“out of”の意味と自然な6つの使い方【教科書には載ってません】

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”out of”の意味と自然な6つの使い方【教科書には載ってません】についてお話します。

この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. 動きを表す: “into”の反対の意味で使う

マイク
He took my wallet out of my pocket.
彼は僕のホケットから財布を取り出したんだ。

 

前置詞の”into”「〜の中へ」とは反対に「〜の外へ」という意味でよく使われます。

 

 

2. 場所を表す: “in”の反対の意味で使う

リョウ
Do you know where Mike is?
マイクがどこにいるか知ってる?
ナオミ
I think he’s out of the office now.
今事務所の外にいると思うよ。

 

場所を前置詞”in”「〜で」や「〜に」とは反対に「〜の外で」や「〜の外に」という意味で使われます。

 

 

3. 状態を表す: “in”の反対の意味で使う

マイク
I’m sorry, our toilet’s out of order at the moment.
すみません、現在トイレは故障しています。

 

こちらも”in”の反対語で例えば”in order”で「正常な状態で」という意味ですが”out of order”になると正常な状態を表し「故障して」という意味になります。

このように場所や状態を表す”in”を反対の意味にしたいときは”out of”を使ってみましょう。

 

 

4. 所有を表す: もうないとき

ナオミ
I badly need to buy that, but I’m out of money.
それを買わなきゃいけないんだけど、お金ないんだ。

 

“out of”は“not having”や”without”のような所有していない状態のときにもよく使われます。

その他にも”out of stock”「在庫切れ」や”out of breath”「息切れ」というように使うことができます。

 

 

5. 理由を表す: “because of”と同じ

ロバート
I googled your name out of curiosity.
好奇心から君の名前をググってみたよ。

 

“because of”と置き換えて考えるとわかりやすいかと思いますが、このように理由や動機を伝えるときにもよく使われます。

 

 

6. 数を表す: 〜のうち…

スタローン
What was your score?
点数はどうだった?
リョウ
I got 12 out of 20 correctly.
20点のうち12点あってたよ。

 

いくつかある中のうち何個や何人などを伝えるときも”out of”はよく使われます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”out of”の意味と自然な6つの使い方【教科書には載ってません】でした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。