3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

ビジネス英語:「contemplate」の使い方とその意味をマスターしよう!

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

この記事の目的

ビジネス英語を学ぶ際に、特定の単語の意味や使い方を正しく理解することは非常に重要です。この記事では、ビジネスシーンで頻繁に使用される動詞「contemplate」について、その基本的な意味から具体的な使い方までを解説します。これにより、日常業務や会議、メールなどで自信を持って「contemplate」を使用できるようになります。

contemplateとは?

「contemplate」という単語は、日常の英会話やビジネスシーンで広く使われる動詞です。この単語には「熟考する」「じっくり考える」「深く考える」といった意味があります。具体的には、何かを注意深く考えたり、将来の行動や決定について真剣に考える際に使われます。

例文:
  • Before making a final decision, the manager took time to contemplate all possible outcomes.
    (最終決定を下す前に、マネージャーはすべての可能な結果をじっくり考えました。)

この記事を通じて、「contemplate」の意味を深く理解し、ビジネスシーンで適切に使いこなせるようにしましょう。

 

 

無料トライアル実施中

contemplateの基本的な意味

contemplateの辞書的な意味

「contemplate」という単語は、以下のような辞書的な意味があります:

  1. 熟考する:物事をじっくりと深く考えること。
  2. 予想する:将来の出来事や結果を予測して考えること。
  3. 見つめる:何かをじっくりと観察すること。

この単語は、ラテン語の「contemplari」(静かに観察する)から派生しており、静かにじっくりと考えることを意味しています。

使われるシチュエーション

「contemplate」は、以下のようなシチュエーションでよく使われます:

  1. ビジネスの意思決定
    • 重要な決定を下す前に、さまざまな要因をじっくりと考慮する際に使います。
    • 例文:We need to contemplate all the risks before launching the new product.
      (新製品を発売する前に、すべてのリスクをじっくり考える必要があります。)
  2. 将来の計画
  3. 深い思索
  4. 静かな観察

これらのシチュエーションを理解することで、「contemplate」を正確に使いこなすことができるようになります。

 

 

ビジネスシーンでの使い方

実際のビジネスでの例文

「contemplate」はビジネスシーンで非常に役立つ単語です。以下に、実際のビジネスでの使い方をいくつかの例文を挙げて紹介します。

  1. 意思決定に関する文脈
    • Before we move forward with this project, we need to contemplate all the potential risks and benefits.
      (このプロジェクトを進める前に、すべての潜在的なリスクと利益をじっくり考える必要があります。)
  2. 戦略的な計画
    • The board of directors is contemplating a merger with a major competitor.
      (取締役会は主要な競合他社との合併を熟考しています。)
  3. 業績評価と改善策
    • We should contemplate new strategies to improve our quarterly sales figures.
      (四半期の売上高を改善するための新しい戦略を熟考するべきです。)
  4. 将来の展望
    • Our team is contemplating expanding into new international markets next year.
      (私たちのチームは来年、新しい国際市場への進出を熟考しています。)

よく使われる表現

「contemplate」を使った表現は、ビジネスコミュニケーションの中で多く見られます。以下に、よく使われる表現をいくつか紹介します。

  1. Contemplate the consequences
    • 意味:結果をじっくり考える
    • 例文:It’s crucial to contemplate the consequences before implementing any major changes.
      (大きな変更を実施する前に、その結果をじっくり考えることが重要です。)
  2. Contemplate a decision
    • 意味:決定を熟考する
    • 例文:The CEO is contemplating a decision on the new marketing strategy.
      (CEOは新しいマーケティング戦略について決定を熟考しています。)
  3. Contemplate various options
    • 意味:さまざまな選択肢を熟考する
    • 例文:We are contemplating various options for our next product launch.
      (次の製品発売に向けてさまざまな選択肢を熟考しています。)
  4. Contemplate the future
    • 意味:将来をじっくり考える
    • 例文:As we contemplate the future, we must consider the impact of technological advancements.
      (将来をじっくり考えるとき、技術の進歩の影響を考慮する必要があります。)

これらの例文と表現を参考に、ビジネスシーンで「contemplate」を適切に使いこなしてください。

 

 

類義語と使い分け

ponderとの違い

「ponder」と「contemplate」はどちらも「熟考する」という意味を持ちますが、ニュアンスや使い方に違いがあります。

  • ponder
    • 意味:慎重に熟考する、思案する。
    • ニュアンス:特定の問題や質問について静かに考えることを示します。内省的で、やや個人的な思索のプロセスを指すことが多いです。
    • 使用例:He pondered over the best course of action for hours.
      (彼は何時間も最善の行動について熟考しました。)
  • contemplate
    • 意味:熟考する、計画する、観察する。
    • ニュアンス:より広範な思考や計画を含み、未来の出来事や行動を慎重に考えることを示します。観察や予想も含むため、もう少し包括的です。
    • 使用例:She spent the evening contemplating the future of the company.
      (彼女は会社の将来についてじっくり考えながら夕方を過ごしました。)
違い

ponderは特定の問題について深く考えることに焦点を当てており、個人的な内省が強調されるのに対し、contemplateは将来の計画や結果について広範囲に考える場合に使われます。また、観察の意味も含まれます。

considerとの違い

「consider」も「熟考する」という意味を持ちますが、使われる状況やニュアンスが異なります。

  • consider
    • 意味:考慮する、熟考する、検討する。
    • ニュアンス:何かを決定する前に、さまざまな要因や選択肢を慎重に評価することを示します。一般的な使い方が多く、軽い考慮から深い熟考まで幅広く使われます。
    • 使用例:We need to consider all available options before making a decision.
      (決定を下す前に、利用可能なすべての選択肢を考慮する必要があります。)
  • contemplate
    • 意味:熟考する、計画する、観察する。
    • ニュアンスより深く、長時間にわたって物事を考えることを示します。未来の行動や結果を慎重に考えたり、観察する意味が強調されます。
    • 使用例:The team is contemplating a complete overhaul of the project.
      (チームはプロジェクトの完全な見直しを熟考しています。)
違い

considerは、日常的な決定や評価に広く使われ、比較的軽い考慮から深い熟考まで含まれるのに対し、contemplateは深く長時間にわたる思考や未来の計画について慎重に考える場合に使われます。contemplateは、より重みのある熟考を示す傾向があります。


これらの違いを理解することで、ビジネスシーンにおいて適切な単語を選び、より正確にコミュニケーションを取ることができます。

 

 

まとめ

この記事のまとめ

この記事では、ビジネスシーンで頻繁に使用される動詞「contemplate」について、その基本的な意味から具体的な使い方までを解説しました。「contemplate」は「熟考する」「じっくり考える」「深く考える」という意味を持ち、ビジネスの意思決定や将来の計画、深い思索、静かな観察などのシチュエーションでよく使われます。また、類義語である「ponder」と「consider」との違いについても詳しく説明しました。

  • ponderは特定の問題について静かに考える内省的なプロセスを強調し、
  • considerはさまざまな要因や選択肢を慎重に評価する一般的な熟考を示します。
  • contemplateはこれらよりも広範で、未来の行動や結果を慎重に考えたり観察したりするニュアンスが強いです。

これらの違いを理解することで、ビジネスシーンにおいて適切な単語を選び、より正確にコミュニケーションを取ることができます。

最後に一言

「contemplate」を正しく使いこなすことで、ビジネスにおける意思決定や戦略的な計画がより効果的になります。日々の業務や会議、メールで積極的にこの単語を使ってみてください。英語力が向上するだけでなく、よりプロフェッショナルな印象を与えることができるでしょう。

ビジネス英語の学習は一歩ずつ進めていくことが大切です。この記事が皆さんの学習の一助となれば幸いです。頑張ってください!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム