“Good night”以外にめちゃ使う「おやすみ」の英語厳選フレーズ7選

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”Good night.”以外に使える「おやすみ」の厳選した英語表現を7つ紹介します。

選ばなければ、たくさんありますが、特に会話でよく使うものを引っ張ってきました。

この記事を読めば、寝る前の会話がさらに楽しくなること間違いないです。

それでは、まいりましょう。

 

 

1: Night night

 

特に子供に対して使うカジュアルな表現です。意味は”Good night.”と同じで、「おやすみ」です。

 

 

2: Sleep tight.

 

1と2は、よく子供に使われる表現です。ここでの”tight”は「しっかりと」という意味です。なので意味は「ぐっすり寝て。」になります。1や”good night”と一緒に組み合わせて、“Night night, sleep tight.”とよく言います。

 

 

3: Sleep well.

 

“well”は副詞で「よく」という意味です。2と同じ意味で、「ぐっすり寝て」です。何が違うかというと、2は子供に使われやすいのに対して、3は一般的に使われる表現です。

また”I hope”を文頭につけて、“I hope you sleep well.”ということもできます。この場合”sleep well”より丁寧なニュアンスになります。

 

 

4: Sweet dreams.

 

“sweet”は「気持ちの良い」で、”sweet dream”で「よい夢を。」という意味になります。こちらもよく“Good night and sweet dreams.”のように使います。また”have”をそえて、“Have sweet dreams.”のように言うこともできます。

 

 

5: Have a good sleep.

 

こちらも同じ意味で、「よく寝て。」です。または“Have a good night’s sleep.”と表現することもあります。

 

 

6: See you in the morning.

 

意味は、「また明日の朝ね。」です。”Good night, see you in the morning.”とよく言います。

 

 

7: Don’t let bed bugs bite.

 

また、イディオムになりますが、”Don’t let bed bugs bite.”「トコジラミに噛まれないよう。」という意味で、1と2で一緒に使うこともよくあります。昔は、マットレスをベットにしっかりと縛っておかないとシラミがくるということで、こういう表現が生まれました。

今ではそういうことはありませんが、昔の名残でこういった表現をします。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”good night”以外に使える「おやすみ」英語表現でした。

それでは、See you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。