“drop the ball”の意味とその3つの使い方【使えるとかっこいい】

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”drop the ball”の意味とその3つの使い方【使えるとかっこいい】についてお話します。

この記事を読めば、さらにかっこよく英語を話せるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

“drop the ball”の意味とその使い方

責任を持った仕事が失敗するとき

リョウ
I heard that Mike dropped the ball on the project. Is he okay?
マイクが例のプロジェクトに失敗したって聞いたで。彼は大丈夫か?
ナオミ
Don’t drop the ball this time.
今回はヘマしないでよ。

 

大事なことを忘れてできなかったとき

ホームパティーで持っていくべきだったワインを忘れてしまって…

アイヴァン
Sorry, I dropped the ball. I totally forgot.
ごめん、へまっちゃった。完全忘れてたわ。

 

中断するとき

マイク
We lost the contract.
例の契約なくなったぜ。
リョウ
What happened?
何があったんや?
マイク
My coworker dropped the ball and didn’t submit all the documents for the proposal.
同僚が途中で打ち切ってさ企画の全書類を提出しなかったんだ。

 

“drop the call”で「失敗する」や「ヘマをする」、「中断する、打ち切る」という意味のアメリカのイディオム表現です。もともとスポーツからきた言葉で、もらうボールを受け取れず落としてしまうのは完全なエラーですよね。

それが一般的にイディオムとしてミスや失敗をしたときに使われるようになりました。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”drop the ball”の意味とその3つの使い方【使えるとかっこいい】でした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。