他社との比較

こんにちは、リョウです。

この度は、数あるオンラインスクールの中から、弊社のオンラインレッスンにご興味いただきありがとうございます。

RYO英会話のレッスンをご受講するにあたって、実践で通用する英語という観点で、他社のオンライン英会話スクールとの違いを知っていただきたいと思います。

また多くの既存のオンライン英会話で行なっている教え方が、実は効率的な英語上達に結びつきにくい理由についてもお話します。

そして最後にRYO英会話ジムのレッスンが実践で使える英語と関係しているのかお伝えします。

それでは、まいりましょう。

 

 

既存のオンライン英会話が足りていないところ

1:「なんとなく話せている」で終わってしまう

今、たくさんのオンライン英会話が存在し手軽な値段で英語が話せる時代になりました。

しかし留学、ワーホリ、海外勤務で10年以上英語を話してきた僕にとっては、今のオンラインスクールはまだ実践とはほど遠いやり方になっています。

講師と教材の読み合わが中心ですが、例えば穴埋めをしたり、英作文したり、という感じで答えを探す作業をするのが一般的なレッスンです。

単刀直入に言うと、僕は既存のオンライン英会話のサービスは英語を話す抵抗力を無くし、なんとなく話せるレベルで留まっており実践で使える英語とはほど遠いかと思っています。

ここでいう「話せる」とは、相手がどんな外国人であっても、間違えに恐れずに自然なコミュニケーションをして関係構築ができる能力、つまり、実践の場面で使える英語のことを言います。

これは批判ではなくて、留学、ワーホリ、海外勤務で10年以上英語を話してきた僕が事実そうだと思っています。

私たち日本人には今後この「実践で使える英語」が求められています。

そこに早く危機感を感じて動けない人はどんどんグローバル社会から遅れをとることになります

だからといって焦ってやる必要はありませんのでご安心をください。

日本だと仕事で英語を使うならまだしも、ほとんど英語を話す必要性は感じません。

さらに今後こういった日本の状況はすぐに変わることはなさそうですが英語を話す機会が増えていくのは間違いありません。

しかし海外に一歩出ればサバイバルです。

英語圏では話せて当たり前のところから会話が始まり、そして第2言語として英語を使う国ではわかりやすく瞬発力のある実用的な英語が求められます。

なのでこれから海外で英語を使う目的があったり、日本で英語を使う場面が多い方はなんとなく話せているでは実践の場で通用しないことをまずご理解ください。

 

 

2: 解答を探すレッスン

現在の多くのスクールが教材の読み合わせ中心のレッスン形式ですが、実はこれは学校でやったような卓上の勉強のやり方と同じだと思っています。

つまりインプット(まず勉強)してアウトプット(使う)の流れですね。

英会話初心者の方には効果的なのですが、それをずっとやったとしても本当の意味で使える英語は身につきません。

ただ多くの日本人が最低でも6年間は英語を学んできているので、少なくとも中学英語の知識はすでにおぼろげながらもあると思います。

思い出してみると中学、高校でやった卓上の勉強は教材を使って答えを埋めていく作業です。

「まず新しい知識を入れてそれを覚える」というものですが、いい点数を取るための方法としては素晴らしいやり方です。

そして多くのオンライン英会話で行っていることも先ほど言ったように、教材にそって穴埋め問題など、答えを探していくレッスンです。

なんか似ていませんか?

テストでいい点を取るために、英語の勉強はもうしていないはずです。

実践の場で使える英語を身につけて目標や夢を叶えるために英語をしているはずです。

そのあたりを区別してある程度知識が着いたら使える英語を身につけることにフォーカスしないといけないのです。

 

 

3: 正しく自然な英語が話せるようにならない

残念ながら多くのスカイプ英会話では、講師が指摘してくれないので英語的に自然な表現を話せているのか、また正しい英語で話せているのかわらないのが現状です。

しっかりと指摘してくれる講師はもちろんいますがそれはほんの人握りの人たちです。

そういう人たちは、人気講師なので予約するのが難しい場合が少なくありません。

英語を話す抵抗感や話せている感じにはなれますが、残念ながらそこから先がない状態です。

 

 

RYO英会話ジムの完全実践型&添削レッスン

1: 非効率的なインプットからアウトプットの罠

僕の場合で言うと、親は英語の先生で、小学校から親から英語を学び、大学まで英語学習を続けました。そして、トイックもある程度の点数を取りました。

それでも、海外に行って、外国人となかなかスムーズに話せませんでした。

まず、何も用意されていない状況下で、英語を話すというところ自体、慣れていないですし、間違えるのが怖いし、何を話していいかもわかりません。

なぜでしょうか。今思うと、

それは、インプットからアウトプット式のやり方が体に染みつきすぎたせいです。

先ほどお伝えしましたが、インプットからアウトプットとは、中学や高校でやった卓上の勉強のことを言います。

用意されたものの中から、新しい知識を入れて、覚える、です。

いつも教材が目の前にあり、用意された内容を、話して、解答を探していく作業です。

間違えるのがダメと言われているようなものです。

実践の会話には、用意された内容や、これが間違えや正解というのはありません。

でも、我々日本人は、その作業が当たり前になりすぎているので、間違えたくないという心理が無意識に働きすぎてしまったり、何も用意されていないので戸惑ってしまうのです。

そこが、我々日本人が全体として、いっこうに英語を話せるようになれない最大の理由だと、認識しています。

 

 

2: インプットからのアウトプット方式がなぜダメ?

なぜインプットからアウトプット方式がダメなのか?、と感じた方いらっしゃると思います。

ダメとは言いませんが、実践的な英語を身に着ける上では、非効率的です

英会話を学びにきている多くの方は、テストでいい点を取るためではないと思います。

ビジネスの場で、外国人と問題なく意思疎通をしたり、間違いに恐ることなく自信を持って、色んなことについて話してみたり、海外旅行に行って、英語を通じてたくさんの友達を作ったり、学ぶ理由は様々です。

では、なぜ非効率的なのでしょうか。

次に聞く質問に答えてみてください。

実際の会話で、正解を探しに行く作業をしますか?

実際の会話で、用意された会話のスクリプトを追って読んでいきますか?

実際の会話で、これから話す内容ででてくる表現や、単語の意味を事前に教えてくれますか?

いかがでしたでしょうか。

すべて、”No”ではないでしょうか。

あなたが毎日レッスンでやっていることは、実際の会話で起こることとはまったく別のことをしているのに、気づいてほしいです。

つまり、実践英語で通用しない勉強を日々しているということです。

 

 

RYO英会話ジムにしかない5つのコンセプト

1:逆発想で攻めるアウトプットからインプット式

では、どうすれば、英語が話せるようになるのでしょうか?

答えは、シンプルです。とにかく実践的なレッスンをやりまくるのです。

今までのインプットからアウトプットではなく、逆の発想で考えてみましょう。

アウトプットからインプット方式です。

すこし具体的に言うと、まず積極的に発話して、学んでいく、というフローです。どんなレッスンが可能かというと、与えられたお題やシチュエーションに対して、早速話してもらいます。

だから、教材がないんです

こちらが提供するのは、テーマやシチュエーションだけ。

間違えて当たり前、知っている単語や表現を絞りだす作業です。これがアウトプットです。

「何もなしで話すなんて無理。難しいよ。」と思いませんでしたか?

確かに、慣れるまで、難しいです。

でも、その抵抗感や不安、恐怖と向き合わない限り、実践で通用する英語を話すことは、残念ながらできません

下記2点を乗り越えて初めて、使える英語へ一歩近づきます。

  1. 何もなしの状態で英語を話す抵抗感を限りなく減らすこと
  2. 間違えることへの抵抗感や恐怖を限りになく減らすこと

この2つです。

 

ここを乗り越えれば、実践の会話でも、英語を話す自信が少しずつついてきます。

最後に、実践の会話でも、しっかりと通用する英語にするために、発言した内容をすべて、タイピングで文字化して、添削して、そしてフィードバックをします

間違えた箇所や不自然な箇所がすべて丸見えになります。

ここで正しい英語や自然な表現に校正していきます。

その後は、講師からそれらの箇所に関してのフィードバックをして、正しい知識を入れていきます。

これがインプットの部分です。

この一連の流れをアウトプットからのインプット方式と呼んでいます。

 

 

2: レッスンは、出来ていないところに気づく場所

英語をうまく上達させるには、とにかくたくさん間違えて、改善していくことです

これが実践英語を身につけるためのもっとも王道なやり方です。

今の日本の英語教育と反対のことをしていくイメージです。

逆に言えば、間違えないとなかなか上達はしません。

なので、間違えることへの思考を変える必要があります。

「間違えること」を肯定していくのです。

間違いは失敗ではありません。

むしろ、間違えることは、成功へ近づくための一歩を踏んだのと同じことです。

初めから間違えないで、英語を話すなんてよっぽど天才的な能力の持ち主以外、不可能です。

だから、間違えは良いことなんだと肯定していきましょう。

僕は、8年以上英語を話してきて、うまく話せるようになるまで、何千回とミスをしてきました。

そして、そのトライ&エラーをしてきたからこそ、今こうしてスムーズに、ほとんど文法のミスなく、自然な英語で話せるようになったのです。

あなたも、そうなってみませんか。

僕は色々な英語学習方法を試したので、効率的な方法を気づくまで時間がかかりました。

しかし、あなたはすでにもっとも効率のよい英語学習法で学ぶことになるので、目指すレベルまで最短3ヶ月である程度流暢に話せるようになります。

こちらについてさらにご興味があれば、無料コンサルテーションでご相談させていただきます。

RYO英会話ジムのレッスンでは、もちろん新しいものを学ぶ場所でもありますが、

基本的には自分ができていないところに気付く場所です。

また別の言い方で言うと、どんどんアウトプットして間違えに気づく場所です。

それが、他のオンラインスクールとの決定的な違いになります。

英語を上手に伸ばすには、レッスンまたは自習で知識をインプットするだけではダメです。

インプットしても、それを使いこなせないと、話せるようにはなりません。

ちょうど自転車の乗り方と同じで、乗り方を知識レベルで理解したとしても、その後すぐに自転車に乗れるようにはならないのと同じです。

では何が必要なのでしょうか?

アウトプットをたくさんできて、効率良くたくさん間違えて、改善していける環境を作ること

それが上達の大きなカギとなります。

 

 

3: 圧倒的な「インプット&アウトプット」で定着

あとは、正しい英語をインプットして同時にアウトプットで定着させるだけです。

この作業が、実は一番大事になります

なぜなら、そうしないと正しい形で、スムーズに話せるようにはならないからです。

具体的にどうするかと言うと、

1でも述べましたが、講師に間違えた箇所や不自然な箇所を指摘してもらって、正しい形を、音読によって口に定着させます。

そして、さらに自己学習で音読、つまり「インプット&アウトプット」することで、どんどん自然で正しい英語が身についていきます。

この「音読」がカギになります。

もちろんレッスンで、講師と一緒に、添削した文章を一緒に読みますが、それだけでは足りません。

音読は、レッスン以外でもやってもらいます。ただそんなに時間を投資するものではなく、1日のうち5分程度でいいでしょう。

それを習慣化することができるかが、ポイントです。

 

 

4: 前のレッスンをもう一度復習して、さらに定着

「音読」が大事と言いましたが、なぜ大事かというと、音読をして、口からスムーズに出るまで馴染ませてほしいんです。

そうしないと、英語がスムーズに口からでてきません。

それは、自転車の練習からもわかる通り、何度も乗る練習をして、体に動きが染み着き、楽々乗れるようになります。

英語もそれと同じで、何度も音読して、口に馴染ませていくことで、いつのまにか、自然とらくらく口から英語がでてくるようになります。

これが、実践で通用する英語教育です。

 

 

5: PDCAサイクルを活用したレッスン

最後になりました。最後は、まとめになりますが、コンセプト1〜3の一連の流れは、PDCAのサイクルです。

PDCAとは、計画(Plan)→実行(Do)→評価(Check)→改善(Act)です。

これは、品質管理をする上で、大切なサイクルとして、よく知られています。

そして、このサイクルは世界の多くのビジネスマンたちがお手本としている手法でもあります。

このサイクルを、RYO英会話のレッスンでも取り入れています。それをすることで、確実に英語が話せるようになっていくのです。

計画は、テーマに対して言いたいことを瞬時に考えること

実行は、考えた内容を話すこと

評価は、講師があなたの発言を添削すること

改善は、添削した内容を口に馴染ませて、再度レッスンでスピーチすること

このサイクルを回して、確実に成長の実感を感じ取れるようにしてもらいます。

読むだけでは、実感が湧かないと思うので、是非無料体験レッスンを受けてみてください。

 

 


 

以上が、他のオンラインスクールとRYO英会話ジムの違いです。

それでは、レッスンでお会いできるのを楽しみにしています。See you around!