謝罪で必ず使える!”I’m sorry, but 〜.”と”I’m sorry 〜.”の違いと使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は”I’m sorry but, 〜.”と”I’m sorry 〜.”の使い分けを紹介したいと思います。

この記事を読めば、英語感覚がさらに高まり、違いを理解して話すことができるようになります。

それでは、ひとつずつみていきましょう。

 

 

“I’m sorry, but 〜.”は、前置きで「申し訳ないけど、」

“I’m sorry, but 〜.”「は、相手に対して好ましくない知らせや、誘いを断るときに使う丁寧な謝罪の前置きフレーズです。私たち日本人にとっては、とても重宝する前置きフレーズだと思います。個人的にもよく使います。

それでは、アイヴァンとリョウの会話をみてみましょう。

  • 誘いを断るとき
リョウ
Are you still coming to my house?
俺ん家、本当にくる?
アイヴァン
I’m sorry, but I might not be able to make it.
ごめん、行けそうにないかも。

 

 

 

  • 相手にとってよくないニュース
アイヴァン
I’d like to have a single room for Saturday.
今週の土曜日にシングルルームを一部屋予約したいのですが。
リョウ
I’m sorry, but there  are no other single rooms available at the moment.
申し訳ありませんが、ただ今他にシングルルームで空きがございません。

 

 

 

“I’m sorry 〜.”は「〜でごめんね」

“I’m sorry 〜.”「〜でごめんね。」は、前置きに使うのではなく、ある事実に対して、謝るときに使います。「〜」の部分には、文がきます。

厳密に言うと、”I’m sorry that + 文.”ですが、会話では、”that”が省かれることが多いです。前置きで、「申し訳ないんだけど、」と言いたくてよく”but”を省く人や、私もそこでよく省いてしまっていたことがあります。しかし、省くと”I’m sorry + 文.”の意味として、取られるので意味が若干変わってきますので、それぞれの違いを知った上で、使いましょう。

それでは、アイヴァンとリョウの会話をみてみましょう。

デートの待ち合わせで…

リョウ
I’m sorry I’m late. Did you wait long?
遅くなってごめんね。結構待った?
アイヴァン
I was about to leave! Anyway, let’s go have lunch. I’m starving.
もう少しで帰るところだったよ。とにかくランチ行こう。お腹すいちゃったよ。

 

 

 

リョウ
I’m sorry I’m mean sometimes.
時々意地悪でごめんね。
アイヴァン
It’s not sometimes. It’s always.
ときどきじゃないよ。いつもだよ。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”I’m sorry, but 〜.”と”I’m sorry 〜.”の簡単な使い分けでした。

それでは、See you next time!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。