英語サイト作成に挑戦!東南アジア、フィリピン市場に参入

こんにちは、リョウです。

本日は、英語サイト作成に関して、独立と絡めて簡単にシェアしたいと思います。

 

 

今、需要のあるところで英語サイト

最近独立に向けて、もう一つメディアサイトを立ち上げました。

サイト名は申し上げられなくて申し訳ないのですが、海外向けにサイト作成を開始しました。

なので、もちろんすべて英語で記事を書いています。

ジャンルは、今波に乗っている仮想通貨、ビットコインです。

今フィリピンやタイでも仮想通貨が注目され初めていますが、タイやフィリピン人の人たちには、まだまだ認知度は低いのが現状です。

なぜビットコインに注目したかと言うと、フィリピンでは人口の約30%の人しか銀行口座を持っていません。

それだけでなくクレジットカードの普及率も非常に低く、3%の人しか、統計上持っていないとも言われています。

そこで、スマートフォンの普及率を見ると目に見える変化があります。

2015年には、スマホの普及率が40%で、2018年には70%に拡大するという予想が国際的な通信機器メーカー、エリクソン社の最新モビリティー・レポートより明らかになりました。

この二つを考えると、銀行口座を持っていない多くの人が、代わりにインターネット上でお金を保持でき、支払いや、決済ができてしまうBitcoin walletを持つ可能性は、将来的に高いと考えています。

またフィリピンには、フィリピンの経済を支えるとも言われるOFW(海外出稼ぎ労働者)がとても多いので、そういった人たちにも送金手数料を格段に安くで使えるBitcoin walletが一気に普及する確率も高いと言えます。

ビットコインの将来はまだまだわかりませんが、使い方や利便性などを記事として伝えて、より豊かな生活ができるように、手助けしたいのです。

まだまだ記事数が少ないですが、少しずつ育てていく予定です。

 

参照記事

 

 

英語のライティングスキルをさらに向上

海外向けサイトを立ち上げようと思ったもう1つの理由は、英語のライティングスキルをさらに向上するためでもあります。

なぜ、向上したいのかというと、書くことで自分自身の英語力が向上し、さらにRYO英会話ジムでの提供できるサービスの質も上がると考えています。

さらに、ライティングは教材開発部署に勤めていたころから、やっていましたが、英語を書くのは、日本語を書く以上に面白いのです。

多言語だから、そもそも面白いのもあると思いますが、書く度に文法で新しい発見があったり、カッコいい書き方を学ぶことができたりします。

教えるだけでなく、常に自らも学んでいく姿勢とその気持ちを理解することは欠かせません。

だから英語サイトを構築しようと決めました。

 

 

グローバルビジネスに挑戦

2つ目の理由は、今後の日本の経済縮小と途上国の大きな経済成長を見据えて、グローバルビジネスに挑戦していきたいというのがあります。

日本の方達に英語を学ぶ楽しさや素晴らしさ、可能性を広げるお手伝いしていますが、それと同時に僕自身も、英語を使って、みなさんと同じように挑戦をしていきたいのです。

まだまだ甘ちゃんですが、千里の道も一歩からと言うように、まずはやってみて、少しずつ前へ進んでみないことには見えてきません。

英語だってそうでした。

書店に行って、教材を買って、声に出して読むところから始めました。

その行動が積み重なって、どんどん大きくなって、今では英語を使って生活するのが自然で当たり前のところまできました。

グローバルにビジネスを行っていく上で、たくさんの知識が必要かと思います。

それも一歩一歩学んでいくことで、数年後には、また違った自分と出会えると確信しています。

そんな可能性を見てみたいのです。

 

 

RYO英会話ジムを通じて、ブローバルな挑戦は欠かせない

現在、僕が運営しているRYO英会話とは、正直関係のないジャンルの英語サイトなので、記事として紹介するか少々躊躇しました。

しかし、海外向けサイトであること、グローバルなビジネスであること、を考慮すると記事として紹介しても大丈夫だ、と思いました。

RYO英会話ジムを運営するにあたって、今後日本がグローバルにさらに活躍するために、海外に身をおく、僕自身の生き方も記事にしていきたいという気持ちがあります。

さらに、英語という語学を提供する側にとって、ただ語学として教えるだけでは、非常にもったい。

何が大事なのかというと、自分自身が異文化理解やブローバルな挑戦に常に身を置き、それを経験して、伝えていく必要があります。

それでこそ、RYO英会話ジムの存在価値も高まっていくのではないかと感じています。

まだまだその辺りの記事は、かけていないのですが、ある程度英語学習系記事の量が落ち着いてきたら、どんどん投稿していこうと思っています。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、英語サイトを作成するあたっての、現状と所感でした。

それでは、See you around!

 

 

RYO英会話教室の2017年を振り返って、2018年の抱負

2017.12.16

海外マニラ勤務から独立を決断!未知の可能性を広げ、自分が描く未来にまた一歩近くために...

2017.09.04

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中