料理や服で「〜と合う」や「何と合う?」の英語表現とその使い方

こんにちは、リョウです。

今日は、料理や服、そして色などの話をしているときに、「〜と合う」や「〜とすごく合う」、そして「〜に一番合う」の英語表現とその使い方についてお話します。

そういうときなんか難しく考えてしまって、”conbination”とか”hormonize”みたいな単語使ってしまいそうですが、実はとっても簡単な単語で表現できてしまいます。

この記事を読めば、雑談力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

1: 「〜に合う」を英語で言うと?

マイク
Do you think that shoes go with this shirt?
あの靴はこのシャツに合うと思う?
リョウ
Yeah, I think so. Try them on.
うん。履いてみたら。

 

 

 

“go with 〜”は、ご存知の通り「〜と一緒に行く」という意味がありますが、これだけではなくシーンよって様々な意味に変化することができます。

ややこしいなーって思いますよね。

ただ、”go”のコアイメージを理解しておくと比較的理解しやすいです。

「ある場所から離れて移動する」です。

なので、イメージすると「〜とある場所から離れて一緒に移動する」です。

そこから、「〜に調和する」や「〜に合う」という意味が生まれました。

 

 

2: 「〜とすごく合う」を英語で言うと?

マイク
Edamame goes well with beer.
枝豆ってビールにとても合うよね。
リョウ
Yeah, but Gyoza goes much better with beer.
うん、でも餃子のほうがもっとビールに合うよ。

 

 

 

ナオミ
What color do you think goes best with blue?
青色に一番合う色はどれだと思う?
アイヴァン
I believe it’s black.
黒だと思う。

 

“go with 〜”の形は、なんとなく頭に入ったかと思いますが、さらにうまく伝えられるように、副詞”well”や”better”そして”best”などと一緒に使って、強弱をきかせていきましょう。

 

 

3: 「何と合う?」を英語で言うと?

リョウ
What goes with fish?
魚料理には何が合う?

 

 

 

マイク
Which bag do you think goes best with my jacket?
どのバックが僕のジャケットと一番合うと思う?

 

 

 

質問するなら、”which”「どれ」と”what”「何」を使いこなしましょう。使い分けは簡単です。

“which”の場合は、相手に選択肢がある場合

“what”であれば、相手に選択肢がない場合

に使います。

なので、あらかじめいくつか用意した中から選んでもらうときは、”which”を使って、そうではなく選択肢は特になく幅広くどれに合うのか聞きたいときは”what”を使いましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「〜と合う」や「〜とすごく合う」、そして「〜に一番合う」の英語表現とその使い方についてでした。

それでは、See you around!

 

 

【初級から中級】超効率的に英会話フレーズを暗記するならhanaso英会話スクールがオススメ

2019.01.08

【初級から中級】無料で使えるオススメの人気英会話アプリ3選

2018.07.31

【厳選】英会話中級者が必ず読んでおきたいフレーズ本3選

2018.07.10

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中