他社との比較

このページでは、世界で通用する英語という観点で他社のオンライン英会話スクールとの違いをご説明しています。

この記事を読めば、RYO英会話の強みがわかります。

それでは、まいりましょう。

 

 

短期集中型ジム系スクールとの比較表

 RYO英会話ジム他社A(ジム系の短期集中型スクール)他社P(ジム系の短期集中型スクール)
入学金なし50,000円50,000円
受講期間3ヶ月2ヶ月3ヶ月
受講料(税込)134,460円(月払いあり)354,240円(月払いあり)661,440円(月払いあり)
返金保障✖️(ただしレベルに到達しなかった場合は到達するまで無料提供)◉(開始後30日以内)◉(開始後30日以内)
カリキュラム◉(現状のレベルを考慮したカリキュラム設計)◉(AIを活用したカリキュラム設計)◉(個別オーダーメイドのカリキュラム設計)
レッスンスタイル合計60時間のアウトプットと添削とフィードバック、それ以外に宿題と復習として音読トレーニング合計28時間のアウトプットと添削とフィードバックと宿題大手オンラインスクールの英会話レッスン1日25分をやりつつ自己学習が1日2〜3時間(シャドーイングやディクテーション)
カウンリセング回数3回(最速で進化する12ステップ指導で課題と目標が明確)10回12回

短期集中型のジム系スクール大手2社と比較しました。レッスンで話すことに重点をおいた場合、圧倒的に弊社RYO英会話ジムがぶっちぎりでトップです。

また他社Pに関しては、基本的に自己学習がメインというところが大きな違いです。

他社が高所得者層向けをターゲットにしているのに対して、弊社の値段を一番リーゾナルにしている理由は、幅広い層(20代前半〜60代辺り)の方に世界で「使える英語」を身につけてもらいたいためです。

 

 

大手オンライン英会話スクールの足りないところ

1.実践で使える英語には到達しにくい

今たくさんのオンライン英会話が存在していて格安の値段で英語が勉強できる時代になりました。

そしてたくさんの日常やビジネスで使われる自然な英語を学ぶことができ国内でも英語を話せるチャンスは広がっています。

ただ既存オンライン英会話のサービスは、実践で使えるほどの英語力を手に入れることはできません。

なぜなら「話すことを学ぶ」のであって「話すトレーニング」はしないからです。

たくさんカリキュラムを修了したけどいざ会議で英語を話す場面になった際、パニックになって全然思い通りに話せなかったというのはこの業界にいるとよく聞く話です。

先ほどもお伝えしたようにそれは「話すトレーニング」をしていないからです。

英語業界でオンライン英会話やオフライン英会話での勤務を7年以上経験して思ったのが、既存の英会話スクールだと普通に頑張っても「なんとなく話せるレベル」が最高値でしょう。

 

 

2. 学校でやってきた読み合わせのレッスン

現在の多くのスクールが教材の読み合わせ中心のレッスン形式ですが、実はこれは学校でやったような卓上の勉強のやり方と実は同じです。

つまりインプット(まず勉強)して少しアウトプット(使う)するという流れです。

英会話初心者の方には効果的ですが、それをずっとやっていても使える英語は身につかないでしょう。

なぜならそれは頭で学んでいるのであって、体で学んでいないからです。

教材を使って答えを埋めていく作業はちょうど英会話の知識をどんどん入れてそれを暗記して、テスト形式のように答えを埋めていくのと同じです。

使える英語を身につけて最終的に人生を良い方向へ、また目標や夢を叶えるためには違ったアプローチをする必要があります。

 

 

3. ブロークン英語で終わる

残念ながらほとんどのオンライン英会話スクールでは講師が生徒の発言内容を指摘することはほとんどないので個人でよっぽど積極的に意識して改善していかない限りブロークン英語(文法がめちゃくちゃな英語)になってしまい、残念な英語力で終わってしまいます。

また後でブロークン英語を直そうと思っても綺麗な英語にするのは思った以上に大変です。

なんぜなら口に染み付いているのでなかなか口が言うことを聞きません。

さらに本場の英語圏に行ってブロークン英語を話していると学力が低く見られがちで劣等感すら感じる可能性は高いです。

結論として既存英会話スクールは、英語を話す抵抗感はある程度払拭できますが残念ながらそこから先の「キレイに自然に話す英語」や「グローバルで通用する英語」にはまだ到達できない仕組みになっています。

 

 

RYO英会話ジムの掲げる5つのコンセプト

1. 逆発想で攻めるアウトプットからのインプット

ではどうすれば実践で使える英語が話せるようになるのかですが、答えは実にシンプルです。

それは、とにかく口が疲れるほど徹底的にアプトプットをすることです。

今までやってきた教材の読み合わせ、つまりインプットからアウトプットではなく逆の発想でアウトプットからインプットで英語を習得する方法です。

なぜこのやり方がよいかというとまず流暢に話せるための原則であり、日本人の場合ある程度の英語知識がついているのでアウトプットにフォーカスしたレッスンのほうが効果的なのです。

具体的にどういったトレーニングになるかというと、まず積極的に話してたくさん間違えてそこから学び改善していくというアプローチ方法です。

教材がないので何を話していいかわからずパニックになる可能性はありますが、ある程度知識があればむしろそういった実践で話す免疫をつけないと一向に上達はしていきません。

使える英語に近くための2ステップ

下記2点を乗り越えて初めて使える英語へ一歩近づきます。

  1. 何もなしの状態で英語を話す抵抗感を限りなく減らすこと
  2. 間違えることへの抵抗感や恐怖を限りになく減らすこと

 

 

2. レッスンは出来ていないところに気づく時間

英語をうまく上達させるには、とにかくたくさん間違えて、改善していくことです

これが実践英語を身につけるためのもっとも王道なやり方で今の日本の英語教育と反対のことをしていくイメージですね。

別の言い方をすると、間違えることを正解とする学習方法です。

なので、間違えることへの思考を変え「間違えること」を肯定していき間違いを失敗としません。

むしろ、間違えることは成功へ近づくための一歩を踏んだのと同じことです。

初めから間違えないで英語を話すなんてよっぽど天才的な能力の持ち主以外不可能です。

だから間違えは良いことなんだと肯定していきましょう。

僕は、8年以上英語を話してきて、帰国子女以上の話せる自信がありますが、それも今まで何千回とミスをしてきたからです。

あなたも、そうなってみませんか。

僕は色々な英語学習方法を試したので、効率的な方法を気づくまで時間がかかりましたが、あなたはすでにもっとも効率のよい英語学習法で学ぶことになるので、目指すレベルまで最短3ヶ月である程度流暢に話せるようになります。

英語を上手に伸ばすには、レッスンまたは自習で知識をインプットするだけではダメです。

インプットしても、それを使いこなせないと、話せるようにはなりません。

ちょうど自転車の乗り方と同じで、乗り方を知識レベルで理解したとしても、その後すぐに自転車に乗れるようにはならないのと同じです。

必要なのはアウトプットをとにかくしてたくさん間違えて、改善していける環境を作ること

それが上達の大きなカギとなります。

 

 

3. 圧倒的な「アウトプットからのインプット」

あとは、正しい英語をインプットして同時にアウトプットで定着させるだけです。

この作業が、実は一番大事になります

なぜなら、そうしないと正しい形でスムーズに話せるようにはならないからです。

具体的にどうするかと言うと、1でも述べましたが、講師に間違えた箇所や不自然な箇所を指摘してもらって、正しい形を音読によって口に定着させて、どんどんできていないところ潰していくイメージです。

 

 

4. もう一度復習して口に覚えさせる

そして、さらに自己学習で音読をすることで、口にどんどん自然で正しい英語が身についていきます。

この「音読」がカギになります。

もちろんレッスンで、講師と一緒に、添削した文章を一緒に読みますがそれだけでは足りません。

音読はレッスン以外でもやってもらいますが、1日のうち5分程度でいいでしょう。

それを習慣化することができるかがポイントです。

これが、実践で通用する英語教育です。

 

 

5. PDCAサイクルを回すレッスンフロー

最後はまとめになりますが、コンセプト1〜3の一連の流れはちょうどPDCAサイクルと同じです。

PDCAとは計画(Plan)→実行(Do)→評価(Check)→改善(Act)でこれは品質管理をする上で大切なサイクルとしてよく知られていて世界の多くのビジネスマンたちがお手本としている手法でもあります。

このサイクルをRYO英会話のレッスンでも取り入れているので確実に英語が話せるようになっていくのです。

RYO英会話のPDCAサイクル
  • 【計画】テーマに対して言いたいことを瞬時に考える
  • 【実行】考えた内容を話す
  • 【評価】講師があなたの発言を添削しフィードバックする
  • 【改善】添削した内容を口に馴染ませて再度レッスンでスピーチする

 

 


 

以上が、他のオンラインスクールとRYO英会話ジムの違いです。

それでは、レッスンでお会いできるのを楽しみにしています。

See you around!