返答と提案力がアップ!”Why not?”の3つの意味とその使い方

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、返答力がアップ!”why not?”の3つの意味とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語での返答と提案力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. 賛成するとき

スタローン
Maybe we could drive over to the beach this weekend.
今週末に車で海に行こうじゃないか。
ナオミ
Sure, why not?
うん、いいよ。

 

“Why not?”で相手の提案や誘いに対して断る理由がなく同意したいときに、「いいよ。」や「もちろん。」という意味で使うことができます。

よく”sure”や”yeah”、そして”of course”と一緒に使われる傾向があります。

 

否定なのになんでポジティブ?

“not”がついているように否定なのになぜホジティブな意味になるのかスッキリしませんよね。

なぜこうなるかというと「しない理由はあるの?」→「よいに決まっている」→「もちろん/いいよ」という風な流れでポジティブな意味に転じています。

 

 

2. Noな理由を聞くとき

アイヴァン
Jason is not coming to the party.
ジェイソンはパーティーに来ないよ。
ナオミ
Why not?
なんで?

 

相手の否定的な内容に対して、その理由を聞くときに「なんで?」という意味で使われます。

この場合、”Why is he not coming 〜?”の太字の部分だけ取って省略した言い方になります。

個人的な経験からでは否定の内容に対して”Why?”と返答しても自然な会話は成り立ちますが、”not”をつけたほうが相手に明確に伝わるでしょう。

 

 

3. 提案するとき

マイク
Why not order a pizza?
ピザ頼まへん?
リョウ
Yeah, why not?
うん、もちろん。

 

簡単に言えば、“Why don’t you/we 〜?”の省略バージョンですね。

相手に何かを提案するときにも”why not”が使われますが、1と2に比べてさらにカジュアルな言い方なので使う場面や相手を選ぶようにしましょう。

もともとは”Why don’t we order a pizza?”ですが、太字の部分を省略して使われています。

また主語が”you”なのか”we”なのかは文脈で見分ける必要があります。

似たような表現については、こちら“How about 〜?”や”what if 〜?”よりどうぞ。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、返答力がアップ!”why not?”の3つの意味とその使い方でした。

それでは、See you around!

 

 

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。