マニラのイメージがわかるアート溢れる街BGC(ボニファシオグローバルシティ)

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日はマニラのイメージがわかるアート溢れる街BGC(ボニファシオグローバルシティ)についてお話します。マニラと聞くと治安が悪いイメージがあるかと思います。もちろん場所を選ばなければ治安はまちまちで、日本は世界の中でも治安がよい国の一つとして挙げられますが、それと同じくらい治安のよいのがBGCです。

駐在員や富裕層も多く、とても人気なエリアとなっています。さらに街にはアートがあふれていてインタ映えするところがたくさんあります。僕の中でBGCは全く先進国のようなところで、都会でありながら南国リゾートの雰囲気を醸し出していてとてもリラックスできます。一部の地域と比べるとかなりの格差があったりしますが、今日は僕がそこに1年以上住む中で撮影したアート溢れる写真をご紹介したいと思います。散歩するだけでもワクワクするような場所で、気分転換になります。それではまいりましょう。

 

 

看板

BGCと書かれた看板のようなものがいくつか置いてあるのですが、ただシンプルなのではなくてそこにアートがあります。

 

 

ゴミ箱

ただのゴミ箱ではなくそこにもアートがあります。BGCでは猫がよく歩いているのでそれを絵にしたのだと思います。

 

ベンチ

これもただのベンチではなくかなり工夫されていますね。

 

 

建物の壁

 

このようにビルの壁にもそこらじゅうにアートが溢れています。散歩中に新しいアートを見つけては撮るようにしていました。探せばまだまだ出てきそうですね。

 

 

ビル

建物も一工夫されています。これはSMモールといってフィリピン国内で展開している大型ショッピングモールですが、モールとオフィスビルが繋がっている作りになっています。

 

ルービックキューブのようなカクカクしていて、少し色合いがユニークなビル。

 

 

個人的には日本では見たことのない木で撮ってしまいましたが、なぜかこれもアートを感じます。

 

 

道路

こちらは自転車の形をしているというこちらは駐輪所です。

 

 

ピアノの鍵盤が描かれています。これはBGCだけでなくてマニラのQueson cityというところにもこのようなピアノの鍵盤がちょうど信号のところに描かれています。

 

 

BGCの街に関連する記事

マニラBGCでリラックスできるオシャレなおすすめカフェ7選

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上がマニラのイメージがわかるアート溢れる街BGC(ボニファシオグローバルシティ)でした。それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出