ネイティブ愛用!「わりいわりい」の英語表現とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「わりいわりい」の英語表現とその使い方についてお話ます。この記事を読めば、さらにネイティブのような表現ができるようになります。それではまいりましょう。

 

 

まずは会話を見てみよう

それでは、まずナオミとマイクの会話を見てみましょう。

ナオミ
Are you late again?
また遅れてるの?
マイク
My bad. It won’t happen again.
悪い。二度としないよ。

 

 

カジュアルに謝りたいときに使う

カジュアルに相手に謝りたいときに、ネイティブは”I’m sorry.”の代わりに”My bad.”を使うことがあります。完全文だと”That’s my bad.”や”It’s my bad.”ですが、会話だと省かれることが多いです。直接的に謝るのではなく間接的な感じで謝る時に使います。日本語で言う所の「悪りぃ。」や「私のせいだわ。」に当たります。

ポイントは深刻なことに対してではなく、ちょっとしたミスを犯したときに、友人や同僚にカジュアルな意を込めて”My bad.”と言うことです。以前にアメリカ人と教材を作成していたときに、彼がミスしたときによく”My bad.”と言っていたのを思い出します。

 

 

“Sorry, my bad.”や”Oh, my bad.”の形でよく使われる

単に”My bad.”だけ言うのではなく、”sorry”や”oh”などと一緒に使われることが多いです。マイクとリョウの会話をみてみましょう。

マイク
You spilled some coffee on my pants.
俺のズボンの上にコーヒーこぼしてんじゃん。
リョウ
Sorry, my bad.
ごめん、俺のせいだわ。

 

 

 

アフリカ系アメリカ人から使われ始めたスラング

もともとは、アフリカ系アメリカ人が使っていた言葉でしたが、1990年代頃から白人の子供たちの間でも若者言葉として使われるようになりました。今ではアメリカでよく使われるカジュアルなお詫びの表現となっています。

 

 

似たような表現

似たような表現としては、“It/That is/was my mistake.”“It/That is/was my fault.”に当たります。ただこちら自分のミスを認めるときに一般的に使われる言葉なので、カジュアルでもフォーマルな場面でも両方使うことができます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”My bad.”の使い方でした。それではSee you next time!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出