【2019年最新版】フィリピン、マラテのエルミタ地区の治安はどう?住める?

こんにちは、リョウです。

今日は、【2019年最新版】フィリピン、マラテ地区の治安はどう?住める?についてお話します。

この記事を読めば、フィリピン旅行や生活をさらに快適に過ごすことができます。

それでは、まいりましょう。

※一部見苦しい画像も含んでいますことどうぞお許しください。

 

 

マニラで最も人気な繁華街マラテ

https://www.tripadvisor.ie/LocationPhotoDirectLink-g298573-d556731-i41270556-Malate_District-Manila_Metro_Manila_Luzon.html

http://www.newmanilatownhouses.com/post/commercial-lot-for-sale-mabini-malate-manila-prime-location-p180m

マニラで一番の繁華街として世界的に旅行者に人気なマラテのエルミタ地区で、日本料理や韓国料理、そして中国料理がとても充実していて、さらに(男性向け)バーやクラブも軒並みあります。

そういったことから日本でいう新宿歌舞伎町のようなところとして現地の日本人には知られています。

個人的には厄介な場所でできれば行きたくない場所No.1なくらいなのですが、今回はブログのため実際に足を運んでみました。

 

 

【危険】実は最もスリに合う確率の高い場所、マラテ

モールあたりにはストリートの子供がちらほら

コンビニの前で生活する浮浪者の方(小銭を待ってたりします)

モールに入るのに身体検査がいりました

マニラ湾にも近く開放的な雰囲気もあります

なぜ厄介な場所なのかというと、やはり旅行者が遊びにくる最も有名な場所であることから旅行者を騙そうとするローカルの人(一部の人に限ります)がマラテにたくさんいるわけです。

また近年の目覚ましいフィリピンの成長と比例して大きな経済格差が生まれていて、マラテではストリートや浮浪者の方をよく見かけます。

マニラ経済の中心であるマカティやBGCとは治安レベルが格段に違います。

お子さん連れでも大丈夫!マニラで治安の良い地域ランキング

2018.06.12

 

以前7年ほど現地日系企業に勤めていた頃は、日本人がそこでスリにあった話をよく耳にしました。

例えば、世界旅行のため初めて訪れた場所、マラテで所持金が全て盗まれたとか(早速旅終了ですねw)、警察を装ったローカル男性数人に拘束され強盗にあったなど年間で最低数件は発生していたと思います。

25歳のころにフィリピンで働き始めましたが個人的な経験からも、そのときの上司に一緒に連れられてマラテに行った際暗がりな通りを歩いていたら若い男性5人ぐらいに囲まれ強盗にあいそうになったこともあります。

 

 

 

Aribnbで3日間滞在してみた感想

マニラ湾に近いので景色は最高

感覚的なところになりますが、今回訪れてみて週末だったこともありやはり治安の悪さは未だに感じました。

週末に到着しコンビニで水を買いに行くために外に出ると店のキャッチがしつこくて気軽に歩ける雰囲気ではなかったので基本夜は外出しませんでした。

平日の夜に関しては、しつこいキャッチやストリートの子供もまったくと言っていいほど見なかった(ストリートの子供も週末に旅行客からお金をもらうために来てる感じ)のでわりかし警戒心なしに歩くことができました。

コンドミニアムに入るにもセキュリティカードが必要で滞在するのに不快感が多かったですw。

なので結論は日本人にとっては住める場所ではないと思います。

 

 

行く上で気をつけたい5つのこと

注意すべき5つのこと
  1. 人通りのないところは歩かないこと
  2. キャッチに安易に話しかけないこと
  3. 遅くまで出歩かないこと(午後11までには滞在場所へ帰宅)
  4. カードや大金は持ち歩かないこと
  5. 一人で行動しないこと

滞在中は基本カードやお札の入れた財布は持ち歩かなかったです

 

とまあこんな感じでこの5つを守れば問題なく楽しめると思いますが、それでも油断は禁物です。

特に東南アジア旅行初心者の方は正直いうと行くのはオススメできませんし、魅力的ではあると思いますが行かないほうが賢明ですね。

あくまでも最後は自己責任でお願いします。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、【2019年最新版】フィリピン、マラテのエルミタ地区の治安はどう?住める?でした。

それでは、See you around!

 

 

僕がオススメしたい海外旅行本3選とあれば超便利な通訳機

2019.02.02

【2019年度】ワーホリで行ける22カ国一挙公開

2019.01.29

行って気づいた!マニラやセブ旅行に安心で快適な持ち物7選

2019.01.21

「いいね!」で
最新情報を受け取る

ニュースレターを購読

こんにちは、リョウです。いつも読んでいただき改めてありがとうございます。RYO英会話ジムでは実践で通用するために必要な英語表現やマインドそして海外情報等を毎日配信していますのでよかったらメールで購読してみてくださいね。

他の人に教えてあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中