実践トレーニング4ケ条

このページでは、実践トレーニングに必要な4ケ条を紹介しています。トレーニング(レッスン)を受ける上でぜひ下記4つのマインドを意識していきましょう。

 

 

1. とにかく話すこと

アウトプット(話す量)で英会話の成長は決まると言っても過言ではありません。妥協して伝えきれていないことがないように、少々苦しみながらも100%自分の考えや気持ちを持っている語彙と表現力、そして文法力を生かして伝えてみましょう。

 

 

2. 間違えを恐れないこと

間違えを恐れないで、どんどんアウトプットしていきましょう。またミスすることを恐れないことが第一歩です。間違いに対してネガティブになったり、できるだけミスをしないように防御してしまう気持ちは大変わかります。

ただし、英会話を上達させる上でミス(文法ミスや不自然な言い回しなど)をとにかくたくさんすることが最短で英語力を上げるコツです。だから添削作業をレッスンに導入しています。

正しい形で口に覚えさせるにはたくさんミスをしてそこから気づきを得ることです。少なくもRYO英会話ジムでは間違いを肯定的に捉えてどんどんアウトプットしましょう。なぜなら、たくさん間違えたほうがRYO英会話ジムの学習フローでは、費用対効果がどんどん上がります。

 

 

3. 考えすぎないこと(シンプルに表現する)

英語を話すときはなるべく考えすぎないようにしてください。なぜなら考えすぎても、そうでなくても対して変わらないからです。さらに、間が開きすぎると流暢性や発話量も落ちてしまいます。

例えば、英語を話す際、なかなか言いたい言葉がスムーズに見つからず頭の中で考えすぎて話が全然始まらないときがあります。こういったことは英語学習者の誰にでもありますが、しかしこれに陥ってしまうと残念ながら成長していきません。なぜならアウトプット量が、成長の第一条件だからです。

考えすぎていると感じたときは、まず英語に直そうとしている日本語自体を簡単な表現にしてみてください。日本語をネイティブ級に話す私たちは、そもそも持っている英語の語彙力へ変換するのが難しい文章を常に考えてしまいがちです。

例えば、「彼は勤勉だ。」と言いたい場合、「勤勉」という単語がわからなければ、「彼はとても働く」として”He works hard.”で十分ということです。このように、言葉の本質を掴みそれを簡単な言葉で表現する癖付けも身につけていきましょう。

 

 

4. 添削の内容を次に活かすこと

最後は添削の内容を次の改善に繋げることです。少し厳しく言わせていただきますが、添削してもらって満足して終わっていてはダメです。そこで終わってしまったら、せっかくの実践トレーニングが台無しになってしまうぐらいダメです。なので講師に添削してもらった内容は後日理解して、そして音読までやるように心がけましょう。