3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「purse」と「wallet」どっちが正しい?英語での財布の表現ガイド!

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

英語で「財布」を表現する方法はいくつかありますが、主に「purse」と「wallet」という言葉が使われます。これらの単語は、使用される場面や持ち主の性別によって異なることがありますが、基本的にはどちらも「お金やカードを入れるための小さな入れ物」を指します。以下に、それぞれの基本的な意味と使い方を紹介します。

「purse」:
  • アメリカ英語では、主に女性が使う「ハンドバッグ」や「小型のかばん」を指します。
  • イギリス英語では、男女問わず「小銭入れ」や「財布」を意味します。
「wallet」:
  • アメリカ英語、イギリス英語共に、主に男性が使う「折りたたみ式の財布」を指します。
  • クレジットカードや紙幣を入れるためのものです。

これらの違いを詳しく理解することで、適切に使い分けることができます。次に、それぞれの単語の詳細な意味と使い方を見ていきましょう。

 

 

無料トライアル実施中

「purse」と「wallet」の違い

「purse」とは?

「purse」は英語で「財布」や「小さなかばん」を指しますが、その意味は地域によって異なります。

  • アメリカ英語では、「purse」は主に女性が使うハンドバッグやショルダーバッグなどの小型のかばんを指します。このかばんには、財布や化粧品、その他の日用品が入ります。
  • イギリス英語では、「purse」は男女問わず使われる小銭入れや財布を意味します。紙幣よりもコインを入れるためのものとして使われることが多いです。
    • 例文:He pulled some coins out of his purse to pay for the coffee.
      (彼はコーヒー代を支払うために小銭入れからコインを取り出しました。)

「wallet」とは?

「wallet」は主に紙幣やクレジットカードを入れるための折りたたみ式の財布を指します。

  • アメリカ英語とイギリス英語の両方で同じ意味を持ちます。一般的には男性が使うことが多いですが、女性も使います。
  • 形状は通常、ポケットに入るような薄型で、紙幣やカードを整理して入れることができます。

「purse」と「wallet」の使い分け

「purse」と「wallet」を使い分ける際には、状況や地域によって適切な単語を選ぶことが重要です。

  • アメリカ英語では、女性が持つハンドバッグやショルダーバッグには「purse」、男性が持つ折りたたみ式の財布には「wallet」を使います。
    • 例文:She bought a new purse to match her dress.
      (彼女はドレスに合う新しいハンドバッグを買いました。)
    • 例文:He keeps his cash and cards in his wallet.
      (彼は現金とカードを財布に入れています。)
  • イギリス英語では、小銭入れや財布には「purse」、紙幣やカードを入れる折りたたみ式の財布には「wallet」を使います。
    • 例文:She took some coins from her purse to pay for the bus fare.
      (彼女はバス代を支払うために小銭入れからコインを取り出しました。)
    • 例文:He always carries his wallet in his back pocket.
      (彼はいつも財布を後ろのポケットに入れています。)

このように、場面や地域に応じて「purse」と「wallet」を使い分けることで、より自然な英会話ができるようになります。

 

 

その他の財布関連の英語表現

「coin purse」とは?

「coin purse」は小銭入れのことを指します。主にコインを入れるための小さなポーチや袋のことを指し、特にイギリス英語では一般的に使われる表現です。

  • 使い方と特徴

「billfold」とは?

「billfold」は、二つ折りの財布を意味します。主に紙幣やクレジットカードを収納するためのものです。「wallet」とほぼ同じ意味で使われますが、「billfold」は特に折りたたみの形状に焦点を当てた表現です。

  • 使い方と特徴
    • 薄型で、ポケットに入れやすいデザイン。
    • 紙幣を折りたたんで収納し、カードスロットが付いていることが多い。
    • 例文:He placed his ID and cash in his billfold before leaving the house.
      (彼は家を出る前にIDと現金を二つ折りの財布に入れました。)

「clutch」とは?

「clutch」は、特に女性が使うクラッチバッグを指します。ハンドバッグよりも小型で、主にパーティーやフォーマルなイベントで使用されることが多いです。

  • 使い方と特徴
    • 持ち手がなく、手で持つことが前提のデザイン。
    • スマートフォン、リップスティック、カードなどの小物を入れるのに適しています。
    • デザインが多様で、ドレスコードに合わせた選び方ができます。
    • 例文:She chose a silver clutch to complement her evening gown.
      (彼女はイブニングドレスに合う銀色のクラッチバッグを選びました。)

これらの表現を知っておくことで、様々なタイプの財布やバッグについての会話がスムーズにできるようになります。次に、これらの表現を実際の会話でどのように使うかを見ていきましょう。

 

 

例文で学ぶ財布の英語表現

日常会話での「purse」と「wallet」の使い方

実際の日常会話の中で、「purse」と「wallet」の違いを確認してみましょう。

  • アメリカ英語の例
    • 会話例1
      • A: Do you have any cash?
      • B: Yes, I have some in my wallet.
      • (A:現金持ってる? B:うん、財布に少し入ってるよ。)
    • 会話例2
      • A: I love your new purse! Where did you get it?
      • B: Thanks! I bought it at the mall last weekend.
      • (A:新しいハンドバッグ素敵ね!どこで買ったの? B:ありがとう!先週末にモールで買ったの。)
  • イギリス英語の例
    • 会話例1
      • A: Do you have change for a pound?
      • B: Let me check my purse.
      • (A:1ポンドの小銭ある? B:小銭入れを確認するね。)
    • 会話例2
      • A: Where’s your wallet?
      • B: I think I left it at home.
      • (A:財布どこ? B:家に忘れてきたと思う。)

ショッピングでの「purse」と「wallet」の使い方

ショッピングのシーンで使える「purse」と「wallet」のフレーズを紹介します。

  • アメリカ英語の例
    • 会話例1
      • A: Excuse me, do you sell wallets here?
      • B: Yes, we have a variety of wallets in the accessories section.
      • (A:すみません、ここで財布を売っていますか? B:はい、アクセサリーコーナーにいろいろな財布があります。)
    • 会話例2
      • A: I’m looking for a new purse for a wedding. Any recommendations?
      • B: We have some elegant purses that would be perfect for a wedding.
      • (A:結婚式用の新しいハンドバッグを探しているんですが、何かおすすめはありますか? B:結婚式にぴったりのエレガントなハンドバッグがいくつかあります。)
  • イギリス英語の例
    • 会話例1
      • A: Could you show me where the coin purses are?
      • B: They are on the right, next to the wallets.
      • (A:小銭入れがどこにあるか教えていただけますか? B:右側にあり、財布の隣です。)
    • 会話例2
      • A: I’m interested in buying a leather wallet. Do you have any?
      • B: Yes, we have a selection of leather wallets in various styles.
      • (A:革の財布を買いたいんですが、ありますか? B:はい、さまざまなスタイルの革財布があります。)

これらの例文を参考にして、実際の会話やショッピングのシーンで「purse」と「wallet」を正しく使ってみましょう。次に、この記事のまとめに進みます。

 

 

まとめ

この記事では、「purse」と「wallet」の違いについて詳しく解説しました。それぞれの単語の意味や使い方、そして日常会話やショッピングのシーンでの具体的な例を通じて、その違いを理解していただけたと思います。

  • 「purse」は、アメリカ英語では主に女性のハンドバッグを指し、イギリス英語では小銭入れや財布を指します。
  • 「wallet」は、紙幣やクレジットカードを収納する折りたたみ式の財布を意味し、男女問わず使用されます。

これらの違いを理解し、適切なシチュエーションで使い分けることで、より自然な英会話ができるようになります。実際に英語を使ってみるときに、この記事の内容を思い出してみてください。

最後に、この記事を読んでくださった皆様に感謝申し上げます。これからも英語学習を楽しみながら続けていってくださいね!

ありがとうございました。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム