海外留学やワーホリで持っていけばよかったと強く感じたもの10選

こんにちは、リョウです。

今日は、留学で持っていけばよかったと感じたものについてお話します。

僕自身オーストラリアとフィリピンで留学をトータル2年経験しているので、実体験をベースにしてまた他の方のお話を聞いたものを厳選しています。

また持って行って当然のようなものや現地で簡単に手に入るもの、例えば現金やパスホート、石鹸やシャンプー、洗顔などは省いていますのでどうぞご了承ください。

この記事を読めば、留学やワーホリ生活がさらに快適になります。

それでは、まいりましょう。

 

 

オフラインでも使える辞書アプリ3選

ロングマン現代英英辞典【5訂版】 – Enfour, Inc.

特徴
  • 例文が86000個もあり音声で聞ける
  • 単語の意味を動画で学べるので理解しやすい
  • スペルが曖昧でも検索が可能
  • お値段は3500円

 

Merriam-Webster Dictionary – Merriam-Webster, Inc.

特徴
  • 海外で絶大な人気を誇る老舗の英英辞典
  • 検索しやすく履歴が見やすい
  • 英語が高められるゲームも収録されている
  • お値段は無料

 

デイリーコンサイス英和(第9版)・和英(第8版)辞典 – ロゴヴィスタ株式会社

特徴
  • ビジネスや海外旅行、留学に最適な初中級レベル向けの辞書
  • 容量が70MBでとてもコンパクト
  • お値段は1200円

個人的にも他の英英辞書と比べて具体的にわかりやすく書いてあるので、英英辞書を引く場合はこの上記2つを僕は必ず使っています。

英英でちょっと難しく感じるかもしれませんが、英語感覚を今後身につけていくために1つは持っておいたほうがいいでしょう。

また英和辞書であれば留学や旅行、出張に最適なデイリーコンサイスで十分です。

 

 

サプリメント

海外だとバランスの取れた日本食を滞在場所で気軽に食べられなかったり、外食が多くなったりすることで現地の食文化にもよりますが食べる物が偏りがちになったり、バランスをとるのが難しくなったります。

そういうときに助けになるのがサプリメントです。

最近肉ばっかり食べてるなってときは是非こういったサプリメントで栄養のバランスをとって体調管理に気をつけましょう。

 

 

ドライヤー

持っていって当然のリストにも入りますが、意外と持っていくのをわすれやすい物だと思っています。

僕も海外で生活していたときは、日本からきた友人や(現地で勤務していたころの)お客さんからよくドライヤーを忘れたからどこで買えばいいか聞かれることが少なくありませんでした。

そういったこともあって日本で準備できるなら持っていきましょう。

 

 

延長コード

スマホやタブレット、そしてパソコンなど電化製品を持参した場合に滞在先の部屋のコンセントが自分の欲しい場所や(例えばソファーの隣で充電しながらタブレットを使いたいけど使えないなど)、十分な差し込み口がなかったりすることはよくあります。

そういった小さなストレスをなくすためにも事前に準備しておきましょう。

 

 

モバイルバッテリー

留学だけでなく旅行や出張にも必須アイテムだと思っているのがモバイルバッテリーです。

十分に充電せずに外出してしまったときや長く外出していて電池の残量が少なくなってきたときは、ご紹介しているようなモバイルバッテリーがあると安心です。

また海外だと何が起こるかわからないので常に携帯は使えるようにしておくためにも準備しておきましょう。

 

 

ムヒ

僕の知る限りではオーストラリアやヨーロッパ、ベトナム、そしてフィリピンなどでは現地にムヒ的なものは売っていませんでした。

なので蚊が多くなる夏場外で蚊にたくさん刺されて大変な思いをした経験があります。

そんなときムヒがあれば大活躍するはずです。

現地で売っている可能性もありますが評判のものをまず調べたり、薬局で探すのがまず面倒ですので、事前にこれも持っていけるとたいへん良いです。

 

 

風邪薬や胃薬

こちらも結構当たり前の持ち物リストに入りそうですが、あえて入れた理由としては海外では日本に承認されていない薬の成分がたくさんあるので安易な現地での購入はさけた方がいいからです。

また現地で適当に風邪用に買った薬を日本に持ち帰ることも危険です。

ちなみにサプリメントも同様に日本では認めれていない添加物が入っているので避けた方がよいです。

 

 

SIMフリーのスマホ

現地で携帯電話を買って使うのもアリですが、そこにお金をかけたくない人は自分が持っているスマホがSIMフリーであればそれを持っていくのがベストです。

ちなみにSIMロックとSIMフリーの2パターンがあってSIMロックはdocomoであればdocomo回線しか使えないようになっていて、SIMフリーはどこの通信回線でも使える状態のことです。

要はSIMフリーにしておくと世界中どこにいっても携帯が使えるというわけです。

2015年から購入して101日を経過しているという条件でSIMロックの解除ができるようになっていますので、渡航前に解除して現地の通信回線を使えるようにしておきましょう。

それか海外用にシムフリーのスマホを揃えておくのも一つの手です。

 

 

クレジットカード(海外傷害保険付き)

海外旅行や留学中に現地の食事になれず1日緊急入院なんてことが起こる可能性は少なくありませんが、そんなときに一番オススメしたいのが丸井グループが提供するエポスカードです。

入会金なしの年会費永年無料なのに持っているだけで海外障害保険が自動でついてくるので持っておいて損はありません。

https://www.eposcard.co.jp/benefit/oversea/insurance.html#insurance01

ただ1旅行に対して最長90日間で事故発生から30日以内に国内外より海外旅行保険事故受付センターまで電話でお知らせした場合のみ対象です。

 

 

現地で使えるプリペイドカード


クレジットカードをご紹介しておいてなんですが、クレジットカードを気軽に持ち歩くのは、特に観光客が集まる都心から出るのであればできる限り避けたほうがいいです

現金だけでも念のため大きめのお金を持っておきたいという方はいるかと思います。

ただそのまま現金で持ち歩くのも不安があるので、そういうときは現地ATMやお店で使えるプリペドカードがオススメです。

入金した金額だけ使えるカードですね。

僕が利用しているのは“NEOMONEY”というプリペイドカードで、日本のATMで必要な現金だけ入金すれば、もう現地で使えます。

クレジットカードとほとんどかわらないじゃんと思われるかもしれませんが、メリットとしては使いすぎ防止ができ、さらに盗難や紛失にあった際に管理画面よりすぐに利用停止またはその解除をすることができます。

さらに、紛失・盗難デスクに電話すれば、その時点で残高を保証してくれます

クレジットカードだとまず電話しないといけなかったり、補償のために面倒な警察への届け出が必要だったりします。

入会費、年会費そして口座開設も不要なので、1枚もっておいて損はない必須アイテムかと思います。

詳しくは、下記ボタンよりどうぞご覧ください。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、留学で持っていけばよかったと感じたものでした。

それでは、See you around!

 

 

僕がオススメしたい海外旅行本3選とあれば超便利な通訳機

2019.02.02

行って気づいた!マニラやセブ旅行に安心で快適な持ち物7選

2019.01.21

【初級〜中級対象】おすすめしたい無料で使える英語学習アプリ3選

2018.07.31

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中