確実な成果を出すならRYO英会話ジム

“Pursue”の意味とビジネスシーンでの効果的な使用例

こんにちは、みなさん。RYO英会話ジムです。ビジネス英語において「pursue」は、目標やプロジェクトを積極的に追求する際に欠かせない動詞です。この単語がどのように使われるかを理解することは、プロフェッショナルなコミュニケーションスキルを向上させる上で非常に重要です。この記事では、「pursue」の基本的な意味と、実際のビジネスシーンでの効果的な使用例を紹介します。

 

 

はじめに:「pursue」の基本的な意味

「pursue」は多様な文脈で使用される動詞で、主に何かを追求する、追い求める、または続けるという意味を持ちます。ビジネスの世界では、目標達成の過程で使われることが多いため、非常に重要な単語です。

「pursue」の定義

英語の「pursue」は、何かを積極的に追求または続行する行為を指します。これには、キャリアの進展、新しいプロジェクトの開始、学習の継続、あるいは特定の目標への取り組みが含まれます。

一般的には、「追う」「追跡する」「追求する」と訳されますが、ビジネス環境では「取り組む」「追い求める」の意味合いで使われることが一般的です。

発音と詞源

「pursue」の発音は /pərˈsjuː/ (パースュー)です。

この単語は中英語の「pursuen」に由来し、さらにその起源は古フランス語の「poursivre」から来ています。これはラテン語の「prosequi」から派生したもので、「前に進む」という意味があります。これは、「何かを積極的に追い求める」という現代的な意味につながる歴史的背景を持っています。

この基本的な解説を通じて、「pursue」の意味の広がりと、それがどのようにビジネスや日常生活で使われているかの理解が深まることでしょう。次のセクションでは、具体的なビジネスシーンでの使用例を詳しく見ていきます。

 

 

無料トライアル実施中

ビジネスコンテキストでの「pursue」の使用例

「pursue」はビジネス環境で非常に頻繁に使われる単語であり、特に目標達成や新しい機会の探索において重要な役割を果たします。ここでは、「pursue」がどのように使われるか、二つの具体的なシナリオを通じて見ていきましょう。

ゴールやプロジェクトを追求する:

  • 使用例:「We are pursuing an aggressive expansion strategy.」
  • 和訳: 「私たちは積極的な拡大戦略を追求しています。」
  • 解説: この例では、「pursue」は、会社が市場のシェアを拡大するために、具体的な行動を積極的に取り、持続的に努力している様子を示しています。
  • 使用例:「We are pursuing several innovations in our new product line.」
  • 和訳: 「私たちは新商品ラインでいくつかの革新を追求しています。」
  • 解説: ここでは、「pursue」が使われているのは、チームが新しいアイデアや技術を積極的に取り入れ、開発を進めている状況を表しています。

新しい市場や機会を探求する:

  • 使用例:「Our company is pursuing new opportunities in the Asian markets.」
  • 和訳: 「当社はアジア市場で新たな機会を追求しています。」
  • 解説: この表現は、「pursue」が単に興味を持つ以上に、市場調査を実施し、現地でのパートナーシップを築き、販売チャネルを開発するなど、具体的な取り組みを進めている状況を示しています。
  • 使用例:「We are pursuing cutting-edge technologies to maintain our competitive edge.」
  • 和訳: 「私たちは競争力を維持するために最先端技術を追求しています。」
  • 解説: この例では、「pursue」は、会社が業界内でリーダーとなるために最新技術に基づく製品やサービスの開発に積極的に取り組んでいることを強調しています。

これらの例を通じて、「pursue」の使い方とその文脈における重要性が理解できるでしょう。それぞれの例は、「pursue」がどのように目標や新しい機会に向けた具体的な行動と結びついているかを示しています。

 

 

「pursue」と類似する単語との比較

「pursue」はビジネス英語で頻繁に使用される単語ですが、類似する他の単語とどのように使い分けるかを理解することは、より精確で効果的なコミュニケーションを実現するために重要です。特に「chase」、「seek」、「follow」との違いを明確にすることで、適切な文脈で「pursue」を使うことができます。

「chase」と「pursue」の違い:

  • 説明: 「chase」は物理的に何かを追いかける行動を指し、しばしば緊迫感や競争を伴います。
  • 例文: “The police chased the thief through the streets.”
  • 和訳: 「警察が通りを通って泥棒を追いかけた。」
  • 説明: 対照的に、「pursue」は目標や計画を積極的に追求し、長期的な努力を要します。
  • 例文: “The company is pursuing a new strategic initiative.”
  • 和訳: 「会社は新しい戦略的イニシアティブを追求している。」

「seek」と「pursue」の違い:

  • 説明: 「seek」は何かを探し求めることを指し、情報や解決策を見つける意味で使われます。
  • 例文: “We are seeking new methods to improve efficiency.”
  • 和訳: 「私たちは効率を向上させる新しい方法を探しています。」
  • 説明: 「pursue」はより具体的な行動や目標に焦点を当て、積極的に取り組むことを強調します。
  • 例文: “We are pursuing our goals for the quarter.”
  • 和訳: 「私たちは四半期の目標を追求しています。」

「follow」と「pursue」の使い分け:

  • 説明: 「follow」はしばしば指示やルール、または人物に従うことを意味します。
  • 例文: “You should follow the guidelines provided.”
  • 和訳: 「提供されたガイドラインに従うべきです。」
  • 説明: 「pursue」は単に従うこと以上に、目標や計画を主体的に追い求めることを示します。
  • 例文: “We are pursuing innovative strategies to stay ahead.”
  • 和訳: 「私たちは先を行くために革新的な戦略を追求しています。」

 

 

「pursue」を使った一般的な表現やイディオム

「pursue」は多用途であり、様々な文脈で使われるため、ビジネス英語や日常会話で頻繁に登場するいくつかの一般的な表現やイディオムがあります。

特に「pursue a career」や「pursue an interest」のようなフレーズは、個人の目標や情熱に対する積極的な姿勢を示すのに役立ちます。

「pursue a career」(キャリアを追求する)

使用例: “She is pursuing a career in law.”

和訳: 「彼女は法律の分野でキャリアを追求しています。」

解説: この表現は、特定の職業分野で積極的にキャリアを築くことを意味します。ここでの「pursue」は、その分野で成功を収めるために意識的な努力を行っている様子を強調しています。

「pursue an interest」(興味を追求する)

使用例: “He is pursuing an interest in photography.”

和訳: 「彼は写真に対する興味を追求しています。」

解説: このフレーズは、個人的な興味や趣味を積極的に探求していることを示します。趣味に深く没頭し、技術を向上させるための努力が含まれます。

「pursue happiness」(幸福を追求する)

使用例: “Everyone has the right to pursue happiness.”

和訳: 「誰もが幸福を追求する権利があります。」

解説: この表現は、個人が自己実現と満足を求めるプロセスを指します。生活の質を向上させるための積極的な追求を意味しています。

「pursue a dream」(夢を追いかける)

使用例: “She continues to pursue her dream of becoming a singer.”

和訳: 「彼女は歌手になるという夢を追い続けています。」

解説: 目標や理想に向かって、障害を乗り越えながら努力を続ける様子を表します。

「pursue justice」(正義を追求する)

使用例: “The lawyer pursued justice for his client.”

和訳: 「その弁護士は依頼人のために正義を追求した。」

解説: 社会的、法的な正義を求める行為を指し、特に公平な扱いや犯罪の解決を目指す際に使用されます。

 

 

実際のビジネスシナリオでの「pursue」

「pursue」はビジネスシナリオで効果的に使用することで、交渉、提案、ミーティング、プレゼンテーションといったさまざまな状況において、積極的かつ目的意識の高い態度を表現するのに役立ちます。以下では、具体的な使用例を通じて、どのように「pursue」を活用するかを見ていきます。

交渉や提案で「pursue」を使う方法

提案文書での使用例:

英文: “We are eager to pursue a partnership that benefits both our companies.”

和訳: 「私たちは、両社に利益をもたらすパートナーシップを積極的に追求したいと考えています。」

解説: このフレーズは、提携の追求に対する積極的な姿勢と、その提携が両方の企業に利益をもたらすことへのコミットメントを示します。

交渉中での使用例:

英文: “Our team is committed to pursuing a solution that addresses both our needs.”

和訳: 「私たちのチームは、双方のニーズに応える解決策を追求することに尽力しています。」

解説: この表現は、共通の解決策を見つけるための真剣な取り組みとポジティブな交渉姿勢を強調します。

ミーティングやプレゼンテーションでの効果的な使用例:

プレゼンテーションでの使用例:

英文: “We are pursuing innovative strategies to stay competitive.”

和訳: 「私たちは競争力を維持するために革新的な戦略を追求しています。」

解説: このフレーズは、新しいプロジェクトの紹介時に革新的な取り組みを追求していることを強調し、聴衆にプロジェクトへの興味と信頼を引き出します。

ミーティングでの使用例:

英文: “Let’s pursue every possible avenue to improve our process.”

和訳: 「プロセスを改善するため、可能なすべての方法を追求しましょう。」

解説: この提案は、プロセス改善に向けて全ての選択肢を積極的に検討するようチームに促し、創造性と協力を促進します。

これらの例から分かるように、「pursue」をビジネスコミュニケーションで使用することは、プロジェクトや提案に対する積極的な取り組みを示す有効な方法です。適切に使用すれば、プロフェッショナルな印象を与え、目標達成に向けた強い動機付けを相手に伝えることができます。

 

 

「pursue」の使用を避けるべき場面

「pursue」は通常、目標や関心事を積極的に追求する際に使用されますが、誤解を招くリスクがあるため、特定の文脈での使用は避けるべきです。以下は、「pursue」の使用が不適切となる可能性のある具体的なシナリオです。

  1. 一方的な追求が不適切な場面
    • 例文: “He continues to pursue her, despite her lack of interest.”
    • 和訳: 「彼女に興味がないにもかかわらず、彼は彼女を追い続けています。」
    • 解説: この例では、「pursue」の使用が、相手にとって不快または望ましくない追求として受け取られるため、適切ではありません。
  2. 受動的な状況や機会
    • 例文: “We will pursue any opportunities that come our way.”
    • 和訳: 「私たちは自分たちの前に現れるあらゆる機会を追求します。」
    • 解説: この表現は、「pursue」が積極的な行動を示唆しているにも関わらず、受動的な態度を表すことがあり、誤解を招く可能性があります。
  3. すでに確立された事実や確実性が求められる場面
    • 例文: “We are pursuing a decision on this matter.”
    • 和訳: 「私たちはこの件に関する決定を追求しています。」
    • 解説: この文は、すでに確立された事実や状況を未定または継続中のものと誤解される恐れがあるため、不適切です。
  4. 誇張が避けられるべき文脈
    • 例文: “We are pursuing minor improvements in our process.”
    • 和訳: 「私たちはプロセスの小さな改善を追求しています。」
    • 解説: ここでの「pursue」の使用は、実際の重要性を誇張してしまい、過剰な印象を与える可能性があります。

総括

「pursue」はその強力な意味から、ビジネスや個人の成長に関する文脈で非常に有用ですが、その強さが逆に誤解や不適切な印象を与える原因となることもあります。文脈を慎重に評価し、「pursue」の使用が適切かどうかを考慮することが重要です。他の表現や言い回しに置き換えることで、より適切なメッセージを伝えることができます。

 

 

まとめと総括: 「pursue」を使いこなすためのポイント

「pursue」は、ビジネス英語において非常に強力で多用途な動詞ですが、その使用方法を適切に理解し、適切な文脈で用いることが重要です。以下に「pursue」を効果的に使いこなすための主なポイントをまとめます。

  1. 目標や計画の積極的追求を表現する
    • 「pursue」は、目標、プロジェクト、または特定の関心事を積極的に追求している状況を示すのに最適です。そのため、ビジネスプランやキャリアアップ、技術革新など、明確な目的がある場合にこの単語を使用します。
  2. 具体的なアクションと結びつける
    • 「pursue」を用いる際は、具体的なアクションや戦略と関連付けて使うことで、その行動の積極性と意図を強調できます。例えば、新市場への進出や新製品の開発など、実際に取り組むべき具体的な活動を伴う文脈で使うと効果的です。
  3. 誤解のないよう慎重に使用する
    • 「pursue」の使用は、特に人間関係や感情的な事柄においては誤解を招きやすいため、これらの文脈では慎重に使用する必要があります。また、すでに確立された事実や受動的な状況に対して使うと誤解される可能性があるため、その点も注意が必要です。
  4. 代替語との使い分けを理解する
    • 類似の単語との明確な区別を理解し、適切な場面で「pursue」を選ぶことが重要です。「chase」、「seek」、「follow」といった単語は似た意味を持ちますが、それぞれのニュアンスの違いを把握し、状況に応じて最適な単語を選びましょう。
  5. 強いコミットメントを示す際に利用する
    • 「pursue」は、コミットメントと決意を示すのに特に有力な単語です。プロジェクトへの深い関与や、長期的な目標への取り組みを示すために使用すると、その決意が明確に伝わります。

これらのポイントを理解し、適切に適用することで、「pursue」はビジネスコミュニケーションにおいて非常に有効なツールとなります。目標や取り組みに対する積極的な姿勢を明確に伝えるために、「pursue」を上手く活用しましょう。

 

 

 

 


 

「pursue」を使いこなすことで、あなたのビジネスコミュニケーションはより明確で目標指向的になります。今回紹介した例を参考に、日々の業務で積極的にこの動詞を活用してみてください。それにより、あなたの熱意とプロフェッショナリズムが相手に正確に伝わり、より成果を出すことができるでしょう。

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム