海外現地採用で働くあなたへ!後悔しないために知っておくべき6つのこと

こんにちは、リョウです。

海外現地採用で働くあなたへ!後悔しないために知っておくべき6つのことについてお話します。

僕自身海外現地採用で新卒からトータル7年間働いた経験があり、その中で挫折して帰国した人やどんどんのし上がっていった人も見てきてわかったことをこの記事でまとめているのである程度信憑性のあるものになっていると思います。

この記事を読めば、海外で働く上での必要なマインドを知ることができます。

それでは、まいりましょう。

 

 

1. 採用では即戦力が一番大事

1つ目は海外の外資系はもちろんそうですが日系企業の現地法人でも即戦力が一番大事にされます。

日本だと比較的しっかり育てて即戦力へつなげるというのが根付いていますが、海外ではそれと比較にならないぐらいの自主性や「何ができるか」が重要視されること、そして海外で日本人として雇われるということはローカルの人では賄えない部分を持っていないといけないからです。

また即戦力の強い人はローカルメンバーからすぐに認めてもらえる傾向もあります。

(後で現地法人の社長に聞いたところ)僕は在学中に2年間海外を経験していたことや英語が日常会話レベルですでに話せていたことがある程度即戦力につながったこともあったので新卒でも採用されましたし、また一緒に働いていた日本人の同僚もみんな何か強みというのを持っていました。

さらに現地採用でどんどん待遇をあげていた人は、自分の即戦力が何かとてもわかっている人だったように思います。

だから海外での勤務を考えている方は、無駄を省いて自分の即戦力となるものを限りなくあげることをオススメします。

 

 

2. 「日本では普通〜」に固執しないこと

郷に入っては郷に従え

2つ目は、海外で働き始めて1年目、2年目でよくある壁みたいなものですが「日本では普通〜」という考え方に固執しないことです。

なぜなら日本の常識は世界では思っている以上に非常識ですし、当たり前ですが文化や習慣、宗教からくる考え方のズレが少なくとも生じるからです。

なので仕事の進め方や人間関係の作り方も変わってきます。

そんな中で日本の常識に固執してしまうとストレスが溜まってやっていけないので、柔軟性がとても大事になってきます。

例えば、僕はフィリピンで海外就職しましたが初め違和感を感じたのがおしゃべりをしながら仕事をすることや、残っている仕事があっても残業しないこと、そして仕事より断然家族重視であることです。

ここで仕事中に話すのはいけないとか、残って仕事があったら終わらてくれとか日本的な考え方を押し付けると人間関係に溝ができ始めます

僕とほとんど同じタイミングで海外で働き始めた同僚はこの日本の常識と海外の常識の壁にぶつかってしまい最終的には予定外で2年目で帰国してしまいました。

こういったことは効率性でみれば日本の常識のほうが得策ですが、それはあくまでも一つの考え方にすぎないということをすべての場面で常に頭の隅に入れておいたほうがよいです。

できるだけ「違いを楽しむ」という考え方に切り替えていくことが海外で生きていく上で大切になってきますし、このマインドセットを普通に持つことができれば「日本を客観視する力」が身につくというメリットもあります。

 

 

3. 駐在員と比較しないこと

他人と比較してものを考える習慣は、致命的な習慣である

ラッセル(哲学者)

3つ目は、現地法人の駐在員の待遇と比較しないことです。

なぜなら駐在員の人は現地採用で働く立場と違って、まず会社の命令で来ていることや大きな責任や使命があるのでそれに見合った待遇を得ていてそもそも自分の意思で来た現地採用とは比較することはできませんし、また現地採用の待遇もそれに見合っているということが言えるからです。

もし「劣等感」に耐えられないということであれば、それを打開するために何ができるかを考えてみることをオススメします

そうすれば、待遇をあげるために海外転職が必要なのか、また駐在員と同じような待遇で日本採用を狙うのかというのが明確になりそれに対してやるべきことも見えてきます。

結構海外で転職するという考え方がまだ日本人の方にはあまりなくて僕の周りの同僚もずっとその会社でというような考え方の人が多かったように思いますが、個人的には、さらによい待遇や目標を叶えてくれる職場があればどんどんチャレンジするべきだと思います。

また現地採用であっても責任の大きい仕事であれば、現地採用から日本採用への道も開ける可能性は少なくともありますし、管理する立場になれば待遇も特に東南アジアであれば住むには十分すぎるほども貰えます。

なので、比較せず自分のできる最大限のことを注力していきましょう。

 

 

4. 夢や目標を大きく持っておくこと

未来は予測するものではない、選び取るものである。

ヨアン・ノルゴー/デンマークのエネルギー哲学者

4つ目は、自分が届かないと思うぐらいの夢や目標を持っておくことです。

なぜならその意思や情熱の大きさで海外でのまた日本に帰国してからのキャリアップに大きく左右するからです。

のんびりと海外での勤務を好むという考え方もあるので、一概にこの僕の意見が正しいとは思いませんが、でもやっぱりどちらにしろ大きな夢や目標があったほうが人生は楽しいです。

僕自身はグローバルに活躍しながら自分のビジネスをするところに常に目標をおいていたので、今の自分があると思っていますし、それが叶った今さらに大きな目標に挑戦しています。

そんな感じで海外へ勤務する前からできる限り漠然としててもよいと思うでのそれを持ちながらその日その日で何ができるか考えて行動することをオススメします

 

 

5. 英語圏であればできるだけ英語力を磨くこと

5つ目は、英語圏であればできるだけ英語力を磨くことです。

なぜなら日本に帰国して就職する場合例えば日常会話のブロークンレベルだと、キャリアップをする上で海外での頑張りがあまり評価されない可能性がありますし、流暢に話せてたほうがやはり可能性の幅は大きいです。

せっかく2年、3年と勤務していたのにあまり評価されないのは残念です。

だからどんな職種にしても英語はグローバルレベルで使えるようにしておきましょう。

RYO英会話ではそういったグローバルレベルで使える英会話トレーニングを提供しているのでご興味があれば、ぜひホームページよりご覧ください。

 

 

6. 出国前に人間関係の問題は整理しておくこと

おだやかな心は問題を解決します。

ジョセフ・マーフィー

最後は、出国前に人間関係の問題はできる限り整理しておくことです。

なぜならその人間関係で、例えば両親の介護や結婚相手や恋人相手からの束縛があった場合、海外へ行ってから数ヶ月して問題が発生しせっかく夢見て働き始めた会社を辞めるハメになる可能性があるからです。

ここで意味することは問題の起きそうな人間関係を出国前に「捨てる」という意味ではなくできる限り向き合っておいて問題が起きてもすぐに対策を取れる状態にしておくことです。

例えば、僕の同僚の一人は海外移住を決断し日本に家族を残した状態で働き始めましたが、数ヶ月後に離婚というケースにまで発展してしまいました。

原因は話を聞いているとその同僚の独断で行動してしまっていたことでした。

偉そうなことは言えませんが、海外に出る前にできるだけ話し合って決めていたらもう少し違った形になっていたのではと思います。

そういった経験からもやはり出国前にできるだけ問題が起きそうな人間関係はクリアにしておくことをオススメします。

 

 

まとめ

では最後に簡単にお話したことをまとめておきますので、振り返りに利用いただけると幸いです。

  1. 採用では即戦力が一番大事
  2. 「日本では普通〜」に固執しないこと
  3.  駐在員と比較しないこと
  4.  夢や目標を大きく持っておくこと
  5.  英語圏であればできるだけ英語力を磨くこと
  6.  出国前に人間関係の問題は整理しておくこと

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、海外現地採用で働くあなたへ!後悔しないために知っておくべき6つのことでした。

それでは、See you around !

 

 

海外留学やワーホリで持っていけばよかったと強く感じたもの10選

2019.04.01

英語力が必要な職業41選【教養レベル(TOIEC、英検)と実践レベルで分析】

2019.03.28

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中