よく読まれているネイティブ発音の記事トップ6選まとめ

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。ネイティブ発音記事の中で、特にみなさんがよく見ている記事をランキングにしてみました。この記事を読めばネイティブ発音のコツが少しつかめるようになっています。それでは一つずつ見ていきましょう。

 

 

“have to 〜”と”has to 〜”の発音

こちは記事を投稿した当初から、たくさんの人に読まれております。僕も、アメリカ人と教材作成をしていた頃、彼の”have to 〜”や”has to 〜”の発音に違和感を感じたのを覚えています。それでは、義務を表す”have/has to 〜.”のネイティブ発音を聞いてみましょう。

”have to”や”has to”の発音が聞き取れないのはなぜ?

 

 

“It will 〜”と”That will 〜”の発音

全然聞き取れそうで、聞き取れないこの”it will”と”that will”の発音。ネイティブは基本的に会話では”will”を省略して発音するため、「ウィル」とははっきり聞こえません。ではどんな風に聞こえるのでしょうか。想像できますか?それでは、未来を表す助動詞”will”のネイティブ発音を聞いて見ましょう。

ネイティブはこう発音する!”it will”や”that will”がなぜ聞き取れない?

 

 

“a lot of”の発音

会話では”many”や”much”の代わりに”a lot of”が使われることが多いです。なぜかと言うと、表現がカジュアルになるからです。アメリカ映画でも”a lot of”は頻繁に聞こえてくるのではないでしょうか。”a lot of”をカタカナ英語で「ア ロット オブ」と言うのと、ネイティブ発音で言うという違いだけでも、あなたの英語の流暢さは相手に全然違ったように伝わるでしょう。それでは、”a lot of”のネイティブ発音を聞いて見ましょう。

一瞬で聞き取れる”a lot of”のネイティブ発音2段階バージョン

 

 

“out of”の発音

“Let’s get out of here.”や”I’m out of here.”など、会話ではたくさん使う機会がある”out of”。こちらも”a lot of”と同じく、”out of”をさらっとネイティブ発音できると、個人的かもしれませんが、かなりカッコいいです。アメリカ留学を経験してきた人かと思わせること間違いなしです。

「アウトオブ」卒業!ネイティブの”out of”の発音が聞き取れないのはなぜ?

 

 

“hasn’t it?と”isn’t it?”の発音

こちらは、正直僕の中では意外で、このネイティブ発音が結構気になるんだ、という感じでした。”t”の発音がポイントなんですが、これを見られている方は、おそらく「イズントイット」と発音しているのではないでしょうか。もちろん全く問題ないのですが、ネイティブは少し違って発音します。初めて聞いたとしても、聞き取れるようで聞き取れない、そんなネイティブ発音”hasn’t it?”と”isn’t it?”です。それでは、どうぞ。

音が消える!”hasn’t it?”や”isn’t it?”のネイティブ発音方法

 

 

“Not at all.”の発音

「まったく〜ない」という元々の意味から、「いえいえ、どうぞ」や「気にしないで。」、「どういたしまして。」と3つの意味として使える便利なフレーズ”Not at all.”。こちらもネイティブが普通に発音するとまったく違って聞こえるものの、一つです。それでは、どうぞ。

今日から聞き取れる!”not at all”のネイティブ発音方法

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。それでは、See you next time

アウトプット専門オンラインスクール
無料トライアル実施中

99%の人が知らない「英会話の成功法則」で効率的に伸ばせます。お気軽に無料トライアルからお試しください

こんな方へ
・教材の読み合わせに飽きた
・他の英会話スクールでは成長感がない
・なんとなくの英語学習から抜け出したい
・抽象的なことしか言えない
・会議で瞬時に思ったことを言えない
・言いたいことがなかなか伝わらない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界ぶっちぎりのアウトプット
・発言内容の見える化x添削
・寄り添うパーソナルコーチング
・質の高い講師陣

今なら体験レッスンと合わせて無料コンサルテーションも(フィードバックメール付き)ご提供中!

最短で英語が話せる
スピーキング短期集中プラン

到達可能なレベルにフルコミットして最短50日〜最長6ヶ月で最も効率的に成長をフルサポートします

こんな方へ
・英語の伸び悩みを感じている
・TOEICは高得点でも話せない
・仕事でどうしても使う必要がある
・仕事で思うように英語が使えない
・独学の学習では限界を感じている

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・発言内容の見える化 X 添削
・専属の講師とコンサルタント
・レベルに合わせたカリキュラム作成
・課題と目標がわかるスピーキングテスト
・定期的なコンサルテーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクール
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出

/公式SNS/
 Youtube   Instagram   Twitter