“so much”は副詞?”I have so much to 〜.”の意味と使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”I have so much to 〜.”の意味と使い方についてお話します。この記事を読めば、ネイティブらしい表現ができるようになります。それでは、まいりましょう。

 

 

まずは会話を聞いてみよう

まずは下の会話をみてみましょう。

ナオミ
Hey, Ryo. It’s been ages. I have so much to tell you.
やぁ、リョウ。すごく久しぶりだね。話したいことがたくさんあるよ。
リョウ
Likewise. Let’s go grab some coffee.
こっちも。コーヒーでも飲みに行こうよ。

 

 

 

“I have so much to 〜.”の意味

“I have so much to 〜.”で「〜することがたくさんある」という意味です。この”to”は不定詞の”to”なので直後に動詞の原形がきます。前置詞の”to”ではないので、名詞はおきませんよ。

 

 

“much”の3つの使い方

1つ目

“much”にはいくつかの使い方があります。1つ目が不可算名詞に修飾する形容詞。これは一番代表的ですが例えば、”I don’t have much money.”「たくさんお金を持っていません。」。”water”のような数えられない名詞に修飾します。

 

2つ目

2つ目が副詞(動詞、形容詞、副詞などを修飾)としての役割です。例えば”I like him much.”「私は彼がとても好きです」。副詞だと”much”は「とても、非常に」という意味になります。

 

3つ目

そして、今回使われているのが、代名詞としての役割です。”much”には「たくさん、多量」という意味もあります。“I have so much to do.”の”much”は”have”の直後にくる、副詞でも形容詞でもなく、代名詞なのです

 

 

“I have a lot to 〜.”や”I have many things to 〜”も同じ意味

その他の言い方として、”I have a lot to 〜.”や”I have many things to 〜.”があります。どちらも同じように使うことができます。いくつか例文を作ったので、みてみましょう。

マイク
I have a lot to tell you.
君に伝えたいことがたくさんあるよ。

 

 

 

リョウ
I have many things to learn.
学ぶことがたくさんあります。

 

 

 

カジュアルに言うなら、”I got so much to 〜.”

カジュアルに表現するなら、動詞”get”「〜を得る」を過去形で使いましょう。

ナオミ
I got so much to do on Saturday.
今週の土曜日はやることがたくさんあるんだ。

 

 

 

イギリス英語なら、”I’ve got so much to do.”

アメリカ英語では、所有していることを表すときに、”have”を使いますが、その代わりに、イギリス英語では、”have got”をよく使います。ちなみに”I’ve”は”I have”の省略形です。

アイヴァン
I’ve got so much to share with you.
あなたに共有したいことがたくさんあるの。

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が、”I have so much to 〜.”の意味と使い方でした。それでは、See you next time!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。