CATEGORY 話すための英文法

ニュアンスで伝えられる!「得意」と言いたいときの”be good at/in/with”の使い分け

こんにちは、リョウです。 今日は、「に得意である」と言いたいときによく使う表現、”be good at”。 しかし、それ以外にも”be good in”、そして&#8221…

ネイティブ感覚がアップする!1分でわかる”try to 〜”と”try -ing”の違いと使い方

こんにちは、リョウです。今日は、ネイティブ感覚がアップする、”try to 〜”と”try -ing”の違いをできるだけ簡単にご紹介したいと思います。 それでは、まずはナオ…

過去形=「今は違う」と思ったら大間違い!過去形のイメージと5つの使い方

こんばんわ、リョウです。今日は、過去形のニュアンスと使い方について簡単に説明します。 インターネット上でも、書籍でもしっかりと書かれたものがなく、正直頭の中でまとめるのに少々時間がかかりました。 最終的には、色々な記事と…

今日から使い分けられる!”day off”と”off day”の違いって何?

こんにちは、リョウです。 今日は、”day off”と”off day”の違いについて、できるだけわかりやすくお伝えしたいと思います。 まずは、ナオミとマイクの会話を見て見…

ご紹介、形容詞”left”の意味と後置修飾してネイティブっぽく使う方法!

“leave”には、「出発する」や「休暇を取る」、「退職する」、「残す」など色々な意味がありますが、今回は「残す」という意味に注目して、ネイティブっぽい使い方をご紹介します。 紹介している形は、過…

【超簡単】混乱しやすい”nearby”と”near”の違いと使い方!

“near”も”nearby”も同じような形で、どちらをどのように使ったらいいのかよくわからないときがあります。どちらも”close”「近い」の類義語です。 そ…

今日からネイティブ感覚!”should”と”had better”の違いと使い方

こんにちは、リョウです。今日は、「〜したほうがいい」という意味の助動詞”should”と”had better”の違いをご紹介します。 日本語では、意味が同じだけにどちらを…

今すぐシェア!”I’m afraid 〜.”の意味と必ず押さえておきたい3つの使い方

1: I’m afraid + 文. “I’m afraid + 文.”で「〜ではないかと思う。」や「残念ながら、〜。」という意味です。 どういうときに使うかというと、聞き…

めちゃわかりやすい!過去の習慣を表す”used to ~”と”would”の違いと使い方

こんにちは、リョウです。 さて、ネット上では、”used to 〜”と”would”の使い分けについて色々と言及されていますが、どれも詳しく書かれていて、素晴らしいです。 …

めちゃわかりやすい!”seem”と”look”の違いと使い方

こんにちは、リョウです。 今日は、”look”と”seem”の違いについて、ご紹介します。 意味が似ているだけに、どのように使い分けていいのかわからないですよね。 というこ…

中学では学べない!”was able to”と”could”の違いと使い方

今日は、過去形の助動詞”could”と”was able to”の違いについて、できるだけわかりやすく説明したいと思います。 中学、高校では、この違いについて学ばなかったと…

使えたら中級!”疑問詞 + do you think ~?”の意味と使い方

今日は、「彼はどんなタイプの女性が好きだと思う?」と英語で言いたいとき、意外とパッとでてこない”疑問詞 + do you think 〜?”についてお話ます。   まずは、二人の会話をみ…

【完全攻略】”forget to ~”と”forget -ing”の違いと使い方

こんにちは、リョウです。 今日は、”forget to 〜”「〜することを忘れる」と”forget -ing”「〜したことを忘れる」のそれぞれの違いについてお話したいと思い…