40代でフィリピンに海外転職!そんなNさんに、今後の展望を聞いてきました

こんにちは。リョウです。

前々からやりたいと思っていたことを、本日から開始します。

今までせっかく素敵な方たちに会ってきたのに、自分の中で止めておくのはもったいないと感じ、今回「英語」と「海外で活躍する人」をテーマを元に皆さんにどんどんお伝えしていきたいと思います。

これを通じて少しでも海外で働くきっかけになったり、また英語を通じて人生に対する視野が広がれば本望です。

将来的には、フィリピンにとどまらず他国で活躍する日本人や外国人の方をインタビューしていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!

今日は、こちらに来てから長らくお世話になっているNさんをご紹介したいと思います。

本当に芯の強い方で、人生についていつも色々と教えていただいています。

それでは、少しだけお付き合いください。

 

 

簡単な自己紹介をお願いします!

こんにちは、Nです。現在45歳、妻と子供3人でフィリピンで生活しています。

こちらに来て約5年と2か月が経ちます。早いもんですね。

現在は法人対象に語学研修を提供しており、基本的には研修生の方の英語向上のお手伝いやフィリピンサイドのマネージメント、そして日本側とのやり取りをメインに業務を行っています。

 

 

英語はどこでどのように学びましたか?

rs183_177094970-low_fotor

父親が元々アメリカの駐在員で、小さいころから日本とアメリカを行き来する生活を送ってきました。

アメリカではトータルで12年ほど過ごし、19歳の時に親の反対を押し切って、一人で日本に帰国してきました。

そういった環境にいたので、アメリカで英語を学んだとも言えなくないですが、どちらかというと、物心ついたときにはもうすでに英語は話せていました。

一度長く日本に滞在した後、13歳にもう一度渡米しました。

英語はほとんど何も話せないようになっていましたが、発音だけはアメリカ訛りと言った感じでした。

両親に現地の学校に入れられたんですが、日本人はほとんどいなくて、疎外感を感じたのを覚えていますね。

最終的に、仲良くなれたのは韓国人で、彼らと知り合ってから1年半くらいした頃には、英語をまた流暢に話せるようになっていました。

その当時は人種差別がひどくて、人間関係には苦労しましたね。

そして、冒頭でも言いましたが、19歳で日本に再度帰国したときは、逆に日本語のほうがおぼつかなかったので、皆さんのように話せるまで大変苦労しました。

例えば、1年間に120冊単位で本を何年も読み続けたり、漢字ドリルを買ってきて時間のあるときに勉強したりして日本語力を鍛えました。

おかげ様で、今では日本語と英語ももちろん問題なく使えますし、それに加えて、フィリピンの現地語であるタガログ語もある程度話せるようになりました。

 

 

フィリピンを選んだ理由は?

日本で様々な仕事をしていましたが、基本的に体力が必要な現場に携わる仕事だったので、40歳になり今後の将来を考えたとき、ずっと現場でやるのも体力的には限界があると思い、転職することにしました。

英語はネイティブ並みに話せました。

しかし、自分は高卒だったので、学歴と競争社会の日本は視野にいれず需要と供給のバランスを考えて、違う国を選ぶことにしました。

英語の需要が盛んだけど、英語を話せる日本人が少ないというところと、東南アジアの中でも特に経済成長のあった、英語を第2言語として話すフィリピンを選びました。

エージェントを通じて転職活動をしていましたが、学歴の問題もあったのか、15社目でやっとオーストラリア資本のコールセンターでお仕事をいただきました。

その後、その当時勢いにのっていたオンライン英会話の立ち上げメンバーとしてのお仕事もいただきました。

最終的には、将来性を考え、オンライン英会話事業のお仕事選ぶことにしました。

 

 

海外で働く上で大事なことは?

海外で働く上で一番大事だと感じるのは、享受と攻めの姿勢ですね。

最近の若い方は、海外で働くことをゴールにしているように感じます。

でも、私は海外で働くことがゴールではないと思うんですね。

実際はそれはただのスタートであって、それから文化の違いや考え方の違いを理解した上で、どれだけ攻めていけるかが大事なんだと思います。

そのあとに、周りがどれだけ認めてくれて、どれだけ結果を残せるかが重要になってくるのだと思います。

ここでいう結果というのは役職であり、給与のことになります。

それが働く上での醍醐味ではないでしょうか。

一言で言うと「自己満に溺れるな。」ですね。

 

 

今後展望は?

今はサラリーマンですが、将来的にはこちらで自分のビジネスだけで暮らしていく予定です。

現に本業の傍ら、不動産投資、またまだ軌道に乗る前ですが、フランチャイズ事業を2店オープンし、少しずつではありますがそこに向けて準備をしています。

今後は、この事業が軌道に乗ってきたら、他のフランチャイズ事業も始めたいと思っています。

最終的な目標は、自分のしたいことをすぐできる環境を作ることですね。

昼間にカフェでコーヒーを飲みながらゆったりと一日を過ごしたいのが夢です。

 

 

読者の方にメッセージ

世の中のものはすべて人間が作ったんですから、一生懸命やればなんでも達成できると思います。

多くの人が何かを目指すとき、諦める人が多いのでもったいないですね。

人生は何度でもやり直せるということを伝えたいです。

私自身、多くは語れませんが、今まで苦労してきました。

基本的に楽観主義なところがあったのがよかったのか、物事に対して前向きなので諦めるほどの失望感は今まで味わったことがないんですよね。

でも辛いときやどうにもならないときに、いつも心に語りかける言葉は、「Never give up、どうにかなるさ。」です。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

私自身も海外で働くことをゴールにしてしまっていて、自分のリミットを狭めていたことに気づきました。是非あなたの人生にもプラスになれば幸いです。

ちなみに、Nさんが実際に利用した転職エージェントは、JAC Recruitmentです。

転職無料サポートをやっているので、ぜひ海外転職活動に活用してみてください。

それでは、See you again!

 

 

国で選ぶ就職活動!新卒で挑戦したフィリピン、マニラ就活から内定までの道のり

2016.07.28

未経験者必見!フィリピンに海外転職する前に、知っておくべき7つのこと

2016.07.24

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中