ご紹介、海外で働くなら、フィリピンを選びたい7つの理由!

フィリピンの国民性は明るくて付き合いやすい上に親日家!

Japanese-Emperor-Akihito-and-Empress-Michiko-state-visit-Image-by-Joseph-Vidal-Malacanang-Photo-Bureau
気候が温暖で南の島国なのか、今まで会ったほとんどのフィリピン人がとても明るくてあまり小さいことを気にしない性格の人が多いです。

フィリピン人と一緒に働き始めてから5年ほど経ちますが、休憩時間やお昼休みなどはとにかく皆で冗談を言っては笑っています。またセブの語学学校に行ったときは、皆が明るくていつも陽気だったので、楽しく英語を学ぶことができました。

日本は太平洋戦争の時にフィリピンを数年占領していましたが、それに対して日本に悪いイメージを持っている人は今までに会ったことがありません。その話になったときも、「もう昔のことだよ。」と言って彼らの過去への痛い思いは消えていると言ってもいいくらいだと思います。

そして、何より戦後、日本が頻繁にフィリピンを援助していることから親日家の方が多い理由だと思います。

また、なんといってもアニメや日本人のモラルなど、そういった日本文化に対してかなり大きな関心と好感を持っている人たちがたくさんいます。日本に住むことや観光することに対して強い憧れのようなものも抱いています。

初対面のフィリピン人に対して日本人というだけ好感を持ってくれるのも大変ありがたいことです。

 

 

ネイティブ並みに流暢な英語を話すフィリピン人から英語が学べる

hornby_regional_school

フィリピンでは英語が公用語ということもあり、なんと人口の90%の人々が英語を話すことができます。タクシーの運転手やレストランのウェイターも日常会話は全く問題なく英語で話すことができます。

また、日本やアメリカなどの外資系の会社で働くフィリピンとなると多くは大卒となりますが、彼らの英語力はかなりネイティブに近いものになります。昔アメリカの植民地だったこともあり、アメリカ訛りの英語を話すフィリピン人も珍しくありません。

そういったところからマニラ、セブやダバオなどではたくさんの語学学校が展開されており、またアメリカ拠点のコールセンターも点在しています。

英語力がある程度あり、日本と海外をまたにかけて仕事をしたい人には本当にもってこいの場所です。

もしこれから英語を本格的に学びたいという方は、一度僕のオススメのセブにあるセス留学センターアーグスを参考にしてみてください。セブ島留学を安価にご利用できるサービスで、 ちなみに学費・宿泊費は業界最安クラスです。また授業は完全マンツーマンレッスンに特化しているので、 本当に英語力向上を目指したい人にオススメですよ。

 

 

日本食がかなり充実している!日本食が恋しくなる心配はなし!

10704163_906989759318651_8215315706710569985_n

フィリピンではここ3年くらいで、景気が好調ということもあり日本食レストランが急激に増えました。

現在フィリピンではラーメンとトンカツブームが来ており、たくさんのモール、グリーンベルトやグロリエッタ、SMなどで日本食レストランを見かけます。

なので、フィリピンにいても日本食が恋しくなることはまずありません!外に出て、10分も歩けばモールやリトル東京というところに日本食レストランが軒並みにありますので、逆に選ぶのが少し難しいくらいです。

スーパーマーケットに行っても日本食のコーナーがあり、調味料やインスタント食品、飲料、スナックなどが買えます。さらに日本食料品店もありますので、色々と買いたい方はリトル東京にある「山崎」というお店に行ってみてください。

最近では日本の有名なコンビニ、ファミリーマートやローソンが進出してきており、容易に日本のお菓子やビールを購入することができるようになりました。その他にも、ミニストップやセブンイレブンといったコンビニもかなり点在しています。

 

 

日本と同じくらいの家賃で高級コンドミニアムに住める!

Banner-Image_Malls_Philippines

食費は日本と比べて全体的に2分の一くらいの値段になります。それぞればらつきがあり、日本と同じくらいの値段のものもあります。

詳しく値段を知りたい方は「なるほど!ザ・フィリピン」を参考にしてみてくださいね。あと、日本の商品は基本的に輸入税がかかってしまいますので、日本での値段より高くなってしまうのです。

でも、実際こちに生活していて、日本の商品を買うとしたらカレールーや、みりん、酒などの調味料だけなので食材で費用がかかるということはありません。

僕の場合ですが、こちらに生活していて実際にお金がどれくらいかかるのか参考までに下記をご覧ください。

 

月の食費(二人)※週末の外食代は抜き 1万2000円程度
電気代 ※使うのはテレビ、インターネット、電気くらい 3000~3500円程度
水道代 ※固定 1000円
インターネット代 3100円
服代 5000~10000円程度
電話代 1000円
交際費 ※週末に友人や彼女と食事や飲みに行ったりする程度 4万円程度
賃貸料 ※事務所の近くのコンドミニアム 5万5千円程度

 

という感じで、こちらで生活するのに月12万5000円くらいあれば快適に暮らすことができます。

僕の場合交際費が平均よりも高くなっていると思うので、一人暮らしだと平均で大体10万円程度だと思います。家賃はフィリピンにしては少し高いと思われたかと思いますが、6万円前後出すと高級コンドミニアムに住むことができます。なので、ジムやプール、サウナが使い放題です。

日本での一人暮らしの生活費を考えると最低でも14万円程度は必要だと思いますので、それに比べるとやはりフィリピンの物価は安いですね。

もし将来海外に住みたいと考えている方は、是非フィリピンも検討してみてくださいね。

 

 

場所を選べば治安はとても良い!

BGC-greenery

私の友人や知人、仕事場でのクライアントの方たちからよく「フィリピンって安全ですか?」と質問されます。もちろん日本と比べれば、フィリピン全土で見ると犯罪や強盗率は高くなります。

ただ一つ知ってもらいたいのが、日本は世界的に見ても異常に安全な国であるということです。

それを理解した上で、フィリピンという国の治安面を考えると、場所を選べば日本と同じくらいに安全なところはあります。

マニラなら、僕が現在住んでいるマカティは日本でいう東京みたいな所で、高層ビルやコンドミニアムが立ち並んでいます。その区域内のレガスピビレッジサルセドビレッジというところは日本同様に安全です。マニラに住む外国人はだいたいこの辺りに密集しています。

もう一つマニラで異常に洗練された場所があるのですが、それがフォートボニファシオです。通称フォートと呼びます。

上の写真はその一部です。僕自身仕事の関係で1年くらいそこで住んでいたのですが、もうフィリピンじゃないみたいです。シンガポールかどっかの他国にいるような感じです。そこでは、駐在の外国人か富裕層のフィリピン人しか住んでいませんので、非常に安全です。夜中に歩いても危険な匂いはまったくしません。

 

 

低価格で数時間程度で海や東南アジアへ旅行ができる!

beach

フィリピンは小さな島の集まりなので、休日や祝日に車や飛行機で短時間でビーチへ行くことができます。

オススメするビーチは、マニラからバスや車で大体4時間くらいかけてバタンガスというところに行けます。また山に行きたいなら、2時間くらいタガイタイというところがオススメです。

交通費往復でバスだと1500円程度で行くことができます。レンタカーだと往復で1万円くらいかかります。

もう少し予算をかけれるなら、飛行機で1時間くらいかけてボラカイボホールパラワンというところに行くことができます。ちなみに上の写真はボラカイです。ボラカイはかなり観光地化されていて、アジアで一番綺麗なビーチとして殿堂入りしたくらい有名になってきています。

また、将来的にはボホールにも国際空港ができるという話もありますので、こちらもボラカイと同様にさらにたくさんの観光客でにぎわうことでしょう。

また海外旅行であれば、セブパシフィックを使ってアセアン圏内なら比較的安くで行くことができます。

セール価格を狙えば、大体2万円くらいで旅行することができます。セール外だと大体3万~4万円程度となります。

 

 

日本までたったの4時間!家族や友達に会いたいときは、気軽に会える環境

海外で生活する上で結構気になるのが、日本の家族や友達に会いたいときに会えるかどうかです。アメリカやカナダ、イタリアなどで働く場合、日本に帰国するにも結構な費用と時間がかかります。

しかし、フィリピンだとたった4時間程度で日本に着いてしまいます。帰りたいときに帰れる安心感は大事ですね。

 

 


 

いかがでしたか?フィリピンのことを少しでも知ってもらえると嬉しいです。上記以外で何か質問があれば気軽にご連絡くださいね。それでは、また会いましょう!

 

 

マニラ、マカティで一番治安がいいレガスピ・ビレッジにイケてる公園が出現!

2018.02.18

ご紹介、今フィリピンで最も発展している都市、フォートボニファシオ!日本より綺麗で治安のよい最高の場所

2016.11.21

40代でフィリピンの現地日系企業に就職したNさんに、今後の夢について語っていただきました!

2016.11.20
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。