中学では学べない!”was able to”と”could”の違いと使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、過去形の助動詞”could”と”was able to”の違いについてお話します。

この記事を読めば、さらにネイティブ感覚が高まります。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは会話を聞いてみよう

中学、高校ではこの違いについて特に触れられていませんが、ネイティブの間や英語圏でははっきりと使い分けをされています。

まずは、それぞれの表現の会話を見てみましょう。

マイク
What were you good at when you were in high school?
高校のとき君は何が得意だった?
リョウ
Nothing much. But I could run fast.
特にないね。でも早く走れたよ。

 

 

 

マイク
I was able to run fast on the school festival yesterday.
昨日、体育際で早く走れたんだ。
リョウ
Yeah, I heard you got the first place. 
うん、1位取ったって聞いたよ。

 

 

 

“could ~”「~できた」は過去の継続的な能力を表す

過去形の助動詞”could”「~できた」は、過去の継続的な能力を表すときに使います。

上の会話例から説明します。

“I could run fast.”というのは、今は走れないか、またはわからないということになります。

高校時代には、早く走ることができる能力を持っていたというニュアンスになります。

 

 

“was able to ~”は過去の1回の成功体験

一方で、”was able to ~”は過去の1回の成功体験を伝えるときに使います。

上の会話から説明すると、昨日の体育祭で早く走れたというのは、特定の機会で起こった成功体験です。

過去の継続的な能力ではなく、ある特定の機会にできたことを伝えるときに、”was able to ~”を使いましょう。

 

 

過去形の否定文だと、同じ意味で使える

ただ、”could”を否定文で使った場合は、そのときできなったという意味で使うことができます。

なので、”was not able to”と同じ意味で使えるということになります。

 

二人の会話を見てみましょう。

ナオミ
What time did you go home last night?
昨晩は何時に帰ったの?
リョウ
I couldn’t/wasn’t able to go home early last night. I had so much to do.
昨晩は早く帰宅できなかったんだ。たくさんやることがあって。

 

 

現在形だと、肯定文でも否定文でも同じ意味で使える

可能を表す助動詞”can”と”be able to”が現在形の場合、それぞれ同じ意味で使うことができます。

しかし、会話では、圧倒的に”can”が使われるのが一般的です。

 

二人の会話を見てみましょう。

リョウ
What language can you speak aside from English?
英語以外にどの言語を話すことができるの?
アイヴァン
I can/am able to speak Japanese.
日本語を話すことができますよ。

 

 

未来や完了形の可能性を話すときは、”be able to”

しかし、未来の可能性を相手に伝えるときは、助動詞”can”を”He will can 〜.”のように使うことはできません。

なので、こういう場合は、”be able to”を使います。

また(現在・過去)完了形も同じで、”can have/had eaten”のように使うことができません。

 

それぞれの会話を見てみましょう。

アイヴァン
Do you think I will be able to speak Japanese in a year?
1年後に日本語を話せるようになると思う?
リョウ
Yeah, but it depends on how much you study though.
もちろん、でもどれくらい勉強するかによるけど。

 

 

アイヴァン
Do you visit your parents sometimes?
ときどき実家に帰るの?
リョウ
Not that much, but lately I have been able to visit them regularly. 
そんなに、でも最近は定期的に帰ることができてるんだ。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

意外と深い”could”、”can”、”be able to”の使い方でした。

それでは、See you again.

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。