実践コース

ここでは、RYO英会話教室の実践コースについて説明しています。

大きな目標を持ちながら、短期目標を考えてみてください。

その上で、まずはもっともあなたのレベルに最適なコースを選びましょう。

もし、どのコースを選べばいいかわからない方は、コンサルテーションにてご相談させていただきます。

いつでもお気軽にご連絡ください。

それでは、ひとつずつまいりましょう。

 

 

 

コース1. 旅行や日常、ビジネスで基本的な会話ができる

コースの難易度:

1-1. 旅行英会話力の強化

僕が様々な国に旅行をしてわかった、海外旅行での定番シーンをご紹介しています。

海外旅行で不自由なく英語を使いこなせるようになりたいという方は、この実践トレーニングをしましょう。

 

<メニュー>

  • 場所を尋ねる
  • タクシーで
  • 電車・地下鉄で
  • バスで
  • 飛行機で
  • 空港のチェックイン&出国
  • ホテルのフロント
  • 部屋で
  • スーパーで
  • お土産屋さんで
  • レストランで
  • 観光地で
  • 銀行・両替所で

 

 

1-2. 日常英会話力の強化

海外(オーストラリア、フィリピン)にトータルで9年住んで、経験した日常でのやりとりをする上で欠かせないシーンをご紹介します。

また、様々な書籍を読んで得た必要だと思ったシーンも入っています。

日常会話で、不自由なく話せるようになりたい方は、この実践トレーニングをしましょう。

 

<メニュー>

  • あいさつ
  • 会話の間をつなぐ
  • 感情を表現する
  • 気持ちを伝える
  • 美容院・ジム
  • 外食
  • 飲み会
  • カラオケ
  • 招待
  • 訪問
  • パーティー
  • 趣味・娯楽
  • 付き合う・恋愛
  • 友人や同僚との会話

 

 

1-3. ビジネス英会話力の強化

海外にトータルで7年間働いて、ビジネスの場で欠かせないシーンと、また様々なビジネス英会話の書籍を読んで必要だと感じたシーンも集めました。

 

<メニュー>

  • 朝のあいさつ
  • 上司との会話
  • 仕事を進める
  • お礼とおわび
  • 上司や同僚と交流する
  • 会議
  • 電話を受ける
  • 電話をかける
  • お客様を迎える
  • お客様を訪問する
  • 帰る

 

 

コース2. 自信を持って積極的に話せる

コースの難易度:

2-1. 瞬発力の強化

相手から聞かれた質問や言いたいことを瞬時にスムーズに話せるトレーニングをしましょう。

 

<トレーニングメニュー>

  • 瞬間英作文
  • アスキングクエッション
  • アンサリングクエッション
  • フォトスピーチ
  • パターンプラクティス

 

 

2-2. 発想力、表現力の強化

どんな状況であっても、伝えるのに必要な情報を瞬時に引き出し、的確に伝えるトレーニングをしましょう。

 

<トレーニングメニュー>

  • ボキャブラリーウェブ
  • ゲッシングザワード
  • フォトスピーチ
  • フォトストーリー
  • フォーカスWH
  • フレーズでスピーチ
  • ストーリーシェア

 

 

コース3.良い関係を保って自己主張ができる

コースの難易度:

3-1. 倫理力の強化

瞬発力や表現力ができるようになったら、次は自分の言いたいことを具体的にわかりやすく伝えるトレーニングをしましょう。

 

<トレーニングメニュー>

  • フォーカスWH
  • フォトリーゾングエクササイズ
  • リーゾニングエクササイズ
  • ショートスピーチ
  • ロングスピーチ
  • フレーズでスピーチ

 

 

3-2. 自己主張力の強化

倫理力で具体的にわかりやすく伝えられるようになったら、対話形式で、自分の意見をうまく伝えるトレーニングをしましょう。

 

<トレーニングメニュー>

  • クリティカルリーゾニング
  • ディスカッション
  • ディベート

 

 

3-3. 聞く力の強化

相手から情報を効果的に聞き出したり、深堀をして、相手を理解しながらスムーズなコミュニケーションするトレーニングをしましょう。

 

<トレーニングメニュー>

  • アスキングクエッション
  • サジェッションバイクエッション

 

 

コース4. ビジネスで成果をあげるコミュニケーションができる

コースの難易度:

4-1. 部下指導力の強化

どのような相手であっても、タイプに合わせてコミュニケーションができ、相手の行動を変化させる伝達やフィードバックのトレーニングをします。

 

<トレーニングメニュー>

  • フィードバック

 

 

4-2. 心を動かす力の強化

どのような相手や場面であって、相手を心から動かすストーリーの伝達方法をトレーニングしましょう。

 

<トレーニングメニュー>

  • ストーリーテリング

 

 

4-3. 会議力の強化

5種類の会議をベースに、場面に応じて積極的に効果的なコミュニケーションするトレーニングをしましょう。

 

<トレーニングメニュー>

  • ミーティング

 

 

4-4. ファシリテーション力の強化

状況の整理と目標と合わせて、全体の理解を最大限行って大きな成果を出すトレーニングをしましょう。

 

<トレーニングメニュー>

  • ファシリテーション

 

 

4-5. ネゴシエーション力の強化

相手と意見が対立する状況であっても、付加価値を生み出すWin-Win関係を作るトレーニングをしましょう。

 

<トレーニングメニュー>

  • ネゴシエーション

 

 

4-6. プレゼンテーション力の強化

「思い」と「根拠」、そして「共感」をベースに効果的なプレゼンテーションをするトレーニングをしましょう。

 

<トレーニングメニュー>

  • プレゼンテーション

 

 

コース5. キレイな発音で話せる

コースの難易度:

5-1. 発音(母音、子音)強化

すべての母音と子音を正しく発音するトレーニングをしましょう。

全部で20ユニットあります。

 

 

5-2. リエゾン、リズム強化

正しい音で発音できるようになったら、次はネイティブのように発音するトレーニングをしましょう。

 

<トレーニングメニュー>

  • コピーザリズム
  • リエゾン

 

 

コース6. 短文でも長文でもスラスラ聞き取れる

コースの難易度:

6-1. 短文の聞き取り力強化

綺麗な発音方法について学んだあとは、スムーズに短文を聞き取るトレーニングをしましょう。

 

<トレーニングメニュー>

  • シャドーイング
  • ディクテーション

 

 

6-2. 長文の聞き取り力強化

短文の聞き取りがスムーズにできるようになったら、長文を聞いて概要と詳細を理解するトレーニングをしましょう。

 

<トレーニングメニュー>

  • リスニングコンプリヘンション