

P4000なので、日本円だと約9000円ですね。出国するだけなのに、お金かかりすぎですから!!

 

 

9GはECC-Bを取得

今、この記事を見られている方もおそらく9Gを取得済みで、フィリピンで働いている方かと思いますが、9Gの場合は、なんと出国にお金がかかります。

出国税を取得するにあたり、出国証明書を発行してもらう必要があります。

それを英語では、”Emigration Clearance Certificate”と言います。

略して”ECC”とよく言われています。

ECCにも、タイプが2つあって、1つ目がECC-A。

これは観光ビザで入ってきた人が取得する必要があるものになるので、ここでは割愛しておきますね。

2つ目は、9Gビザの方は、ECC-Bというのを取得しないといけません。

 

 

どこで取得できるの?

こちら、イントラムロスの移民局か、空港の出国窓口のどちらかで取得でいます。

マカティとかフォートのお住まいの方は、出国前にわざわざ移民局に行くのも面倒だと思うので、空港で支払うのをおすすめします。

 

 

提示するものと、かかる費用

出国窓口ですが、ECC-B取得用の窓口が気づけられています。

ターミナル3を今回利用したんですが、その場合だと出国窓口が立ち並んでいる一番右奥でした。

かかる費用としては、こちら出国税になりますが、P2,380ペソでした。

高い!9Gを取得してから、その年に初めて出国する場合は、この値段で、2回以降はまた値段が変わってくるそうです。

提示するものは、下記の通り。

  • ACR-I CARD(外国人登録書)
  • パスポート
  • 旅行券

 

ACR-I CARDは普段まったくといいほど使う機会がないので、家の引き出しなんかにしまいがちです。

ただ、9Gで出国する際は、必ず必要になるので、必ず持っていきましょう。

 

 

手続きにかかる時間は?

窓口の前にどのくらい人が並んでいるかにもよるかと思いますが、手続き自体はほんの数分です。

5分ほどでしたかね。

 

 

さらに旅行税もかかる?

あと、旅行税もかかる場合があります。フィリピンで働かれているほとんどの人は払う機会がないかもしれませんが、フィリピンで1年以上出国しなかった場合は、旅行税がP1,620かかります

僕の場合は、2年ぶりに日本帰国だったので、今回初めて旅行税を払うことになってしまったということです。知らなかった。。

下の写真は、妻アイヴァンと私とで、二人分の値段になります。

 

 

最後に

ということで、僕のようにP4000も出国に払う方は珍しいかもしれませんが、9Gをお持ちの方はすくなくともP2,380は支払う必要があるので、財布に最低でもP3000は忍ばせておきましょう。

事前に用意するのを忘れていた方でも、空港にATMがあるので、そこで下ろせば大丈夫でしょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、9Gを持っていた場合、出国税が高すぎる件でした。

それでは、See you next time!

 

 

マニラ国際空港の第3ターミナルからタクシーをスムーズに捕まえる方法!

2018.02.21

マカティで一番綺麗な公園!ジョギングするには持ってこいの場所

2018.02.18

未経験者必見!フィリピンに海外転職する前に、知っておくべき7つのこと

2016.07.24

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中