RYOで学ぶ:パーソナル指導+高品質フィードバック

更新日について

このページでは、プランの継続に関する重要事項を詳しく説明しています。このページをお読みいただくことで、プランの更新をスムーズに行うことができます。それでは、さっそく始めましょう。

 

 

更新日とは

お支払いいただいた日が更新日となります。たとえば、12月1日にお支払いいただいた場合、毎月1日が更新日となります。また、2ヶ月や3ヶ月ごとにお支払いをお選びいただいた方も、同様に2ヶ月後や3ヶ月後の更新日にお支払いいただくこととなります。

ただし、短期集中プランやプレミアムプランの場合は、毎週月曜日を基準にスタートするため、お支払い日と更新日が一致しない場合がございます。この点についてどうぞご理解いただけますようお願い申し上げます。

 

残りの日数を確認する方法

更新日の確認方法はチケット有効期限の残りの日数で確認することができます。詳細については、会員登録後、会員マイページのトップから簡単にご確認いただけます。

 

 

更新のタイミング

更新(お支払い)のタイミングは、チケットの有効期限が切れる前に、お支払いをお済ませいただくようお願い申し上げます。

 

 

更新日の変更

原則として、更新日は変更されません。この方針は、チケットの有効期限内にご購入いただいたチケットを有効に活用いただくためです。

 

 

更新日と有効期限の違い

更新日は、一度だけリフレッシュされる日で、有効期限は現在お持ちのチケットが最後にご利用いただける日です。たとえば、更新日が3日目の場合、有効期限は2日目となります。

 

 

更新日に支払いができなかった場合

更新日を過ぎてもお支払いが完了されていない場合、更新日以降のレッスンの予約がシステム上でできなくなることをご了承ください。

銀行振込が対象となります。PayPal決済は自動更新なので更新日が遅れることはございません。

 

 

遅れて更新した場合の有効期限

遅れて更新した場合の有効期限について説明いたします。遅れた分の日数を差し引いた期間が有効期限となります。例えば、更新日が「1日」遅れて5日にお支払いいただいた場合、(30 – 4) = 26日間が有効期限となります。つまり、遅れた分を差し引いた期間が新たな有効期限となります。更新日の延長はできかねますので、どうぞご了承ください。

 

 

更新日から1ヶ月経過してご継続の意思がない場合

更新日から1ヶ月が経過しても、更新手続きが行われない場合、アカウントが退会扱いとなり、共有ファイルや登録アカウントの利用が制限されます。この点をご了承ください。もし休会を希望される場合は、更新日の前に休会申請ページからご連絡いただけますようお願い申し上げます。

 

 

レッスンチケットを消化できなかった場合

更新日までに使用しなかったレッスンチケットは、特別な理由(急な体調不良や短期出張などを除く)を除いて、自動的に失効します。もし特別な理由により、期限内にレッスンチケットを使用できない場合は、繰越申請ページからご連絡いただけます。どうぞお気軽にお知らせください。

 

 

繰越チケットの有効期限

繰越チケットの有効期限は、次回の更新日の前日までとなります。もし再度繰り越しをご希望の場合は、繰越申請ページからお気軽にお問い合わせください。

 

 

短期集中プランの有効期限

短期集中プラン(50日から6ヶ月まで)の場合、急な出張や病気などの理由でレッスンを予定通り進められない場合、最大で1ヶ月の延長が可能です。延長については、最終月に予約担当者から、残りのチケットを基にして期間の延長を調整いたします。

1ヶ月の延長期間を過ぎた場合、残っているレッスンチケットは自然に無効となりますので、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

 

 

プラン変更した場合の更新日

プランを変更する場合、ご利用プランの更新日とは異なる日になることがあります。新しいプランの料金が確認できる日が、新たな更新日となります。具体的には、お支払いが確認された日が、新しいプランの更新日となります。

例えば、元々のプランの更新日が8日であるとしましょう。プランを変更して、新しい料金プランのお支払いが9日に確認された場合、新しい更新日は9日に変更されます。

同様に、途中でプランを変更する場合(例えば、有効期限の14日前など)、新しい料金プランのお支払いが確認された日が新たな更新日となります。