マカティとBGCでノマド生活してみた感想

こんにちは、リョウです。

今日は、マカティとBGCでノマド生活してみた感想についてお話します。

この記事を読めば、さらにフィリピイン生活を快適に過ごすことができます。

それでは、まいりましょう。

 

 

Airbnbの滞在先で早速インターネットトラブル

フィリピンに来る際はいつもこのAirbnbを利用して滞在しているのですが、インターネットトラブルは一度もなくかなり快適に過ごせていましたが今回に関してはめんくらいました:(

Airbnbを利用して2週間マニラのタギグ市内にあるマッキンリーヒルというところに滞在していますが、滞在4日目にしてインターネットトラブルが2日間に渡って発生し、オンライン英会話コーチングをメインに仕事にしているので2日間のレッスンは全部キャンセルしないといけない事態になりました。

もっと早く対処できたと思いますが、部屋のオーナーの対応がかなり遅く結果的に2日間も時間がかかってしまいました。

学びは、Airbnbの滞在先だからWifiは絶対に大丈夫でないということ(当たり前のことですが甘くみてました)、また次回からは必ずホケットWifiを待ち合わせておく必要があるなと反省しています。

 

 

モール内ならGo Wifi Autoが便利

マカティ、グリーンベルトのUCCカフェより

マッキンリーヒルのベニスモール、スタバより

僕たちの場合はオンラインでお客さんとの対面レッスンをするのでどうしても部屋やオフィス環境が必要ですが、WiFi環境さえあれば大丈夫ということであれば、モールで利用できる“Go Wifi Auto”が大変便利かと思います。

基本的にモール内であればフィリピンの通信会社Globe(日本でいうSoftbank)が提供するWifiを使うことができます。

カフェもたくさんあるので、そういったところで快適にお仕事ができるかと思います。

最初の1時間は無料でそれ以上使う場合はWifiパッケージプランを利用できますが、フィリピンの携帯番号を通して購入する必要があるので、携帯番号を利用できる状態でないと使用できないのでそこは注意が必要です。

1ヶ月200円程度で1.5GB使えるのはお得です

 

詳しくは公式ページよりどうぞご覧ください。

ただ僕が感じたデメリットとしては、コンセントを使える席が少ないのでそういった席が埋まっていると不便を感じたり、また働きやすいテーブルでない場合は集中できなかったりします。

そういうところも考慮して問題なければ、かなり安上がりでオフィス代わりとしてカフェを利用できるかと思います。

 

 

コワーキングスペースを利用するのもアリ

https://www.entrepreneur.com/article/313514より

公共のカフェや自宅では気が引き締まらないということであれば、1日〜月単位で借りれるコワーキングスペースやオフィスを利用するもアリです。

マカティやBGCでもいくつかあり、1日であれば約1000円程度で月の無制限訪問であれば約2万円〜から利用できます。

詳しい内容については英語サイトになりますが、Instant Officeよりどうぞ。

またマニラで活躍するWebクリエイターのたくせきさんがマカティのコワーキングスペースについて記事にしているので、よかったらそちらも参考してみてください。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、マカティとBGCでノマド生活してみた感想についてでした。

それでは、まいりましょう。

 

 

僕がオススメしたい海外旅行本3選とあれば超便利な通訳機

2019.02.02

【2019年度】ワーホリで行ける22カ国一挙公開

2019.01.29

行って気づいた!マニラやセブ旅行に安心で快適な持ち物7選

2019.01.21

「いいね!」で
最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話ジムを運営中