超簡単!インスタやツイッターを利用した英語日記の始め方

こんにちは、リョウです。

今日は、簡単にできる英語日記の始め方についてお話します。

この記事を読めば、簡単に長続きする英語日記を始めることができるでしょう。

それでは、まいりましょう。

 

 

対象

対象はこちら
  • 日記を始めたいけど、気軽に始める方法がわからない
  • 英語日記が長続きしない
  • 長い文章を書くのが難しい

 

 

結論から言います

結論からいうと、SNSを使って外国人の友人やフォロワーを増やして、簡単な英語日記をしましょう、ということをお伝えしています。

この方法が僕自身いろいろ試した中で、一番長続きするものだと思っています。

その理由やオススメのSNSについては下記でお伝えします。

 

 

承認欲求を利用しよう

長続きするために大事な要素が、私たち人間の承認欲求を利用することです。

心理学的な話になりますが、承認欲求は人間の5段階欲求の内の1つにあたります。

誰でも心に感じる欲求なので健康的に使えば、英語学習のモチベーション維持につながると思っています。

SNSがこれだけ爆発的に発展したのも人間の承認欲求をうまくついているからですね。

誰でも「いいね」されると嬉しいです。

自分の好きなことをやって、さらに周りから「いいね」されると生活が少し充実します

あと英語はやっぱり実践で使ってこそ楽しさがありますよね。

なので、この欲求をうまく利用して楽しんで英語日記を試しにやってみましょう。

 

 

僕がおすすめするSNSはフェイスブックとインスタ、ツイッター

僕がオススメするSNSはフェイスブック、インスタグラムとツイッターです。

すでに知っている方が大半かと思いますが、一応説明しておくとフェスブックとインスタグラムは写真を中心に日々のことを投稿できるSNSで、ツイッターは主に自分の考えや気持ちを軽くつぶやくのに使われるSNSです。

あと、インスタグラムからフェイスブックを連動して使うこともできます。

インスタグラムとフェイスブックを使っている友人や知人にも見てもらいたい場合は、インスタグラムで投稿する際にフェイスブックで同時に投稿しちゃいましょう。

おすすめする理由は、1文や2文程度で簡単に発信しやすいから、です。

あと、自分の考えや気持ちを英語で発信するのであれば特にツイッターはおすすめです。

英語だけだと日本人の友達にあまり見てもらえない可能性もあるので、日本語と英語を両方記載するようにするといいです

 

 

そうすることで、見てくれる方にとってもいい勉強になるし、刺激にもなります

僕も始めはそうやって英語日記を始めました。

今では、インスタグラムは英語だけに絞って投稿しています。

1文ですが、積み重ねると表現の引き出しがどんどん大きくなっていきます

まだアカウントを作っていない方は、これを機会に一度試してみてください。

アカウント作成は下記リンクより

 

 

ハッシュタグをつけてね

 

フェイスブック、インスタグラムとツイッターのいれずを使う際、「ハッシュタグ」をできるだけ意識してつけるようにしましょう。

なぜなら、自分のアカウントをフォローしていない人にも見てもらえる可能性が高くなるからです。

そして、自分の何気ない英語での投稿にたくさん「いいね」がついたり、もしかしたら拡散する可能性もあるということです。

上の写真でいうと、自分が投稿したコメントの後の半角”#”の部分ですね。

ここにその写真の内容を表すカテゴリーを入れます。

上の写真の場合だと、”coffee”と”coke”を入れています。

そうすることで、そのカテゴリーの検索結果に引っかかりやすくなります。

ということで、もしフォローしてくれている人以外にも見てもらいたい場合はハッシュタグをつけましょう。

 

 

まとめ

それでは、最後に簡単にまとめておきます。

振り返りとして軽く確認いただけると嬉しいです

  • 承認欲求を利用しよう
  • 僕がおすすめするSNSはフェイスブックとインスタ、ツイッター
  • ハッシュタグをつけてね

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、簡単にできる英語日記の始め方でした。

それでは、See you around!

 

 

【初級〜中級対象】おすすめしたい無料で使える英語学習アプリ3選

2018.07.31

実際に読み込んで役に立った英会話のためのおすすめ文法本4選!

2018.02.06

【初心者必見】英会話がグンと上達する5つの勉強方法

2017.12.04

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中