今がチャンス!「フィリピン最後の楽園」と言われるコロン島への行き方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。去年の年末、12月27日から30日にかけて、僕が今滞在しているところマニラ、マカティから飛行機で南方面に向かったところにあるコロン島というところへ行ってきました。

フィリピンでは最後の楽園と言われるくらい綺麗な島です。もちろん、観光地化された綺麗な島(ボラカイ、ホボールなど)はたくさんあるんですが、コロン島はまだそこまで観光化されていないので、他のと比べて海の透明度がさらに高く大自然がたくさんあります。

皆さんにも機会があれば是非行ってもらいたいので、行き方や値段等をお伝えしたいと思います。それでは一つずつ見ていきましょう!

 

 

コロン島に行くには、まずマニラからブスアンガへ!

 

ターミナル4の中の風景

フィリピンのマニラには空港が4つもあるのですが、今回はナイアターミナル4からコロン島(ブスアンガ空港)へ行きました。

 

 

コロン島に行くなら、スカイジェットがおすすめ!

2012年に設立された、まだ新しい航空会社「スカイジェット・エアラインズ」を利用しました。その他にも、フィリピンエアラインセブパシフィックを使って、「マニラーブスアンガ」で検索します。スカイジェットとセブパシフィックはだいたい同じくらいの値段で、往復2万3000円程度

フィリピンエアラインになると3万円弱になります。ただ僕個人的には、一番コスパが高いのは今回使ったスカイジェットかと思います。なぜかというと、セブパシフィックやフィリピンエララインと比べると、到着にかかる時間が15分短く、それでいて値段は安いのです。

スカイジェットは小さ目の飛行機で80人乗りです。

機内ではパン菓子とお水をいただきました。揺れもなくスムーズにおよそ40分くらいでブスアンガ空港に到着しました。

ブスアンガ空港に到着

 

泊まったホテルは”Coron Westown Resort”

滞在先として選んだのは”Coron Westown Resort.”空港に着くと迎えのバンに乗り、30分程度でこのホテルに到着しました。4つ星ホテルになります。

選んだお部屋の種類は”Deluxe Room”。

送迎や朝ご飯(ブッフェ)を入れれば、割引なしで1泊6000ペソ(現在の為替レートで13500円)です。フィリピンの物価で考えると結構高いお値段になっています。

部屋の種類はあとファミリールームやプレミアムルーム等があります。予約する場合は下記リンクをご覧ください。

当ホテルのホームページは全て英語になっていますが、英語がビギナーな方も勉強がてらにチェックしてみましょう。

 

 

タウンツアーとアイランドホッピングの参加がオススメ

コロン島に来たなら欠かせないのがタウンツアーとアイランドホッピングです。タウンツアーは当ホテルのホームページから予約する際に申し込むことが可能です。

ツアーの予約に関しては、到着してからでも全く問題ないです。僕も到着してから受付で次の日と二日後のツアーの申し込みを済ませました。ツアーに関しては下記を参考にしてください。僕が選んだのは上の2つです。目安として400ペソでおおよそ1000円くらいです。

  • Coron Town Tour – P700/person
  • Coron Island Tour- P1700/person
  • Reefs & Wrecks Tour – P1850/person
  • Island Escapade Tour – P1950/person
  • Busuanga Island Tour – P1950/person
  • Calauit Safari & Reefs – P2500/person

詳しくはホームページに記載されているこちらのページをご覧ください。

 

近隣の島の景色は最高。フィリピンに来て5年以上経ちますが、こんな綺麗な海を見たのは初めてでした。

僕が参加したアイランドホッピングのツアーは3つ島を周るものでした。下の写真は一番初めに来た島です。

朝の8時ごろに小さな船で出発し、お昼は下の写真の島で船で用意してくれたフィリピン料理をいただきました。味はまぁまぁよかったです。最終的にホテルに到着したのは午後4時ごろでした。なのでほぼ一日中ですね。結構疲れます笑。

二日目はタウンツアー。訪問場所は以下の通りです。

  • Public Market
  • Town Plaza
  • Lualhati Park
  • Souvenir Shops
  • St. Augustine Church
  • Harbour Center
  • Cashew Harvest
  • Mt Tapyas View Deck
  • Maquinit Hotspring

 

初めは、お土産屋さんや公共市場に行きましたが、あまり印象的でなかったので残念ながらブログに載せる写真を撮りませんでした。。印象に残った場所としては、Mt. Tapyasからの景色と教会ですね。

Mt Tapyas View Deck

Mt Tapyas View Deck

コロン島のツアー全てが載っているサイト“Experience Coron Palan”がありますので、ご興味があればここで詳細を確認してみてください。

 

 


 

フィリピンでの最後の楽園、早いうちに訪れておいたほうがいいかもです。そのうち観光化今のような綺麗な海は見れなくなるかもしれませんね。それでは、See you again!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出