3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「preserve」の意味と使い方を解説!ビジネス英語で差をつけよう

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

簡単に知っておきたい「preserve」の意味

「preserve」は、日常生活でもビジネスシーンでも頻繁に使われる動詞です。日本語で言うと「保存する」「保護する」「維持する」といった意味があります。この単語を知っておくことで、英語の文章や会話での表現力がアップします。

ビジネスシーンで役立つ単語

ビジネスシーンでは、資料やデータの保存、環境の保護、現状の維持など、さまざまな場面で「preserve」を使う機会があります。例えば、企業の会議で「我々は顧客との良好な関係を維持するために、あらゆる努力をしています」と言いたい場合、「We are making every effort to preserve our good relationship with customers」と表現することができます。

このように、「preserve」を使いこなすことで、ビジネス英語のスキルが向上し、コミュニケーションがスムーズになります。次のセクションでは、具体的な使い方や例文を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

無料トライアル実施中

「preserve」の基本的な意味

preserveの基本的な定義と使い方

「preserve」は、「保存する」「保護する」「維持する」という意味を持つ動詞です。主に以下のような使い方をします。

  1. 保存する(To keep something in its original state or in good condition):
    • 物や情報をそのままの状態で長期間保つことを指します。
  2. 保護する(To protect something from harm or destruction):
    • 環境や文化遺産などを危険から守ることを意味します。
  3. 維持する(To maintain something over a period of time):
    • 現状を保ち続けることを指します。

例文で学ぶ「preserve」

保存する

  • We need to preserve the original documents for future reference.
    • 将来の参照のために、元の書類を保存する必要があります。
  • The museum preserves ancient artifacts for educational purposes.
    • 博物館は教育目的のために古代の遺物を保存しています。

保護する

維持する

これらの例文を参考に、様々な状況で「preserve」を使ってみましょう。ビジネスシーンでも日常生活でも役立つ表現なので、しっかり覚えておくと便利です。

 

 

ビジネスシーンでの使い方

会議で使える「preserve」

ビジネス会議では、プロジェクトの進行や企業の方針について話し合うことが多いです。ここでは「preserve」を使って、重要な情報や現状を維持することの重要性を伝えることができます。

会議での使用例

  1. 現状の維持
    • “We need to take measures to preserve our current market position.”
      • 「現状の市場ポジションを維持するための対策を講じる必要があります。」
  2. データの保存
    • “It’s crucial to preserve all project documentation for future reference.”
      • 「将来の参照のために、すべてのプロジェクト文書を保存することが重要です。」
  3. 関係の保護
    • “Our primary goal is to preserve a strong relationship with our clients.”
      • 「私たちの主な目標は、顧客との強い関係を維持することです。」
  4. 資源の保護
    • “We should implement sustainable practices to preserve natural resources.”
      • 「自然資源を保護するために、持続可能な方法を導入すべきです。」

メールでの「preserve」の使い方

ビジネスメールでは、重要な情報の保存や取引先との関係維持を強調する際に「preserve」を使うことができます。以下はその具体例です。

メールでの使用例
  1. 情報の保存
    • “Dear [Name], please ensure to preserve all important files in the shared drive.”
      • 「[名前]様、重要なファイルを共有ドライブに保存するようにしてください。」
  2. 顧客関係の維持
    • “We are committed to preserving our excellent relationship with your company.”
      • 「貴社との素晴らしい関係を維持することをお約束します。」
  3. データの保護
    • “It is essential to preserve the confidentiality of our client information.”
      • 「クライアント情報の機密性を保護することが不可欠です。」
  4. 企業のイメージの維持
    • “Our strategy focuses on preserving the company’s positive image in the market.”
      • 「私たちの戦略は、市場における会社の良いイメージを維持することに焦点を当てています。」

これらの例を参考に、「preserve」を適切に使うことで、ビジネスコミュニケーションの質を高めることができます。しっかりとした表現を使うことで、プロフェッショナルな印象を与えることができます。

 

 

preserveのよく使われる例文10選

  1. The government has implemented policies to preserve the environment.
    • 「政府は環境を保護するための政策を実施しました。」
    • 環境を守るための具体的な措置を講じたことを示します。
  2. We need to preserve these historical documents for future generations.
    • 「これらの歴史的文書を将来の世代のために保存する必要があります。」
    • 重要な歴史的資料を次世代のために保管する重要性を強調します。
  3. Efforts are being made to preserve endangered species.
    • 「絶滅危惧種を保護するための努力が行われています。」
    • 絶滅の危機に瀕している種の保護活動を示します。
  4. The museum works hard to preserve ancient artifacts.
    • 「博物館は古代の遺物を保存するために努力しています。」
    • 重要な文化遺産を保管・保護する役割を強調します。
  5. We aim to preserve our company’s reputation through excellent service.
    • 「優れたサービスを通じて会社の評判を維持することを目指しています。」
    • 良い評判を保つための努力を示します。
  6. It is important to preserve the quality of our products.
    • 「製品の品質を維持することが重要です。」
    • 商品の品質を保つ必要性を強調します。
  7. To preserve confidentiality, please do not share this information.
    • 「機密性を保つために、この情報を共有しないでください。」
    • 情報の機密性を守るための注意喚起です。
  8. Our mission is to preserve and promote cultural heritage.
    • 「私たちの使命は文化遺産を保存し、促進することです。」
    • 文化遺産の保存と普及を目指す活動を示します。
  9. The company has taken steps to preserve employee welfare.
    • 「会社は従業員の福利厚生を維持するための措置を講じました。」
    • 従業員の福祉を守るための具体的な取り組みを示します。
  10. We need to preserve our resources for future use.
    • 「将来の使用のために資源を保存する必要があります。」
    • 未来のために現在の資源を大切に使うことを強調します。

 

 

「preserve」の類義語とその違い

protect, maintain, saveとの違い

  1. protect(保護する)
    • 意味: 危害や損害から守ること。
    • 使い方: 「protect」は、物や人、環境などを危険や損傷から守る際に使われます。
    • 例文: “We must protect our data from cyber attacks.”
      • サイバー攻撃からデータを守らなければなりません。
  2. maintain(維持する)
    • 意味: 状態や状況をそのまま保つこと。
    • 使い方: 「maintain」は、現状を維持したり、何かを継続して保つ際に使われます。
    • 例文: “We need to maintain our current level of customer satisfaction.”
      • 現在の顧客満足度を維持する必要があります。
  3. save(節約する、保存する)
    • 意味: 資源やお金を無駄にしないようにする、または、後で使うために取っておくこと。
    • 使い方: 「save」は、時間やお金、資源を節約する際や、データやファイルを保存する際に使われます。
    • 例文: “Save your work frequently to avoid data loss.”
      • データ損失を避けるために、頻繁に作業を保存しましょう。
  4. preserve(保存する、保護する、維持する)
    • 意味: 物や状態をそのまま保つ、守ること。
    • 使い方: 「preserve」は、物理的な保存や、文化や環境を保護する場合に使われます。
    • 例文: “Efforts are being made to preserve the rainforest.”
      • 熱帯雨林を保護するための努力が行われています。

適切な使い分けのポイント

  • protect は、具体的な危険や損害から守る場合に使います。例えば、「データを保護する」「子供を危険から守る」など。
    • 例: “We must protect the environment from pollution.”
      • 環境を汚染から守らなければなりません。
  • maintain は、現在の状態をそのまま続ける場合に使います。例えば、「品質を維持する」「健康を保つ」など。
    • 例: “It is essential to maintain high standards of quality.”
      • 高い品質基準を維持することが不可欠です。
  • save は、資源やお金を無駄にしないようにする場合や、データを保存する場合に使います。例えば、「時間を節約する」「ファイルを保存する」など。
    • 例: “We should save energy to reduce costs.”
      • コストを削減するためにエネルギーを節約すべきです。
  • preserve は、物や状態をそのまま保つ、あるいは文化や環境を保護する場合に使います。例えば、「遺産を保存する」「環境を保護する」など。
    • 例: “The organization is working to preserve cultural heritage.”
      • その組織は文化遺産を保存するために活動しています。

これらの単語の違いと使い分けを理解することで、より正確に意図を伝えることができ、ビジネスシーンでも適切に表現を使いこなすことができます。

 

 

まとめ

覚えておきたい重要ポイント

  1. preserveの意味:
    • 「保存する」「保護する」「維持する」という意味を持ち、物や情報、環境などをそのままの状態で保つことを指します。
  2. ビジネスシーンでの使い方:
    • 会議やメールで「preserve」を使うことで、情報の保存、関係の維持、資源の保護など、様々な状況で役立ちます。
    • 例文を参考に、実際のビジネスコミュニケーションで積極的に使ってみましょう。
  3. 類義語との違い:
    • 「protect」: 危害や損害から守る。
    • 「maintain」: 状態をそのまま保つ。
    • 「save」: 節約する、保存する。
    • 「preserve」: 物や状態をそのまま保つ、文化や環境を保護する。
    • これらの単語を使い分けることで、より精確な表現が可能になります。

読者への感謝

この記事をお読みいただき、ありがとうございます。ビジネス英語を学ぶことで、コミュニケーションの幅が広がり、より効果的に意図を伝えることができるようになります。これからも、皆さんの英語学習をサポートする記事を提供していきますので、ぜひご期待ください。質問やリクエストがありましたら、いつでもお気軽にお知らせください。

今後も引き続きよろしくお願いいたします。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム