注文がスムーズ!「〜をください」を英語でなんて言う?

毎月100名様限定

毎月100名様限定

こんにちは、リョウです。

今日は、旅行先のレストランで注文する際に使える表現、「〜をください。」を紹介します。

言い回しは一つではありません。場面によって使い分けが必要だったり言い回しも様々です。ということで、その辺りをザックリと、今後使っていただくために説明します。

それでは、一つずつ見ていきましょう。

 

 

1. “I’ll have/get 〜.”の意味と使い方

ナオミ
Can I get you something to drink?
何かお飲み物をお持ちしましょう。
マイク
I’ll have a lemonade.
レモネードをください。

 

「〜をください。」と言いたいときは、”I’ll have 〜.”がもっとも一般的な言い方です。また、”have”の代わりに”get”を使って”I’ll get a lemonade.”と言ってもいいですよ。

使いやすいほうを使いましょう。友達や同僚が頼んだものと同じのが欲しいときは、”I have the same.”と言います。さらに詳しく知りたい方は、下の記事よりご覧ください。

注文するときの万能フレーズ!”I’ll have 〜.”の意味と簡単な使い方!

2016年7月8日

サラっと注文!「同じものにします」の意味と類似表現3選

2016年3月28日

 

 

2. “please”を文末につけて、丁寧に

スタローン
What would you like?
何にしますか?
リョウ
I’ll have one Americano, please.
アメリカンをください。

 

さらに、丁寧に言う場合は、文末に”please”をつけましょう。”get”の場合も同じです。

 

 

3. I want 〜.も使える

ナオミ
What do you like to order?
ご注文は何にしますか?
リョウ
I want a cheese burger.
チーズバーガーをください。

 

ファーストフードやフードコートなど、カジュアルな場では、”want”「ほしい」も使ってみましょう。

 

 

4. 丁寧に言うなら、”I’d like 〜.”

ナオミ
May I take your order?
注文をお伺いしてもいいですか。
リョウ
I’d like a salmon steak.
サーモンステーキをください。

 

ビジネスやフォーマルな場では、”I’d like 〜.”を使いましょう。助動詞”would”を省略して、”I’d”となっています。”I like 〜.”ではなく、必ず”would”をつけてくださいね。

 

 

5. もっとシンプルな言い方ないの?

ロバート
What would you like to have?
何になさいますか?
リョウ
One fresh pasta, please.
フレッシュパスタをください。

 

もっとシンプルに言いたい方は、文末に”〜, please.”を使いましょう。カジュアルな場でもフォーマルな場でも使えます。これさえ押さえておけば、正直海外のどのレストランやカフェにいっても注文ができるでしょう。

 

 

6. 質問形で、バリエーションを増やそう

質問形でも、「〜をください。」と表現することができます。質問形で注文することで、”I’ll have 〜.”のように直接的ではなく、間接的なので丁寧なニュアンスを含みます。

  • カジュアルな言い方
マイク
Can I get a Tuna sandwiches and some fries?
ツナサンドイッチとフライドポテトをください。

 

 

  • 比較的フォーマルな言い方
リョウ
Could I have a steak & beef?
ステーキ&ビーフをください。

 

 

  • フォーマルな言い方
アイヴァン
May I have barbecued wings?
手羽先のバーベキュー風をお願いします。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「〜をください。」の英語表現でした。

それでは、See you around!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。