3分で英語感覚が身につく!日本語の感覚で英語を省略して話すってどう?

こんばんは、リョウです。

今日のテーマは、日本語の感覚で英語を省略して話すことについてです!

たまに、英語も省略して喋っても問題ありませんか、と生徒さんから聞かれることがあります。

僕自身もそうだったんですが、気づかないうちに日本語英語になってしまいます。

なので、英語も省略すべきなのか、またそれに対してどう対処すればいいのか、お話します。

それでは、まいりましょう。

 

 

日本語感覚で英語も略していい?

以前、僕は英語業界で7年間ほど務めていました。

さらに、その前は、ワーキングホリデーや留学も経験しました。

本当に、学ぶ側の立場にもどっぷりと浸かってきました。

約11年間ほど英語に触れていることになります。

多くの英語学習者の方にお会いしてきました。

その中で発見した事実は、多くの方が日本語感覚で英語も主語や目的語をとにかく省いて話すこと。

例えば、こんな感じ。

リョウ
I don’t like.
好きじゃない。

 

マイク
very quick.
とても早いですね。

 

リョウ
Hungry.
おかな空いた。

 

英語でもカジュアルに表現するときは、主語を省いて、“Sounds great.”のようにいうことはあります。

でも、基本的にはしっかりと主語と目的語をつけて、完結させます

このような日本語英語が、間違いだとか正しいだとかは場面によって変化すると思っています。

インド英語やシンガポール英語がいい例です。

ヒングリッシュやシングリッシュのように、その国の文化や母国語の影響から言語の形は変化します。

英語を話すことが日常化していったすえ、それぞれの国で生まれた方言のようなものになっています。

例えば、シングリッシュ(シンガポール英語)では、「了解です。」を”Okay, lah.”のように語尾に”lah”をつけます。

また、英文でも極端に省略することさえあります。

“You go where?”「あなたはどこへいきますか?」みたいに。

また、インド英語の場合、特徴は発音にあります。

“Thank you.”を「タンキュ」と言います。

“th”の発音が難しく、基本タ行になってしまいます。

それぞれの国では、こうやって独特の言い方をしたほうが、現地の人には通じるでしょう。

万が一、日本も英語が日常化すれば、ジャバイングリッシュみたいなものが、出現するかもしれません。

ただ、私たちの場合、英語の方言ができるほど、日常に英語が一般化することはないでしょう。

さらに、外国の方を相手にすることを考えれば、主語や目的語を省くことで、ミスコミュニケーションも生まれやすくなります。

事実、シンガポール政府は他国の人々と効果的な意思疎通ができなくなるのでは、と恐れ2000年から、シングリッシュからニュートラルな英語に戻す運動を進めています。

そういった背景もあり、できるだけ、私たちも、日本語感覚に頼らず、主語や目的語をつける癖をつけていきましょう。

 

 

日本語は、主語や目的語を省くのが自然

一方で日本語は、会話の場合、主語や目的語はすでにわかりきったこととして、扱います。

なので、省略されることがむしろ自然。

たとえば、こんな感じです。

 

リョウ
(あなたは)仕事するの早いですね。
You work fast.
リョウ
(あなたは)東京へ行ったことはありますか?
Have you ever been to Tokyo?
リョウ
はい、(私は)(それが)好きです。
Yes, I like it.

 

でも、こうやって主語や目的語をバンバン省くのは、外国語の中でも特殊なんです。

この前、妻のIVANから、「日本語は主語がないから混乱する」と言われてました。

僕たち日本人にとっては、普通です。

でも、外国人からすると、特に2以上の登場人物が話題になった場合は、とてもわかりにくいそうです。

このように、英語は客観的(外から見るような感じ)で日本語は主観的(中から見るような感じ)です。

 

 

英語は、やっぱり基本フルセンテンスを意識

結局は、主語や目的語を省く癖を直して、英語で話す際は、しっかりとフルセンテンスにしましょう、ということです。

もちろん、慣れないうちは、意識してもフルセンテンスで言えないことが多々あります。

僕もそうでしたから。

フルセンテンスで話したいけど、なぜか抜けてしまうといった感じでした。

こればっかりは、意識しながら、トレーニングをするしかありません。

一番効果的なのは、ライティングや音読練習です。

ライティングの場合は、書くことを目的にするのではなく、自然な言い回しや正しい文法に直すところまでを目的にしましょう。

オススメは、Lang-8という会社が提供している【 HiNative Trek 】で、ライティング添削を受けてみましょう。

また、音読の場合は、声を出して読むことを目的にするのではありません。

そこに書いてある文章を、最終的にはみなくても口に定着してスムーズに言える状態まで持っていくことを目的にしてください。

こういったトレーニングをすることで、自然と英語感覚のフルセンテンスで話せるようになっていきます。

ちなみにRYO英会話もライティングとスピーキングに添削を導入したレッスンをやっているので、ご興味あれば、ぜひお問い合わせください。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、日本語感覚で英語も省略していいのか、でした。

それでは、See you around!

 

 

英語脳を作る!スピーキング力が倍にアップする正しい音読のやり方と隠された4つの効果

2018.05.22

ついに公開、今日からできる英語の会話力をあげる3つのコツ

2018.05.18

グローバルで通用する英語を身につけるために必要な6つの要素

2018.05.13
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中