洋画でよく聞く”I have so much to 〜.”の意味は何?それと”so much”は副詞じゃないの?

“I have so much to 〜.”は「〜することがたくさんある」という意味です。”I have so many things 〜.”と同じように使える便利な英会話フレーズです。

 

まずは、下の会話をみてみましょう。

ナオミ
Hey, Ryo. It’s been ages. I have so much to tell you.
やぁ、リョウ。すごく久しぶりだね。話したいことがたくさんあるよ。
リョウ
Likewise. Let’s go grab some coffee.
こっちも。コーヒーでも飲みに行こうよ。

 

 

“I have so much to 〜.”

“I have so much to 〜.”で「〜することがたくさんある」という意味です。この”to”は不定詞の”to”なので、直後に動詞の原形がきます。前置詞の”to”ではないので、名詞はおきませんよ。

 

 

“much”の3つの使い方

1つ目

“much”にはいくつかの使い方があります。1つ目が、不可算名詞に修飾する形容詞。これは一番代表的ですが、例えば、”I don’t have much money.”「たくさんお金を持っていません。」。”water”のような数えられない名詞に修飾します。

 

2つ目

2つ目が、副詞(動詞、形容詞、副詞などを修飾)としての役割です。例えば、”I like him much.”「私は彼がとても好きです」。副詞だと”much”は「とても、非常に」という意味になります。

 

3つ目

そして、今回使われているのが、代名詞としての役割です。”much”には、「たくさん、多量」という意味もあります。“I have so much to do.”の”much”は”have”の直後にくる、副詞でも形容詞でもなく、代名詞なのです

 

 

“I have a lot to 〜.”や”I have many things to 〜”も同じ意味

その他の言い方として、”I have a lot to 〜.”や”I have many things to 〜.”があります。どちらも同じように使うことができます。

いくつか例文を作ったので、みてみましょう。

 

マイク
I have a lot to tell you.
君に伝えたいことがたくさんあるよ。
リョウ
I have many things to learn.
学ぶことがたくさんあります。

 

 

カジュアルに言うなら、”I got so much to 〜.”

カジュアルに表現するなら、動詞”get”「〜を得る」を過去形で使いましょう。

ナオミ
I got so much to do on Saturday.
今週の土曜日はやることがたくさんあるんだ。

 

 

イギリス英語なら、”I’ve got so much to do.”

アメリカ英語では、所有していることを表すときに、”have”を使いますが、その代わりに、イギリス英語では、”have got”をよく使います。ちなみに、”I’ve”は”I have”の省略形です。

アイヴァン
I’ve got so much to share with you.
あなたに共有したいことがたくさんあるの。

 

 


 

いかがでしたか?今日から、機会があれば、”I have so much to 〜.”を使ってみましょう。それでは、See you next time!

 

 

かっこよく話せる!ネイティブがよく言う"sleep on it"の意味と3つの使い方

2018.01.31

かっこよく話せる!「君次第だよ」"It's your choice."を英語でネイティブ風に言うと?

2018.01.27

「誰にも言わないで」"Don't tell anyone."を英語でネイティブ風に言うと?

2018.01.18
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。