形容詞で「失礼だよ」の英語とその関連表現

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「失礼だよ」の英語表現についてお話します。

この記事を読めば、コミュニケーション力がさらに高まります。

それでは、まいりましょう。

 

 

「失礼だよ」を英語で言うと?

「失礼だよ。」と英語で伝えたいときは、”That’s rude.”と言います。相手が失礼な発言をしたときや失礼な行動に対して使える便利な英会話フレーズです。まずは4人の会話を見てみましょう。

友人とカフェで…

マイク
Have you seen David recently? He‘s getting fatter and fatter like a pig.
ディビットに最近会った?豚みたいにどんどん太ってるよ。
リョウ
No, I haven’t. That’s rude. What happened to him?
いや、会ってないね。それ失礼だよ。何かあったのかな?

 

 

同僚とランチタイムに…

ナオミ
You know, I dined out with a guy yesterday who I met on a matching site.
ねぇ、出会い系サイトで出会った男性と昨日外食したんだ。
アイヴァン
How was the date?
デートはどうだった?
ナオミ
I was so disappointed. He kept on texting while eating dinner.
本当にがっかりしたわ。夕食中にメールばっかりしてたの。
アイヴァン
Really? I can’t believe he did that. That’s rude.
まじで?そんなことするなんて信じられない。失礼だね。

 

 

 

相手の発言や行動に使おう

“rude”は形容詞で「失礼な、失礼で」という意味です。相手の言った発言に対して失礼だと思ったときはこの”That’s ~.”を使いましょう。あくまでも発言や行動に対してであって、性格が失礼とは言っていません。

もう少し感情を込めていうなら、“How rude!”を使ってみましょう。意味は「なんて失礼なの!」といった感じです。文法用語ではこれを感嘆文といいます。また失礼なことを言ったまたは行動した相手に、“Don’t be rude.”と命令文でいうことも可能です。

ただちょっときついので、冗談混じりでいうなら、気の知れた相手に対して使いましょう。

 

 

相手の性格にも使える

人の性格を伝えたいときにも使うことができます。”rude”は形容詞なのでbe動詞の後ろに持ってくるか、名詞の直前に持ってくる形で使えます。

例えば、こんな感じで…

スタローン
He’s rude sometimes.
彼ってときどき失礼だよね。
マイク
I don’t want to deal with rude people anymore.
もう失礼な人と関わりたくないわ。

 

 

“rude”の反意語は?

さて”rude”の反対の単語は何でしょうか?これも結構日常的に使うので覚えておきましょう。“polite”で「礼儀正しい」という意味です。では、マイクに例文を言ってもらいましょう。

 

マイク
Tom is polite.
トムって礼儀ただしいよね。

 

マイク
Ivan told Ryo to be polite.
アイヴァンはリョウに礼儀正しくするように言ってたな。

 

 

 

間接的に失礼って言いたいときは?

では、同じよう表現を紹介しておきます。”That’s rude.”のように直接的ではありませんが間接的に失礼ということもできます。そちらのほうが半分冗談で伝えやすいでしょう。

ではアイヴァンに例文を言ってもらいましょう。

アイヴァン
Stop saying that.
そんなこと言うのやめて。
アイヴァン
don’t give me that.
そんなこと言わないで。
アイヴァン
Excuse me?
なんですって?
アイヴァン
You don’t have to say that.
それ言う必要ないでしょ。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、形容詞で「失礼だよ」の英語とその関連表現でした。

また、会いましょう!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。