ニュアンスで使い分ける”tired of 〜”と”tired from 〜”の違いとその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”tired of 〜”と”tired from 〜”の違いについてお話ます。

この記事を読めば、今日からはニュアンスを理解した上で使い分けられるようになります。

では、まいりましょう。

 

 

“from”のあとは、「疲れの原因」

夫が仕事から帰ってきて…

ナオミ
Welcome back! You’re late today.
おかえり!今日は遅かったね。
マイク
Yeah, I had to finish my task. I’m tired from working all day.
うん、業務を終わらせないとダメだったんだ。一日中働いて疲れたよ。

 

 

“I’m tired from 〜.”は「〜して疲れた。」という意味です。ある行為をして肉体的に疲れたときに使うフレーズです。

なのであくまでも肉低的にです。その行為自体に飽きたりうんざりした場合には使えません。上の会話だと一日中仕事をして体力が消耗して疲れたということを表しています。

 

 

前置詞”from”の後ろは動名詞か名詞

“from”は前置詞なので、後ろに動名詞または名詞がきます。動名詞ではなく”I’m tired of work all day.”のように、動詞の原形を持ってきてしまうミスがよくあるので、気をつけてくださいね。

“from”に限らず、”of”も同じです。動名詞と名詞、この二つを意識して会話を組み立てましょう。

 

 

“of”のあとは、「うんざりするもの/人」

友人と話していて…

リョウ
What’s wrong? You don’t look fine.
どうしたの?元気なさそうだね。
アイヴァン
I’m tired of my boss’s attitude.
上司の態度にはもううんざりだわ。

 

 

一方で前置詞”of”を使ったほうはどうでしょうか。これは”I’m tired of 〜.”で「〜にうんざりしている。」という意味です。”of”の後ろには、あなたにとって精神的に苦痛を伴うもの、人がきます。

もーうしたくないって感じるものや、うんざりさせる人に対して使いましょう。一時的な感情かもしれませんが思い切って自分の感情を自由に表現してみるのもアリです。

 

 

“be fed up with”と”be sick of”も押さえておこう

ナオミ
I’m fed up with this job.
この仕事にはうんざりだわ。

 

 

 

マイク
I’m sick of love songs.
ラブソングにはうんざりだ。

 

 

あわせて、”be fed up with 〜.”と”be sick of 〜.”も使える表現なので、押させておきましょう。”sick”は「病気の」という意味でよく知られています。ですが「うんざりした」という意味でもよく使います。”I’m tired of 〜.”と同じ意味で同じくらい両方とも使われます。

違いを言えば、“I’m tired of 〜.”よりカジュアルな表現です。

 

 

“feed”から考える”fed up”

“be fed up with 〜”で「〜にうんざりする」の覚えやすい方法としてはこれ。”feed”は「餌をやる」で、それが過去分詞になると”fed”「餌を与えられる」そして”up”がつくことで「おなかいっぱいになるまで餌を与えられる」です。

もうそうなったら、食べるのうんざりですよね。そう考えれば、”be fed up with 〜”がなぜその意味になるのが理解できます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”tired of 〜”と”tired from 〜”の違いでした。

これら二つの違いを理解して、サラッと言えるように何度も練習しましょう。

それでは、See you next time!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。