【超簡単】”until”と”by”の違いとその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は【超簡単】”until”と”by”の違いとその使い方についてお話します。この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。それではまいりましょう。

 

 

まずは会話を聞いてみよう

リョウ
Can you return the DVD by Friday?
金曜日までにそのDVD返してくれる?
ナオミ
Yes, I will.
うん、そうするよ。

 

 

 

マイク
Is the drugstore open at this time?
この時間に薬局って開いてる?
ロバート
Yes, they’re open until/till 11 p.m.
うん、11時まで開いてるよ。

 

 

 

“by”と”until/till”の違い

“by”や”until/till”は、友人や同僚などに期限や動作や状態が続く期間を表したいときに使える便利な前置詞です。

前置詞by「~までに」は動作や行為の完了の期限を表すのに対して、前置詞until/till「~まで」は継続した状態の終点を表します。“by”を使ってBが返却するまでの期限を伝えいるのに対して、例2ではuntilを使って、11時(終点地)まで開いている状態(継続している状態)を表しています。

頭ではわかっているけど、間違えてしまうかもしれませんが、何度も口に出しているうちに自然と使い分けられるようなってきます。間違えやすいところ(何度も間違えました笑)ですが、意識して使い分けましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が【超簡単】”until”と”by”の違いとその使い方でした。それでは、また会いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出