他社との比較

このページでは大手格安オンライン英会話スクールとジム系スクールとの比較そして弊社の強みをご説明しています。このページを読めばあなたが求めるスクールなのかがわかるようになります。それでは、まいりましょう。

 

 

RYO英会話ジムの強みとは?

強み
  1. 業界トップのアウトプット
  2. 生徒様の発言内容の見える化 & 添削
  3. コンサルタントと目標達成まで一緒に伴走
  4. フィリピンなまりのない質の高い講師

 

 

コーチングスクールとの比較

 RYO英会話ジムA社(短期集中型スクール)P社(短期集中型スクール)
入学金なし50,000円50,000円
受講期間3ヶ月2ヶ月3ヶ月
受講料(税込)167,090円(月払いあり)354,240円(月払いあり)661,440円(月払いあり)
保障制度ご利用いただいてない月のご受講料は全額返金可能。さらに設定したレベルに到達しなかった場合はコーチング無償提供開始後30日以内は全額返金可能開始後30日以内は全額返金可能
カリキュラムプロのカウンセラーによる現状のレベルを考慮したカリキュラム設計(レベルが上がると調整)AIを活用したカリキュラム設計個別オーダーメイドのカリキュラム設計
レッスンスタイル合計60時間のアウトプットと添削とフィードバック、宿題と音読トレーニングも含めると80時間程度のアウトプット合計28時間のアウトプットと添削とフィードバックと宿題大手オンラインスクールの英会話レッスン1日25分をやりつつ自己学習が1日2〜3時間(シャドーイングやディクテーション)
カウンリセング回数3回10回12回

業界ぶっちぎりのアウトプット

短期集中型のジム系スクール大手で有名な2社と比較しました。レッスンで話すことに重点をおいた場合、圧倒的に弊社RYO英会話ジムの短期集中プランが合計80時間のアウトプット(6ヶ月短期集中だと102時間)で圧倒的なアウトプット量です。さらに業界最安値です。6ヶ月短期集中プランをとっても他社の2ヶ月および3ヶ月プランより値段はお安くなっています。

アウトプット量を圧倒的にする理由には、英語力はアウトプット量が多ければ多いほど成長する確率が上がるからです。さらに改善まで持っていけるかもとても重要です。他社Pに関しては基本的に自己学習がメインというところが大きな違いですが、スピーキング力をアップするには自己学習ではなくやはり実践でどれだけ経験を積むかが最も大事になってきます。

 

 

コーチング業界最安値な理由

弊社の値段を一番リーゾナルにしている理由は、幅広い層(20代前半〜60代後半あたり)の方に世界で「使える英語」を身につけてもらいたいためです。また広告宣伝などは行わず、お客様との信頼構築を最大重視して自社のコンテンツでマーケティングしているので、マーケティング費用を大幅に抑えることができています。

だから他社より圧倒的に値段設定を低く設定することが可能になっています。さらにスタッフそれぞれがホームベース(work form homeスタイル)で仕事をすることで講師用オフィスの経費を削減しています。その結果、パフォーマンス以上のお金を払う必要はなくなり、またその分講師の給与を高く設定することでトップレベルの講師獲得を可能にしています。まさにWin-Winな関係を構築しています。

 

 

格安オンラインスクールと比較

項目RYO英会話ジムR社D社
最低価格月5,280円から(月4回25分プラン)月4,620円から(月8回25分プラン)月6,480円から(毎日25分プラン)
無料オリジナル教材あり(話すことに重点を置いたトレーニング)あり(教材の読み合わせスタイル)あり(教材の読み合わせスタイル)
発言内容の見える化ありなしなし
発言内容の添削とフィードバックありなしなし
パーソナルコーチング(カリキュラム、スピーキングテスト、進捗レポート含む)あり(月額プラン及び短期集中プラン、長期プランで利用可能)あり(月額プランのみ利用可能)なし
講師フィリピン人、日本人講師フィリピン人講師134カ国の講師(日本人、フィリピン人、アメリカ人含む)
予約・キャンセル予約は開始1時間前まで、キャンセルは30分前まで予約は開始5分前まで、キャンセルは30分前まで予約は15分前まで、キャンセルは30分前まで

一般的な大手オンラインスクールは実践的な会話というよりその前段階にあたるインプット重視の「勉強」をするのに対して当スクールはアウトプット重視の「話すトレーンング」をするのが大きな特徴となります。つまり英会話スクールというカテゴリーは同じですが、まったく異なるアプローチをしています。

 

 

格安オンラインスクールのデメリット

ダイジェスト
  1. マニュアル通りのレッスンでつまらない
  2. 講師の当たり外れがある
  3. よい講師のレッスンは取りにくい
  4. レッスン中に誰かとチャットしている
  5. 離職率が高い

マニュアル通りのレッスンでつまらない

基本的には教材に沿ってやっていくレッスンになりますが、すべて講師マニュアルというのが存在します。講師の経験がなくても英語が話せれば教えることができるシステムになっています。ただそれが影響で力量のない講師はただ棒読みになってしまい非常に面白みのないレッスンになってしまいます。

 

 

講師の当たり外れがある

たくさんの講師を採用しているのでもちろん講師にも当たり外れがあります。よい講師に当たればラッキーですがほとんどの講師がパートでやっている方が多いのでプロフェッショナルな講師を見つけるのはなかなか大変です。

 

 

よい講師のレッスンは取りにくい

先ほど述べたことと関連しますが、講師の当たり外れがある分生徒さんはよい講師を探すことで必死になります。それが影響してよい先生だなと思った講師はだいたい予約がすぐに埋まってしまいなかなかよい講師でレッスンを受けるのが難しいといったことがよくあります。

 

 

レッスン中に誰かとチャットしている

講師はマニュアルに沿って英語を教えていくので、正直な話をするとレッスン中に誰かとチャットしていることもあります。実際に以前某大手オンラインスクールに勤めていたときによくいただいたクレームです。この辺りもパートでやっていることや、安い給料であることも講師の情熱に影響してくるのではないでしょうか。

 

 

離職率が高い

良い講師はやはりもっとよい給料を出してもらうところへ行くのでこの前いいなと思った講師の予約一覧表をみて見るとレッスンをまったくオープンしていなかったりもう、その講師のページが削除されているなんてこともたまにあります。給与が高ければ別ですが、大手の格安スクールでは基本的に30分約100円ほどの値段で雇っているので、パート感覚でやっている講師が多く、よい講師はなかなか長続きしないのが現状です。