今日から使える!「あやうく忘れるところだった」を英語で言うと?

こんにちは、リョウです。

色々やることがあると、ついついその日のうちにやらないといけないことを忘れそうになります。

今日は、そんなときに使える「あやうく忘れるところだった。」の英語を表現をご紹介します。

それでは、まいりましょう。

 

 

“I almost forgot.”の意味と使い方

マイク
Are we still gonna meet up with Ryo tonight?
今夜リョウとまだ会うことになってるの?
ナオミ
Oh, I almost forgot. He told me that he wanted to meet next weekend instead.
ああ、あやうく忘れるところだった。彼が代わりに来週末に会いたいって。

 

 

 

“I almost forgot.”で「あやうく忘れるところだった。」という意味です。

“almost”は「ほとんど」という副詞です。

また、”forgot”は”forget”の過去形で「忘れた」という意味になります。

忘れてしまっていたわけではなくて、忘れる前に思い出したので、”almost”を使います。

 

 

“I almost forgot about it/that.”と言うこともある

リョウ
Hey, don’t forget tonight’s dinner party for my parents wedding anniversary.
なぁ、今夜、うちの両親の結婚記念日の食事会忘れないでね。
アイヴァン
Thanks for reminding me. I almost forgot about it.
リマインドありがとう。あやうく忘れるところだったわ。

 

 

 

“I almost forgot.”の代わりに、前置詞”about”と代名詞”it”または”that”をそえて使うこともあります。

どちらの形もよく使われるので、押さえておきましょう。

 

 

「すっかり忘れていた。」を英語で言うと?

アイヴァン
Where are you now?
今どこ?
リョウ
What do you mean? I’m already on the way home.
どういうこと?帰宅途中だよ。
アイヴァン
We’re going to dine out tonight, right? Did you forget?
今夜外でご飯食べる予定だよね?忘れてたの?
リョウ
Oh, I’m sorry. I completely forgot about it. I’m coming now.
あ、ごめん。すっかり忘れてた。今行くよ。

 

 

 

 

単純に”forget”を過去形にして、”I forgot it./I forgot about it.”「忘れてた。」と表現することもできます。

ただ、「すっかり」と強調したいのであれば、副詞”completely”や”totally”を使いましょう。

 

 

ネイティブは”It totally slipped my mind.”

ナオミ
Did you buy eggs?
卵買った?
マイク
Gosh, I’m sorry. It totally slipped my mind.
あちゃ、ごめん。完全に忘れてた。

 

 

 

“slip one’s mind”で「忘れる」という意味です。

アメリカ人がよく使うイディム表現で、1340年頃から使われるようになりました。

代名詞”it”には、忘れた対象のものがきます。なので、名詞が来ることも当然あって、

リョウ
My birthday slipped my mind.
自分の誕生日を忘れてたよ。

 

 

こんな感じで言えます。

 

 

to不定詞やthat節と一緒に使えることも忘れずに

  • I almost forgot to 〜.
ナオミ
It was fun. See you around.
楽しかったよ。じゃあね。
マイク
Yup. See… oh, wait! I almost forgot to tell you something important.
うん。じゃあ… あっ、待って!大事なこと伝えるのあやうく忘れるところだった。

 

 

 

  • I almost forgot that 〜.
リョウ
When is your birthday?
誕生日はいつなの?
マイク
Oh, it’s actually next week! I almost forgot that my birthday was just around.
あ、来週だわ。誕生日がもうすぐなのを忘れるところだったよ。

 

 

 

“I almost forgot.”を使うのに慣れてきたら、もう少し具体的に相手に伝えてみましょう。

to不定詞やthat節を使った文でせめてみましょう。

 

 

現在形で”I almost forget”はどう?

マイク
I almost forget to turn off the light before I leave.
出る前に電気を消すのをあやうく忘れるんだよね。

 

 

「あやうく忘れるところでした。」を、現在形で”I almost forget.”はどうでしょうか。

実は、これは現在完了形の代用です。

なので、”I almost have forgotten.”がもともとの形になります。

その他にも、現在形”forget”は、習慣を表すときにも使います。

例えば、こんな感じです。

 

 

忘れっぽいなら、”remind”を使おう

マイク
Can you remind me to call her at 8?
彼女に8時にかけるようにリマインドしてくれる?

 

 

 

ナオミ
Thank you for reminding me.
思い出させてくれてありがとう。

 

忘れっぽい人は、動詞”remind”を使いましょう。

意味は、「(人に)思い出させる」です。

どうしても忘れてしまうという方は、誰かにリマインドしてくれるように頼んでみましょう。

例えば、こんな感じです。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「あやうく忘れるところだったよ。」の表現とそれに関連するフレーズでした。

それでは、See you next time!

 

 

【厳選】英会話中級者が必ず読んでおきたいフレーズ本3選

2018.07.10

「〜になってしまった」を英語で言うと?意図してやったことでないときに使える便利なフレーズ!

2018.02.23

【完全攻略】"forget to ~"と"forget -ing"の違いと使い方

2017.04.02

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中