足を引っ張る!?”pull one’s leg”の意味と使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。今日はアメリカでよく使われるイディオム”pull one’s leg”を紹介します。この記事を読めばさらにネイティブらしい表現ができるようになります。それでは、まいりましょう。

 

 

まずは会話を聞いてみよう

それでは、二人の会話をまずは見てみましょう。

ナオミ
Look, I bought this Lamborghini.
見て、このランボルギーニ買ったんだ。
リョウ
Are you pulling my leg? Did you really buy it on your own?
からかってんの?本当に自分で買ったの?

 

 

 

“pull one’s leg”の意味は?

“pull one’s leg”は「〜をからかう」という意味です。そのまま訳すと「〜の足を引っ張る」という意味になりますがこの表現はイディオムなので、それとはまったく違う意味になります。

カジュアルな表現なので場をわきまえて使いましょう。また基本的には現在進行形で使われることが多いです。

 

 

日本語の「足を引っ張る」は英語で?

日本語では、仲間の成功や勝利を邪魔するときに「同僚の足を引っ張る」というように使うかと思います。ただ、言ったように”pull one’s leg”は、日本語の「足を引っ張る」という意味にはなりません。

 

 

“cause trouble for someone”「人の足を引っ張る」

日本語の「人の足を引っ張る」を使いたいときは、”cause trouble for someone”を使いましょう。”cause”は動詞で「〜を引き起こす」という意味です。「誰かに面倒を引き起こす」→「人の足を引っ張る」という風になります。

リョウ
You made a mistake again? What’s the point of causing trouble for our team?
またミスったの?チームの足を引っ張ってどうするの?
ナオミ
I’m sorry. It won’t happen again.
すみません。もう二度としません。

 

 

 

同じような表現2選

“You must be joking.”

“must”は助動詞ですが「〜すべきだ」と「〜にちがいない」という2つの意味があります。このフレーズの場合は、後者の推量を意味する「〜にちがいない」のほうです。意味は直訳すると「冗談にちがいない。」→「冗談でしょ。、嘘でしょ。」となります。”joking”の代わりに”kidding”を使ってもいいですよ。

マイク
I saw you talking with a pretty girl earlier. Who is she?
さっき君が可愛い子と話してたの見たよ。彼女誰?
リョウ
She’s my girlfriend.
彼女は俺の彼女だよ。
マイク
You must be joking, right?
冗談でしょ?

 

 

 

“kid someone”

「『冗談だよ。」を英語で言うと?』でも説明していますが、”kid”は、名詞で「子供」ですよね。子供はからかったり、いたずらが大好きです。だから”kid”は動詞で「(人を)からかう」という意味があります。こちらも基本的には、現在進行形で使います。

リョウ
Naomi told me that I look like Tom Cruse.
ナオミに俺がトムクルーズに似てるって言われたよ。
マイク
Are you kidding me? Maybe that’s not Tom Cruse but Tom Hanks.
冗談で言ってんの?だぶんそれトムクルーズじゃなくてトムハンクスだよ。

 

 

 

冗談に関連する記事

それでは最後に冗談に関連する記事をご紹介します。今後の英語学習にどうぞお役立てください。

”shut up”の意味とその2つの使い方

2020年6月23日

「冗談だよ」の英語とその類似表現4選

2016年6月29日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。いかがでしたか?「からかう」という表現だけでも、英語は色々ありますね。それでは、See you next time!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。