ボホール島に行くなら絶対にアロナビーチ!アロナビーチで満喫するためにできる6つのこと

こんにちは、リョウです。

先日セブ島からフェリーで2時間でいけるボホール島のアロナビーチというところに行ってきました。

厳密に言うと、アロナビーチはハングラオ島というボホール島に隣にある島になります。離れていますが、橋でつながっています。

フェリーでタグビララン港に到着したあと、タクシーまたはホテルから提供されているバンで、アロナビーチまで行くことになります。

約40分ほどかかります。僕は、港で待っているタクシーを利用しましたが、750ペソ(現在の為替レートで1,550円)でした。

ちょっと高いですが、そもそもタクシーがあまり走っていないので、この値段でも良心的なのかもしれません。

それでは、今日はアロナビーチの様子とそこでできる6つのことについて紹介したいと思います。

それでは、まいりましょう。

 

 

アロナビーチの様子

まずは、アロナビーチの様子を写真と動画でご紹介します。

残念なことに、初日は曇りであまりよい写真が取れなかったのですが、2日はほぼ快晴で気持ちよく写真をとることができました。

 

写真でみる

初日は曇りでした。それでもビーチはとても綺麗でした。

2日目は、なんと快晴!

それにしても海の色がきれい

 

海辺のすぐとなりに、バーやレストラン、お土産屋さんが立ち並んでいます。

レストランからの眺め

ホテルからの眺めは特に最高でした

 

裸足で歩けるほど、砂がサラサラのホワイトビーチ

レストランやバーでは、たくさんの人で賑わっています

アロナビーチの一番奥にあった静かなレストランにいきました。すでに移動で疲れ気味(笑)

 

 

動画で見る

 

 

 

アロナビーチでできる6つのこと

それでは、次はアロナビーチでできる6つのことについて、簡単にご紹介します。

僕は、2泊3日滞在しましたが、4と5、6しか体験できませんでした。

体調が悪かったのと、あと暑さに少しやられてばててしまいました。

ブロガー失格(笑)。

天候ですが、フィリピンでもっとも暑い月が4月になります。

もし、フィリピンの海に行くなら、3月の始め頃が、暑すぎることもなく、カラッとしていて絶好のタイミングです

 

 

1: ダイビング

引用元:http://dive-bohol.com/

ダイビングといえば、世界でもっとも有名な場所の一つとしてボホールの海が挙げられます。

現地で、日本人の方はあまりみかけませんでしたが、グループで中国人や欧米人の方たちがダイビングをしているのをよく見かけました。

ダイビングのライセンスを持っていなくても、参加できるコースがあるので一度試してみるのもいいかもしれません。

参加したかったなー。

 

  • ダイビングツアーを紹介している会社

一つ目は日本の会社です。二つ目は海外のサイトです。

どちらもしっかりと運営されている様子です。

ちょっと冒険してみたい方は、海外のサイトで英会話の練習もこみで、予約参加してみるといいかと思います。

 

 

2:シュノーケリングとアイランドホッピング

僕のようにダイビングはハードルが高いと感じる方は、シュノーケリングやアイランドホッピングに参加してみましょう。

一人400ペソから600ペソあたり(現在の為替レートで800円から1200円程度)でツアーに参加することができます

朝の8時に集合して、昼の2時頃に解散といった感じです。

 

 

3:イルカを見に行く

引用元:https://www.boholpackagetours.com/bohol-dolphin-watching/

今回、ドルフィンツアーに参加しませんでしたが、3年ほど前に小学校からの友人がきた際にも、ボホール島に連れて行ったのですが、そのときはドルフィンツアーに参加しました。

オーストラリアでもドルフィンツアーに参加したことがある友人は、めちゃくちゃ感動していました。

とういうのも、格安で比べものにならないぐらいたくさんのイルカを間近でみることができたからです。

なので、コスパの高いドルフィンツアーに是非参加してみてください。

5人から10人ぐらいのグループでボートに乗れば、約300ペソから600ペソ(現在の為替レートで600円から1200円程度)で参加できます。

 

 

4:浜辺でリラックスしたり、朝日を見に行く

海辺でマッサージを受けることもできます。

本当にそのままで、海辺のホワイトサンドに寝っ転がって、(もちろんタオルを敷きます)プロのマッサージ師から1時間ほど、マッサージしてもらえます。

500ペソ(現在の為替レートで1000円程度)で受けれます。

海辺でマッサージなんてオープンすぎて、恥ずかしいかもしれませんが、たくさんの人がマッサージを受けているので、気にせずリラックスしてできると思います。

あとは、朝日です。

ちょうど一緒に旅行した友人が撮影した動画が、上のやつです。僕も一緒に行く予定だったのですが、お腹の調子が悪く参加できませんでした笑。

朝、5時ぐらいに起きて撮影したものです。

めちゃ綺麗です。

 

 

5: 島を回る

こちらもツアーに参加できます。アロナビーチ周辺には、ローカルの方が営んでいるツアーのお店があり、そこで申し込みをしました。

二人だけで、車を貸し切っていきましが、日本円にして5000円程度でした。

グループで参加すれば、一人1000円程度で大丈夫です。

11時頃に出て、3時頃に終わりました。

16世紀頃に訪れたマゼランと交わされた血の盟約。血の盟約とはフィリピンの伝統儀式で、親交を深めるために、手首を切って、その血をワインに入れて飲むといったもの。気持ち悪い!

ボホール島でもっとも古いバクラヨン教会

蝶園です。たくさんの蝶がいました。人間に懐く蝶なんて、不思議ですが、本当に懐いていました。

オウムもいました。こちらも懐きすぎなくらい懐いてます。

東南アジアに生息するメガネザル、ターシャ。夜行性なので、爆睡していました笑。

特異な地形と言われる丘、チョコレートヒルズ。1000個以上の丘があるそうです。乾季になると葉が枯れて、茶色になることからチョコレートヒルズと名付けられました。

 

 

6: ダイエットを忘れて食事を楽しむ

これは人によるかもしれませんが、開放的な場所、とくに海や山にいくと食欲も旺盛になったりします。

僕はたくさん食べるとすぐに体重が増えてしまうので、普段あまり食べないようにしているのですが、このときばかりはたくさん食べてしまいました。

アロナビーチでは、フィリピン料理ももちろん、その他にもアメリカ料理や中華料理、イタリア料理、フランス料理などがあります。

日本食は残念ながらありませんでした。

なので、普段食事制限している方は、このときぐらい思う存分食事を楽しんじゃいましょう!

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「ボホール島にきたらアロナビーチに行くべし」の巻でした。

それでは、See you around!

 

 

【2018年度】「セブ島」〜「ボホール島」の行き帰りの出港時間と一番オススメのフェリー

2018.04.13

料理より雰囲気重視の方へ!セブのアヤラモールで初めて食事するなら、最上階

2018.04.12

今激アツのセブ、ITパークのナイトフードマーケット"Sugbo Mercado"へ行ってきました!

2018.04.09
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中