【マニラ】海外生活をしていて日本から送ってきてほしいと思うもの3選

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちはリョウです。今日は海外生活をしていて日本から送ってきてほしいと思うものについてお話したいと思います。僕自身海外生活はオーストラリアとフィリピンを含めるともう14年以上になりますのでその経験を踏まえてお伝えします。ただし主観的な側面もあるため参考になるかは人によるかなと思っています。

この記事を読めば海外生活をしている人に何を日本から送ればよいかわかると思います。それではまいりましょう。

 

 

五穀米

海外生活で現地の食事に慣れれば一番よいのですが個人的にはほぼ不可能かなと思っています。なぜなら日本食で育ったのでそれが食生活の基準になっているからです。海外生活を始めた最初のころは現地の食事を積極的に食べに行っていてむしろ海外に来てまで日本食なんてと言っているたちでした。でも数年経つと日本食がないと海外生活は無理だと感じるほどになりました。基本的に海外の食は日本人の胃に合っていないと思っているので健康に生活するのであれば日本食が必須です。

日本人が住むメジャーな国であればだいたいのところに日本食材店があります。そこへ行けばほとんどのベーシックな日本食品や調味料は揃えることができるようになっています。だから日本食材を送る必要はないと思っています。かなり個人的な好みになりますが僕は五穀米でした。現在フィリピンに住んでいますが五穀米を購入できるところはほとんどありません。日本で当たり前のように五穀米をご飯に入れて食べていたので母に大事なものを送ってもらうついでにいつも頼んでいます。

 

 

アイボン

目の洗眼をするアイボンです。なぜならこれもマニラに生活していて見たことがないです。正直なくても大丈夫と言えば大丈夫ですがあれば生活が潤うといった感じでしょうか。なので以前母にまとめて送ってもらった覚えがあります。そのときは仕事から帰ってきてコンタクトを外したあとに目を洗眼する気持ち良さは最高です。

とくにマニラは空気は日本より濁っているので目を健康に保つためにも洗眼できるアイボンがあればとても助かります。

 

 

日本のお菓子

最後は日本のお菓子です。ただし海外現地では売っていない日本のお菓子になります。送る相手に聞いて見るのが一番よいですが海外にある日本食材店には定番の日本のお菓子は売っていますがそれほど種類は豊富ではありません。だから日本でしか手に入らないかつその送る相手が好きなお菓子を海外にいても食べれるのは最高ではあります。

個人的にはさけるチーズが食べたいですお酒のつまみで。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が【マニラ】海外生活をしていて日本から送ってきてほしいと思うもの3選でした。あとサントリーのウィスキーも送ってもらいたいと思っていたのですが25%以下のアルコールは送れないとのことでした。送れる郵便業者もあるみたいですがバカ高いと聞きます。それではSee you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。