3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

ハッカーが生んだスラング「owned」の歴史と使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

こんにちは!今日は、少し変わった英語のスラング「owned」についてお話しします。この言葉は、もともとはハッカーの間で使われていた用語ですが、現在ではインターネットや日常会話でもよく見かけるようになりました。

皆さんは「owned」という言葉を聞いたことがありますか?もしかしたら、ゲームをしている時やネットの掲示板で見かけたことがあるかもしれません。この言葉には「所有する」という基本的な意味がありますが、スラングとして使われると全く違う意味になるんです。

この記事では、「owned」のスラングとしての意味や、その由来、具体的な使い方について詳しく紹介していきます。日常会話で使うときのポイントや、間違いやすい使い方にも触れていくので、最後までお楽しみくださいね!

それでは、「owned」という言葉の世界へ一緒に踏み込んでみましょう。

 

 

無料トライアル実施中

「owned」の基本的な意味

「owned」という言葉には、二つの異なる意味があります。一つは直訳の意味で、もう一つはスラングとしての意味です。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

直訳の意味

まず、基本的な意味から確認しましょう。「own」は動詞で「所有する」という意味があります。その過去形・過去分詞が「owned」です。例えば、「I own a car.(私は車を所有しています。)」のように使われます。ここでは、単に「何かを持っている」という意味です。

スラングとしての意味

一方、スラングとして使われる「owned」は全く違う意味を持ちます。この言葉は、相手を圧倒的に打ち負かしたり、恥をかかせたりした状況で使われます。例えば、オンラインゲームで対戦相手を圧倒的に勝利した場合に「You just got owned!(お前は今やられたんだ!)」と言うことができます。この場合の「owned」は、「支配された」や「完全に打ち負かされた」というニュアンスになります。

このスラングとしての意味は、もともとはハッカー文化から生まれたもので、システムを完全に掌握したことを指して使われていました。しかし、現在ではゲームやインターネットのコミュニティでも広く使われるようになり、誰かを打ち負かしたり、恥をかかせたりする場面でよく見かけます。

まとめると、「owned」は直訳では「所有する」という意味ですが、スラングとして使われると「圧倒的に打ち負かす」や「恥をかかせる」という意味になります。この違いを理解することで、より自然に英語を使いこなせるようになります。

 

 

「owned」の歴史と由来

「owned」という言葉は、現在では広く使われているスラングですが、その起源はハッカー文化にあります。このセクションでは、「owned」がどのようにしてハッカーの用語として使われ始めたかを詳しく見ていきましょう。

ハッカー文化での始まり

「owned」というスラングは、1990年代のインターネットの初期にハッカーたちの間で使われ始めました。当時、ハッカーたちは他人のコンピュータシステムに侵入し、そのシステムを完全に掌握することを「owning」と表現していました。ここでの「own」は、「所有する」という直訳の意味から転じて、「完全に支配する」や「掌握する」という意味で使われるようになったのです。

例えば、あるハッカーが他人のサーバーに侵入し、そのシステムの全ての権限を手に入れた場合、「I owned the server.(そのサーバーを掌握した)」と言いました。これは、そのハッカーがそのシステムを完全にコントロールできる状態にあることを意味しています。

ゲーム文化への広がり

このハッカー文化の言葉が、次第にオンラインゲームの世界にも広がっていきました。ゲームの世界では、対戦相手を圧倒的に打ち負かすことを「owned」と表現するようになりました。例えば、あるプレイヤーが他のプレイヤーを一方的に打ち負かした場合、「You just got owned!(お前は今やられたんだ!)」というように使われます。

このように、「owned」は単に勝利するだけでなく、相手を完全に支配し、圧倒的な力を見せつける状況を指すスラングとして広まりました。

インターネット全体への浸透

その後、「owned」はゲームの世界を超えて、インターネット全体で使われるようになりました。SNSや掲示板などで、誰かが議論で完全に論破されたり、恥をかかされたりした時にも「owned」と表現されます。このようにして、「owned」はハッカー文化から始まり、ゲームの世界、そしてインターネット全体に広がったスラングとなったのです。

まとめると、「owned」という言葉はハッカーたちの間で生まれ、その後オンラインゲームやインターネットコミュニティ全体に広がっていきました。今では、相手を圧倒的に打ち負かす状況を指すスラングとして広く認識されています。この背景を知ることで、「owned」を使う時のニュアンスがより深く理解できるようになります。

 

 

具体的な例文で学ぶ「owned」の使い方

「owned」という言葉がどのように日常会話やインターネット上で使われているかを、具体的な例文を通じて見ていきましょう。

日常会話での使い方

  1. ゲームでの勝利
  2. スポーツでの圧勝
  3. 議論での勝利

インターネット上での使い方

  1. ソーシャルメディアでのコメント
    • 例文: “Check out this video! The prank totally owned him.”
    • 訳: 「この動画を見て!いたずらが彼を完全にやっつけたよ。」
  2. 掲示板での議論
    • 例文: “You just got owned by that reply.”
    • 訳: 「その返信で君は完全にやられたね。」
  3. ミームやジョーク
    • 例文: “When you realize you were wrong and get owned by the facts.”
    • 訳: 「自分が間違っていたことに気づいて、事実に完全に打ち負かされる時。」

さらに具体的なシチュエーション

  1. オンラインゲームのチャット
    • 例文: “Nice try, but you got owned!”
    • 訳: 「いい試みだったけど、君はやられたね!」
  2. 友人との会話
    • 例文: “Remember that time you thought you could beat me? You got owned!”
    • 訳: 「君が僕に勝てると思ってた時のこと覚えてる?君はやられたんだよ!」
  3. SNSでの反応
    • 例文: “LOL, you totally owned that troll!”
    • 訳: 「笑、君はあの荒らしを完全にやっつけたね!」

これらの例文を通じて、「owned」がどのような状況で使われるかがわかると思います。日常会話でもインターネット上でも、この言葉は相手を圧倒的に打ち負かす状況を表現するのに使われます。ぜひ、自分の英語表現の中にも取り入れてみてくださいね!

 

 

他の関連スラング

「owned」に似たスラングに「pwned」という言葉があります。このセクションでは、「pwned」とは何か、「owned」との違い、そしてそれぞれの使い方を説明します。

「pwned」の意味

「pwned」は、「owned」のタイポ(入力ミス)から生まれたスラングです。「p」と「o」がキーボード上で隣り合っているため、タイピングミスから「owned」が「pwned」となり、それがそのままインターネットスラングとして定着しました。基本的な意味は「owned」と同じで、「圧倒的に打ち負かす」や「完全に支配する」という意味です。

「pwned」と「owned」の違い

  • 起源: 「owned」はハッカー文化から生まれましたが、「pwned」は「owned」のタイポがきっかけで生まれました。
  • 使用頻度: 両方ともゲームやインターネットコミュニティで使われますが、「pwned」は主にオンラインゲームでの使用が多いです。
  • ニュアンス: どちらも似た意味を持ちますが、「pwned」は少しユーモラスでカジュアルなニュアンスが強いです。

「pwned」の使い方

  1. オンラインゲームでの使用
    • 例文: “I just pwned that noob in the game.”
    • 訳: 「ゲームであの初心者を完全に打ち負かしたよ。」
  2. インターネット上での使い方
    • 例文: “You got pwned by that meme!”
    • 訳: 「あのミームにやられたね!」
  3. 友達同士の会話
    • 例文: “Remember last night? You were so drunk, you got pwned!”
    • 訳: 「昨夜のこと覚えてる?君は酔っ払って完全にやられたよ!」

「owned」と「pwned」の共通点

  • 両方とも相手を圧倒的に打ち負かす状況を表す。
  • インターネットやゲームの世界で広く使われる。
  • 使用時には、ユーモラスでカジュアルなニュアンスが含まれる。

これらのスラングは、特にオンラインゲームやインターネットコミュニティでの会話をより生き生きとしたものにします。それぞれの意味とニュアンスの違いを理解することで、適切な場面で使い分けることができるようになります。

 

 

「owned」を使う時の注意点

「owned」はインターネットや日常会話でよく使われるスラングですが、使い方にはいくつか注意すべきポイントがあります。ここでは、誤解されやすい状況や気をつけたいポイントについて説明します。

1. 使う相手と状況に注意

「owned」は相手を圧倒的に打ち負かすという意味を持つため、使う相手や状況によっては相手を不快にさせたり、誤解を招いたりすることがあります。特に以下の場合には注意が必要です。

  • ビジネスシーンでは避ける: ビジネスの場では、カジュアルすぎるスラングは避けるべきです。フォーマルな場では「owned」は使わないようにしましょう。
  • 親しい間柄で使う: 友人やゲーム仲間など、親しい相手であれば問題ありませんが、あまり親しくない相手には使わない方が無難です。

2. 相手を傷つけないように配慮

「owned」は相手を打ち負かすという意味が強いため、相手の気持ちを考えずに使うと、相手を傷つけてしまうことがあります。特に以下のような状況では配慮が必要です。

  • 失敗やミスを責める時: 相手のミスや失敗を指摘する際に「owned」を使うと、相手を傷つけることがあります。例えば、友人が失敗した時に「You got owned!」と言うのは避けましょう。
  • ユーモアとして使う: 「owned」を使う際には、ユーモアとして使うことが多いですが、相手がそのユーモアを理解していないと誤解を招くことがあります。相手がどう受け取るかを考えましょう。

3. 文化や背景を理解する

「owned」は英語圏で広く使われていますが、文化や背景を理解していないと誤解を招くことがあります。特に日本の文化では、相手を圧倒的に打ち負かすという表現はあまり一般的ではないため、適切な場面で使うことが重要です。

具体的な注意点

  • ネット上の使用: SNSやオンラインゲームで使う際には、相手がどのように受け取るかを考えましょう。匿名性が高いインターネットでは特に注意が必要です。
  • 冗談として使う: 冗談として使う場合でも、相手がその冗談を理解しているか確認しましょう。例えば、友人同士であれば問題ありませんが、初対面の相手には使わない方がいいでしょう。

「owned」は使い方によっては非常に便利なスラングですが、相手や状況に配慮しながら使うことが重要です。相手を尊重しつつ、適切な場面でユーモアを持って使うことで、コミュニケーションをより楽しいものにすることができます。

 

 

まとめ

この記事では、「owned」という言葉の意味や由来、使い方について詳しく見てきました。最後に、もう一度「owned」の使い方を復習し、実際に使ってみるように促します。

「owned」の意味と由来

「owned」はもともとハッカー文化から生まれたスラングで、「圧倒的に打ち負かす」や「完全に支配する」という意味を持ちます。ハッカーたちがシステムを完全に掌握することを「owning」と呼んだことから始まり、現在ではオンラインゲームやインターネット全体で広く使われるようになりました。

「owned」の具体的な使い方

「owned」は日常会話やインターネット上で、相手を圧倒的に打ち負かしたり、恥をかかせたりする状況で使われます。以下の例文を参考にしてください。

  • ゲームでの勝利: “I totally owned him in that game!”
    (あのゲームで彼を完全に打ち負かした!)
  • スポーツでの圧勝: “Our team owned the match yesterday.”
    (昨日、うちのチームは試合で圧勝した。)
  • 議論での勝利: “She owned the debate with her strong arguments.”
    (彼女は強い論拠でディベートに勝った。)

使用時の注意点

  • 相手と状況に注意: ビジネスシーンでは避け、親しい間柄で使う。
  • 相手を傷つけないように配慮: ミスや失敗を責める時には使わない。
  • 文化や背景を理解: 日本では相手を打ち負かす表現が一般的ではないため、適切な場面で使う。

実際に使ってみよう

「owned」という言葉を正しく理解し、適切な場面で使うことで、より自然でユーモラスな英会話が楽しめるようになります。友人とのゲームやインターネットでのやり取りなど、カジュアルな場面でぜひ使ってみてください。

「owned」を使うことで、英語の表現の幅が広がり、コミュニケーションがより楽しくなることを願っています。さあ、次はあなたが「owned」を使ってみましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム