“hope 現在形”と”hope 未来形”の使い分け【ネイティブ感覚が増します】

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”hope 現在形”と”hope 未来形”の使い分け【ネイティブ感覚が増します】についてお話します。

この記事を読めば、さらに英語感覚がアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

“hope 現在形”は未来のこと、現在のこと両方に使える

未来のこと

ナオミ
I hope you have a good time.
よい1日を。
リョウ
I hope you like it.
気に入ってくれるといいな。

 

1日の始まりに誰かへ別れの挨拶として、例文のように言ったとしましょう。この場合、”you have a good time”の部分は今の話ではなくこれからの話、つまり未来に向けて言っていますよね。

なので、代わりに”will”を使って言っても同じ意味です。

 

“I hope 未来形”とニュアンスは全く同じなの?

しいて違いを言えば、現在形のほうがすごく近い未来に起こるイメージです。

2つ目の例文の場合、例えばプレゼントをすでに渡した相手に伝えているイメージで、一方で”I hope you will like it.”と場合だと数日後にプレゼントを相手に渡すイメージです。

 

現在のこと

マイク
I hope he has his passport with him.
彼がパスポートを持っているといいな。

 

例文の場合、実際に今パスポートを持っていることについて話していて、なぜこういった違いが生まれるのかというと文脈次第ということになります。

文脈をつかめば、現在のことか未来のことなのかがわかります。

なので、この場合は”will”と置き換えることはできません

 

 

“I hope 未来形”は未来のことのみに使える

ナオミ
I hope you will visit us again.
また遊びにきてくれると嬉しいです。

 

例文のように、未来形の場合は未来の話のことのみに使われます。

結論をいうと、現在形は状況によって未来にも現在のことにもなり、そして未来形の場合は未来の話をしていることが明確な場合のみに使わるということです。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”hope 現在形”と”hope 未来形”の使い分け【ネイティブ感覚が増します】でした。

それでは、See you around!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。