3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「概算」を英語で言うと?ビジネスで使えるフレーズ集

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

概算とは何か?

こんにちは、RYO英会話ジムです。今回は、「概算」の英語表現についてお話しします。

「概算」という言葉は、正確な数字や結果がわからない時に、大まかな見積もりや予測を指します。例えば、プロジェクトの予算や時間、リソースの必要量を予測する際に使われます。正確なデータが揃っていない初期段階で、どれくらいのコストや時間がかかるかを予測するために用いられます。

概算の重要性について

概算はビジネスにおいて非常に重要です。以下の理由から、その重要性がわかります。

  1. 計画立案に役立つ
    プロジェクトや業務の初期段階で概算を出すことで、どのくらいのリソースが必要かを把握しやすくなります。これにより、計画をスムーズに進めることができます。
  2. 予算管理に不可欠
    正確なコストを予測できない場合でも、概算を利用することで予算の範囲内で計画を進行させることができます。これは、無駄な支出を避け、資金を効率的に使うために重要です。
  3. ステークホルダーとのコミュニケーション
    クライアントや上司に対して、どれくらいのコストや時間がかかるかを事前に伝えることで、期待値の管理がしやすくなります。これにより、プロジェクトの進行がスムーズになります。
  4. リスク管理
    概算を通じて、予測される問題点やリスクを早期に発見することができます。これにより、リスクを軽減し、プロジェクトの成功率を高めることができます。

以上のように、概算はビジネスのあらゆる場面で欠かせないツールです。この記事では、この「概算」を英語でどのように表現し、活用するかについて詳しく解説していきます。

 

 

無料トライアル実施中

「概算」を英語で表現する方法

“Estimate” の意味と使い方

“Estimate” は「概算」や「見積もり」を意味する英語の単語で、ビジネスシーンで頻繁に使われます。正確な数値がわからない場合に、おおよその数字や結果を予測するために用いられます。

使い方の例:
  • 名詞として: “The estimate for the project cost is $50,000.”
    • プロジェクトのコストの概算は50,000ドルです。
  • 動詞として: “We need to estimate the time required for this task.”
    • このタスクに必要な時間を見積もる必要があります。

その他の表現:

  • “Estimated cost”(概算コスト)
  • “Cost estimate”(コスト見積もり)
  • “To provide an estimate”(概算を提供する)

“Approximation” の意味と使い方

“Approximation” も「概算」や「おおよその値」を意味する単語です。こちらは特に「おおよその値」や「概略」というニュアンスが強く、やや技術的な文脈でも使われます。

使い方の例:
  • 名詞として: “This is just an approximation, not the final figure.”
    • これはあくまで概算で、最終的な数字ではありません。
  • 動詞として: “We need to approximate the number of participants.”
    • 参加者数を概算する必要があります。

その他の表現:

  • “Approximate value”(概算値)
  • “To make an approximation”(概算をする)
  • “Approximate cost”(概算コスト)

他の関連する英語表現

  • “Rough estimate”: 「大まかな見積もり」という意味で、よりカジュアルな表現です。
    • 例: “Can you give me a rough estimate of the expenses?”
      • 費用の大まかな見積もりを教えてもらえますか?
  • “Ballpark figure”: 「ざっくりとした数字」という意味で、非公式な状況でよく使われます。
    • 例: “We don’t need an exact number, just a ballpark figure.”
      • 正確な数字は要らないので、ざっくりとした数字で構いません。
  • “Preliminary estimate”: 「暫定的な見積もり」という意味で、正式な見積もりが出る前の段階で使われます。
    • 例: “The preliminary estimate suggests that the project will take six months.”
      • 暫定的な見積もりでは、このプロジェクトには6ヶ月かかるとされています。

これらの表現を使い分けることで、ビジネスシーンで「概算」を英語で効果的に伝えることができます。

 

 

ビジネスシーンでの「概算」の使い方

会議での使用例

会議では、プロジェクトの進行状況や予算について話し合う際に「概算」を使うことがよくあります。以下は会議での具体的な使用例です。

使用例 1: プロジェクトの予算

英語: “Based on our initial assessment, the estimated budget for this project is around $100,000.”

日本語: 「初期評価に基づいて、このプロジェクトの概算予算は約100,000ドルです。」

使用例 2: 時間の見積もり

英語: “We estimate that the development phase will take approximately three months to complete.”

日本語: 「開発段階は概算で約3ヶ月かかると見積もっています。」

使用例 3: リソースの必要量

英語: “Our rough estimate suggests that we will need at least five additional team members to meet the deadline.”

日本語: 「大まかな見積もりでは、期限を守るために少なくとも5人の追加メンバーが必要です。」

メールでの使用例

メールでは、クライアントや同僚に対して概算を提供することが多いです。以下はメールでの具体的な使用例です。

使用例 1: プロジェクトのコスト

英語: “Dear [Client], Based on our preliminary analysis, the estimated cost for the project will be between $50,000 and $60,000. Please let us know if you have any questions.”

日本語: 「クライアント様、初期分析に基づき、このプロジェクトの概算コストは50,000ドルから60,000ドルの間になります。ご質問がありましたらお知らせください。」

使用例 2: 納期の見積もり

英語: “Hi [Colleague], As discussed, we estimate that the first phase of the project will be completed by the end of next month. Best regards, [Your Name]”

日本語: 「同僚様、お話しした通り、プロジェクトの第一段階は来月末までに完了する見込みです。よろしくお願いいたします。」

使用例 3: 資源の見積もり

英語: “Dear [Manager], We have conducted a rough estimate and found that we will need an additional budget of $10,000 to cover unexpected expenses. Regards, [Your Name]”

日本語: 「マネージャー様、大まかな見積もりを行ったところ、予期せぬ費用をカバーするために追加で10,000ドルの予算が必要です。よろしくお願いいたします。」


これらの例を参考にして、ビジネスシーンで「概算」を効果的に使いこなしましょう。

 

 

実際の会話例

上司と話す時

会話例 1: プロジェクトの進捗について

あなた: “Good morning, boss. Based on our current progress, the estimated completion date for the project is about two weeks from now.”

上司: “Thanks for the update. Do you anticipate any delays?”

あなた: “No major delays expected, but this is just an estimate. We’ll keep monitoring the situation closely.”


日本語訳 あなた: 「おはようございます、ボス。現在の進捗状況に基づくと、このプロジェクトの概算完了日は今から約2週間後です。」

上司: 「報告ありがとう。遅れが予想されますか?」

あなた: 「大きな遅れは予想していませんが、これはあくまで概算です。状況をしっかりと監視していきます。」

会話例 2: 予算の見積もりについて

上司: “We need an estimate for the new project budget. Can you provide that?”

あなた: “Sure. Based on our initial calculations, the estimated budget is around $75,000.”

上司: “That sounds reasonable. Let’s go with that for now.”


日本語訳 上司: 「新しいプロジェクトの予算の概算が必要です。提供してもらえますか?」

あなた: 「もちろんです。初期の計算に基づくと、概算予算は約75,000ドルです。」

上司: 「妥当ですね。今のところ、それで進めましょう。」

クライアントと話す時

会話例 1: 納期についての概算

クライアント: “When can we expect the delivery of the first phase?”

あなた: “We estimate that the first phase will be delivered by the end of next month. Is that timeline acceptable for you?”

クライアント: “Yes, that works for us. Please keep us updated.”


日本語訳 クライアント: 「第一段階の納品はいつ頃になりますか?」

あなた: 「第一段階の納品は来月末までには完了する見込みです。このスケジュールで大丈夫ですか?」

クライアント: 「はい、それで大丈夫です。進捗を教えてください。」

会話例 2: コストについての概算

クライアント: “What is the estimated cost for the additional features we discussed?”

あなた: “Based on our analysis, the estimated cost for the additional features is between $10,000 and $12,000.”

クライアント: “Thank you. We’ll review this and get back to you soon.”


日本語訳 クライアント: 「追加機能の概算コストはいくらになりますか?」

あなた: 「分析に基づくと、追加機能の概算コストは10,000ドルから12,000ドルの間です。」

クライアント: 「ありがとうございます。これを確認して、またご連絡します。」


これらの会話例を参考にして、上司やクライアントとのコミュニケーションで「概算」をスムーズに使いこなしましょう。

 

 

「概算」を使った例文とその解説

例文 1: プロジェクトの予算

  • 英語: “The estimated budget for this project is $100,000.”
  • 日本語訳: 「このプロジェクトの概算予算は100,000ドルです。」
  • 解説: “estimated budget” は「概算予算」を意味し、プロジェクトのコスト予測を伝えるときに使います。

例文 2: 時間の見積もり

  • 英語: “We estimate that the development phase will take approximately three months.”
  • 日本語訳: 「開発段階は概算で約3ヶ月かかると見積もっています。」
  • 解説: “We estimate that” は「〜と見積もっています」という意味で、時間やコストの予測を伝えるときに便利です。

例文 3: リソースの必要量

  • 英語: “Our rough estimate suggests that we will need at least five additional team members.”
  • 日本語訳: 「大まかな見積もりでは、少なくとも5人の追加メンバーが必要です。」
  • 解説: “rough estimate” は「大まかな見積もり」を意味し、正確ではないが大体の予測を示したいときに使います。

例文 4: コストの範囲

  • 英語: “The estimated cost for the additional features is between $10,000 and $12,000.”
  • 日本語訳: 「追加機能の概算コストは10,000ドルから12,000ドルの間です。」
  • 解説: “estimated cost” は「概算コスト」を意味し、特定の作業や追加機能のコストを予測するときに使います。

例文 5: 納期の見積もり

  • 英語: “Based on our initial estimate, the first phase will be completed by the end of next month.”
  • 日本語訳: 「初期の見積もりに基づくと、第一段階は来月末までに完了する予定です。」
  • 解説: “initial estimate” は「初期の見積もり」を意味し、プロジェクトやタスクの初期段階での予測を伝えるときに使います。

 

 

まとめ

「概算」の英語表現のまとめ

「概算」を英語で表現するためには、以下の単語やフレーズを覚えておくと便利です。

  1. Estimate
    • 最も一般的な「概算」や「見積もり」を意味する単語です。ビジネスシーンで幅広く使われます。
    • : “The estimated budget for this project is $100,000.”
  2. Approximation
    • 「概略」や「おおよその値」を意味し、技術的な文脈や学術的な場面でよく使われます。
    • : “This is just an approximation, not the final figure.”
  3. Rough Estimate
    • 「大まかな見積もり」を意味し、正式ではない予測を示すときに使われます
    • : “Our rough estimate suggests that we will need at least five additional team members.”
  4. Ballpark Figure
    • 「ざっくりとした数字」を意味し、非公式な場面でよく使われます
    • : “Can you give me a ballpark figure of the expenses?”
  5. Preliminary Estimate
    • 「暫定的な見積もり」を意味し、正式な見積もりが出る前の段階で使われます。
    • : “The preliminary estimate suggests that the project will take six months.”

使いこなすためのポイント

文脈に応じて表現を選ぶ

正式なビジネス会議や文書では “estimate” を使用し、カジュアルな場面では “ballpark figure” などのフレーズを使うと良いでしょう。

具体的な数字を伝える

概算を伝える際には、できるだけ具体的な数字を含めることで、相手により正確な情報を提供できます。

例: “The estimated cost for the additional features is between $10,000 and $12,000.”

  • 訳:追加機能の見積もり費用は $10,000 から $12,000 の間です。

条件や前提を明確にする

概算を提供する際には、その見積もりがどのような条件や前提に基づいているかを明確に伝えることが重要です。

例: “Based on our initial analysis, the estimated budget is around $75,000.”

  • 訳:初期分析に基づくと、予算の概算は約 $75,000 です。

曖昧さを避ける

“Approximately” や “roughly” といった言葉を使って、見積もりが正確ではないことを明示し、相手の誤解を防ぎます。

例: “We estimate that the development phase will take approximately three months.”

  • 訳:開発段階はおよそ3ヶ月かかると見積もっています。

進捗状況を定期的に報告する

概算に基づいてプロジェクトが進行している場合は、定期的に進捗状況を報告し、必要に応じて見積もりを更新することが重要です。

例: “We’ll keep monitoring the situation closely and update the estimate as needed.”

  • 訳:状況を綿密に監視し、必要に応じて見積もりを更新します。

これらのポイントを押さえることで、ビジネスシーンで「概算」を効果的に使いこなし、円滑なコミュニケーションを図ることができます。

 

 

練習問題

自分で使ってみる練習

次の日本語の文を英語に翻訳してみましょう。各文は「概算」に関連する内容です。

  1. このプロジェクトの概算コストは50,000ドルから60,000ドルの間です。
  2. 開発段階は約3ヶ月かかると見積もっています。
  3. 初期の見積もりでは、このタスクには2週間かかります。
  4. この機械の修理には大まかに500ドルかかると予測されています。
  5. クライアントに概算を提供してください。

解答と解説

  1. 日本語: このプロジェクトの概算コストは50,000ドルから60,000ドルの間です。
    • 英語: “The estimated cost for this project is between $50,000 and $60,000.”
    • 解説: “estimated cost” は「概算コスト」を意味し、”between” を使って範囲を示します。
  2. 日本語: 開発段階は約3ヶ月かかると見積もっています。
    • 英語: “We estimate that the development phase will take approximately three months.”
    • 解説: “We estimate that” は「〜と見積もっています」という意味で、”approximately” を使って「約」を表現します。
  3. 日本語: 初期の見積もりでは、このタスクには2週間かかります。
    • 英語: “Based on our initial estimate, this task will take two weeks.”
    • 解説: “initial estimate” は「初期の見積もり」を意味し、”Based on” を使ってその見積もりに基づいていることを示します。
  4. 日本語: この機械の修理には大まかに500ドルかかると予測されています。
    • 英語: “The rough estimate for repairing this machine is approximately $500.”
    • 解説: “rough estimate” は「大まかな見積もり」、”approximately” は「約」を意味し、正確ではないが大体の数字を示します。
  5. 日本語: クライアントに概算を提供してください。
    • 英語: “Please provide the client with an estimate.”
    • 解説: “provide … with” は「〜に〜を提供する」を意味し、”an estimate” は「概算」を意味します。

これらの練習問題を通じて、「概算」の英語表現を実際に使ってみましょう。解答と解説を参考にして、さらに理解を深めてください。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム