3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「attribute(動)」って何?ビジネス英語での使い方を徹底解説!

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

この記事の目的

こんにちは!今回は、ビジネス英語でよく使われる単語「attribute」の動詞としての意味と使い方についてご紹介します。ビジネスシーンでは、正確な表現力が求められますので、この単語をしっかりと理解しておくことが重要です。この記事を読むことで、attributeの基本的な意味や使い方をマスターし、自信を持ってビジネス会話に取り入れられるようになります。

attribute(動)の基本的な意味

「attribute」という単語には、名詞と動詞の両方の使い方がありますが、ここでは動詞としての使い方に焦点を当てます。動詞の「attribute」は「~のせいにする」や「~に帰する」といった意味を持ちます。具体的には、何かの原因や理由を特定の人や物事に結びつけるときに使います。

例えば:

このように、attribute(動)は何かの結果や状況を説明するときに非常に役立つ単語です。

 

 

無料トライアル実施中

attribute(動)の使い方

基本的な文法と構造

動詞としての「attribute」は、主に以下の文法構造で使われます。

attribute A to B

  • A:結果となる事柄
  • B:原因や理由とされる人や物事

この構造で、「AをBのせいにする」や「AをBに帰する」といった意味を表現します。

例えば:
  • He attributes his success to hard work.
    (彼は成功を努力の結果だと考えている。)
  • The company’s growth can be attributed to effective management.
    (会社の成長は効果的な経営の結果だと言える。)
ポイント
  • 動詞「attribute」の後に直接「A」を置き、その後に「to」を使って「B」を接続します。
  • 主語と述語の間に「attribute A to B」の構造を挿入することで、原因と結果の関係を明確にします。

例文で理解するattribute(動)の使い方

具体的な例文を通じて、動詞「attribute」の使い方を確認してみましょう。

  1. 個人の成果を説明する場合
    • She attributes her academic achievements to her supportive family.
      • 彼女は学業の成功を支えてくれた家族のおかげだと考えている。
  2. ビジネスの成功を説明する場合
    • The CEO attributed the company’s recent success to the new marketing strategy.
      • CEOは会社の最近の成功を新しいマーケティング戦略の結果だと考えている。
  3. 失敗や問題の原因を説明する場合
    • The project manager attributed the delay to unforeseen technical issues.
      • プロジェクトマネージャーは遅延の原因を予期しない技術的な問題に帰している。
  4. 自然現象や出来事の原因を説明する場合
    • Scientists attribute the increase in global temperatures to human activities.
      • 科学者たちは地球温暖化の原因を人間の活動に帰している。

これらの例文から分かるように、「attribute」は多様な場面で使われる便利な表現です。原因や理由を明確に伝えることで、より説得力のあるコミュニケーションが可能になります。

 

 

ビジネスシーンでの具体例

attribute(動)を使ったビジネス英会話の例

ビジネスシーンでは、attribute(動)を使って成果や失敗の理由を説明することがよくあります。以下に、ビジネス英会話での具体例をいくつかご紹介します。

例1:ミーティングでの成功の説明

Manager: “Our recent sales figures have improved significantly.”

Employee: “Yes, I believe we can attribute this success to our new advertising campaign.”

マネージャー: 「最近の売上数字が大幅に改善されましたね。」

社員: 「はい、これは新しい広告キャンペーンのおかげだと思います。」

例2:プロジェクトの遅延の原因説明

Project Manager: “Why is the project behind schedule?”

Team Member: “We can attribute the delay to the unexpected technical issues we encountered.”

プロジェクトマネージャー: 「なぜプロジェクトが予定より遅れているのですか?」

チームメンバー: 「予期しなかった技術的な問題が原因です。」

例3:業績評価のフィードバック

Supervisor: “Your team has shown remarkable improvement in productivity.”

Team Leader: “Thank you. We attribute this improvement to the new workflow system we implemented.”

スーパーバイザー: 「あなたのチームの生産性が著しく向上しましたね。」

チームリーダー: 「ありがとうございます。これは新しいワークフローシステムを導入したおかげです。」

実際の会話での使い方

ビジネスシーンでの「attribute(動)」の使い方をさらに具体的に理解するために、以下の会話例を見てみましょう。

例1:マーケティング戦略会議

Marketing Director: “Our brand recognition has increased by 20% over the last quarter. Any thoughts on what contributed to this rise?”

Marketing Specialist: “We can attribute this rise to our social media campaign. The engagement rates have been exceptionally high.”

マーケティングディレクター: 「過去四半期でブランド認知度が20%上昇しました。この上昇の要因について何か考えはありますか?」

マーケティングスペシャリスト: 「この上昇はソーシャルメディアキャンペーンのおかげです。エンゲージメント率が非常に高かったです。」

例2:クライアントとの報告会

Client: “The project results are outstanding. What do you think led to such success?”

Consultant: “We can attribute our success to the detailed market research and the innovative strategies we employed.”

クライアント: 「プロジェクトの結果は素晴らしいですね。この成功の要因は何だと思いますか?」

コンサルタント: 「成功の要因は、詳細な市場調査と革新的な戦略の採用にあります。」

例3:人事部でのパフォーマンスレビュー

HR Manager: “The employee turnover rate has decreased significantly this year. What changes have you implemented?”

Team Leader: “We attribute this decrease to our new employee engagement programs and the feedback systems we’ve introduced.”

人事マネージャー: 「今年、従業員の離職率が大幅に減少しました。どんな変更を行いましたか?」

チームリーダー: 「この減少は新しい従業員エンゲージメントプログラムと導入したフィードバックシステムのおかげです。」

 

 

関連する表現やフレーズ

attribute(動)とよく一緒に使われる表現

動詞「attribute」は、ビジネスシーンで様々な状況に応じて使われます。以下は、attribute(動)とよく一緒に使われる表現やフレーズです。

  1. attribute…to…
    • This success can be attributed to our dedicated team.
      (この成功は私たちの献身的なチームのおかげです。)
    • We attribute the delay to unforeseen circumstances.
      (遅延の原因は予期しない事態にあります。)
  2. largely attribute…to…
    • The company’s growth is largely attributed to the new product line.
      (会社の成長は主に新しい製品ラインによるものです。)
  3. primarily attribute…to…
    • The improved performance is primarily attributed to the updated training program.
      (業績の向上は主に更新された研修プログラムのおかげです。)
  4. directly attribute…to…
    • The increase in sales can be directly attributed to the new marketing strategy.
      (売上の増加は新しいマーケティング戦略によるものです。)
  5. generally attribute…to…
    • The success of the project is generally attributed to effective team collaboration.
      (プロジェクトの成功は一般的に効果的なチームの協力によるものです。)

類義語とその使い分け

動詞「attribute」と似た意味を持つ単語には、以下のようなものがあります。それぞれの単語の使い分けについても見ていきましょう。

  1. credit
    • 意味: ~のおかげとする、信用する
    • 使い方: 成果や成功を誰かに対して認める場合によく使われます。
    • : She credited her success to her mentors.
      (彼女は成功をメンターのおかげとしています。)
  2. ascribe
    • 意味: ~に帰する、~のせいにする
    • 使い方: 結果や特性を何かに起因させる場合に使います。academicな文脈で使われることが多いです。
    • : The poem is ascribed to Shakespeare.
      (その詩はシェイクスピアによるものとされています。)
  3. assign
    • 意味: 割り当てる、任命する
    • 使い方: 何かを誰かに正式に割り当てる場合に使われます。
    • : The task was assigned to the new employee.
      (その仕事は新しい従業員に割り当てられました。)
  4. impute
    • 意味: (悪いことを)~のせいにする、(責任などを)負わせる
    • 使い方: 責任や罪を誰かに負わせる場合に使います。フォーマルな文脈で使われることが多いです。
    • : The failure was imputed to a lack of proper planning.
      (失敗の原因は適切な計画の欠如にあります。)
  5. blame
    • 意味: 非難する、責任を負わせる
    • 使い方: 失敗や悪い結果について誰かを責める場合に使います。
    • : He blamed the error on the system malfunction.
      (彼はそのミスをシステムの故障のせいにしました。)

これらの類義語は、微妙なニュアンスの違いがありますが、特定の状況に応じて使い分けることで、より正確な表現が可能になります。

 

 

attribute(動)の使い方のポイント

注意点や間違えやすいポイント

動詞「attribute」を使う際には、いくつかの注意点や間違えやすいポイントがあります。以下にまとめてみました。

  1. 前置詞 “to” の使用
    • 「attribute」は常に「to」と一緒に使います。これを忘れると文法的に誤りになります。
    • 例:We attribute our success to hard work.
      • (私たちの成功は努力の結果です。)
  2. 受動態の使用
    • 「attribute」は受動態でもよく使われます。この場合、Bが主語になり、Aがその結果や原因として説明されます。
    • 例:The increase in sales is attributed to the new marketing strategy.
      • (売上の増加は新しいマーケティング戦略の結果とされています。)
  3. 原因と結果の明確化
    • A(結果)とB(原因)が逆にならないように注意しましょう。正しい順序で使うことが重要です。
    • 例:Incorrect: He attributes his hard work to success.
      • (誤り:彼は努力を成功のせいにしている。)
    • 例:Correct: He attributes his success to hard work.
      • (正しい:彼は成功を努力の結果と考えている。)
  4. 文脈の適切さ
    • 「attribute」はフォーマルな文脈でよく使われます。カジュアルな会話では他の表現が適している場合があります。
    • 例:The team’s failure was attributed to poor communication.
      • (チームの失敗はコミュニケーションの悪さが原因とされています。)

効果的に使うためのコツ

「attribute」を効果的に使うためのコツをいくつかご紹介します。

  1. 具体的な理由を述べる
    • 「attribute」を使う際には、具体的な理由や原因を述べることで、相手に明確な理解を与えることができます。
    • 例:The project’s success can be attributed to meticulous planning and execution.
      • (プロジェクトの成功は綿密な計画と実行のおかげです。)
  2. 積極的にビジネスシーンで使う
    • ビジネスシーンでは、成功や失敗の理由を説明する場面が多いため、積極的に「attribute」を使うことで説得力のある表現ができます。
    • 例:The increase in customer satisfaction can be attributed to our improved customer service policies.
      • (顧客満足度の向上は、私たちの改善されたカスタマーサービス方針のおかげです。)
  3. 正しい文法を守る
    • 受動態や能動態、主語と動詞の一致など、基本的な文法ルールを守ることで、正確で分かりやすい表現が可能になります。
    • 例:The company’s rapid growth is attributed to innovative product development.
      • (会社の急成長は革新的な製品開発のおかげです。)
  4. 練習して自然に使う
    • 日常的な会話やビジネス文書で「attribute」を使う練習をすることで、自然に使えるようになります。
    • 例:The error was attributed to a miscommunication between the departments.
      • (そのミスは部門間のコミュニケーション不足が原因とされました。)

これらのポイントを押さえることで、動詞「attribute」を正確かつ効果的に使いこなすことができるようになります。ビジネスシーンでの表現力を向上させるために、ぜひ参考にしてください。

 

 

まとめ

重要なポイントの振り返り

今回は、ビジネス英語でよく使われる動詞「attribute」について学びました。以下に重要なポイントを振り返ってみましょう。

  1. 基本的な意味と構造
    • 「attribute」は「~のせいにする」や「~に帰する」という意味を持ち、主に「attribute A to B」の構造で使います。
    • 例:He attributes his success to hard work.
      • (彼は成功を努力の結果と考えている。)
  2. ビジネスシーンでの使い方
    • ミーティングや報告会、パフォーマンスレビューなど、さまざまなビジネスシーンで使えます。
    • 例:The company’s growth can be attributed to effective management.
      • (会社の成長は効果的な経営の結果だと言える。)
  3. 関連する表現や類義語の理解
    • 「attribute」とよく一緒に使われる表現や類義語を理解することで、より多様な表現が可能になります。
    • 例:We attribute the delay to unforeseen circumstances.
      • (遅延の原因は予期しない事態にあります。)
  4. 注意点と効果的な使い方のコツ
    • 「to」の使い方や受動態での使用、文脈の適切さに注意しながら使いましょう。
    • 例:The error was attributed to a miscommunication between the departments.
      • (そのミスは部門間のコミュニケーション不足が原因とされました。)

attribute(動)をマスターしてビジネス英会話をレベルアップ

動詞「attribute」をマスターすることで、ビジネス英会話での表現力が大幅に向上します。成果や失敗の理由を明確に説明する力は、プロフェッショナルなコミュニケーションにおいて非常に重要です。今回学んだポイントを活かして、実際のビジネスシーンで積極的に使ってみてください。

最後に、この記事を読んでいただきありがとうございます。ビジネス英語のスキルを磨くことは、キャリアアップや国際的なビジネスでの成功に繋がります。これからも一緒に英語学習を頑張りましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム