【完全攻略】”forget to ~”と”forget -ing”の違いと使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。今日は”forget to 〜”「〜することを忘れる」と”forget -ing”「〜したことを忘れる」の違いについてお話します。この記事を読めば、ニュアンスを理解して使い分けられるようになります。それではまいりましょう。

 

 

“forget to”「〜するのを忘れる」が未来志向になるわけ

そろそろ寝ようとして…

マイク
Don’t forget to turn off the light before you sleep.
寝る前に電気を消すのを忘れるなよ。
リョウ
I know.
わかってるよ。

 

 

“forget to”は不定詞で未来志向を表します。とだけネットで囁かれていますが、僕はこれだけの説明を見るたびにあまりにも表面的な内容だけで、少々イライライしてしまうことがあります。では一つずつ謎をといていきましょう。

 

不定詞の”to”と前置詞の”to”は同じ?

ではなぜ未来志向になるのか。それは不定詞が関係しています。不定詞の”to”はもともと前置詞”to”から来たものです。中学では「前置詞の”to”と不定詞の”to”は別々だ。」と教えられましたが、別々にすることで、逆に深く学び出したときに壁にぶち当たります。

 

“to”は方向性を表す

もともと不定詞の”to”は前置詞の”to”から来ています。前置詞の”to”は「〜のほうへ」あるところから、どこかへ向かう方向性を表す前置詞です。”I went to the gym.”「私はジムへ行きました。」でわかるように、「ジムに向かって行きました。」と場所を表す前置詞の場合、目的地(先にあるもの)の方向をさすときに”to”を使うんです。時間を表す前置詞”to”も、このコアイメージで考えると、わかりやすいです。

 

to不定詞の”to”も方向性を表す

to不定詞の”to”も同じで、方向性を表します。”I want to talk.”「話したい。」といったとき、”want”「望む」と”talk”「話す」の間に方向性を表す”to”が入っています。直訳してみると「話す方へ望む」となり、意訳して「話したい。」となります。

 

“to”不定詞の”to”は先に起こることを指すコンパス

“to”不定詞がなぜ未来志向になるかと言うと、この”to”が先に起こることを指しているからです。”Don’t forget to turn off the light.”をみて見ると、”to turn off the light”「ライトを消すこと」はこれから先に起こる話しです。先に起こる理由は、先の方向性を表す”to”が入っているからです。

また先ほどの”I want to talk.”も「話すこと」はこれから先に起こることです。

 

 

“forget -ing”が過去のことになるわけ

マイク
Have you ever been to Canada?
今までにカナダに行ったことはありますか?
リョウ
Yes, I have. I never forget visiting Vancouver with my family.
はい、ありますよ。家族と一緒にバンクーバーに行ったことは決して忘れません。

 

 

“forget -ing”の”-ing”の部分は動名詞です。この動名詞のコアイメージを理解していないと、うわべだけで覚えてしまうことになり、結局ニュアンスが掴めず話している状態が続きます。

 

動名詞のコアイメージ

動名詞のコアイメージは、「(頭の中の)イメージ、アイディア」です。頭の中でイメージできるものは、経験の話客観的な事実。アイディアなら、想像提案になりますね

“I never forget visiting Vancouver with my family.”と言ったとき、「家族とバンクーバーに訪れた」というのは、経験の話しです。経験しているから、頭でイメージできる状態になるんです。だから、動名詞を使うということにもなります。

 

アイディアを伝える時

他に動名詞を使った文で、”I can’t imagine working with him.”と言うとき、「彼と働くのを想像できない。」という訳になります。「彼と働くこと」というのは、これから起こる話かもしれませんが、不定詞を使わずに動名詞を使います。なぜなら「彼を働くこと」というのは、想像の一つにすぎないからです。

 

 

不定詞と動名詞に関連する記事

動名詞は形容詞としても使える?【現在分詞との使い分け】

2019年11月6日

不定詞”not to”と”to not”の違いとその使い方【学校では教えてもらえない文法】

2019年8月26日

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”forget to ~”と”forget -ing”の違いと使い方でした。それではSee you again!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。