共感力アップ「~だなんて残念だね」の英語表現とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「~だなんて残念だね」の英語表現とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、さらにスムーズに共感することができるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

「~だなんて残念だね」を英語で言うと?

まずは、二人の会話を見てみましょう。

マイク
It’s too bad that Jason didn’t pass the interview this time.
ジェイソンが今回面接に合格しなかったのは残念だね。
リョウ
Yeah. Let’s ask him to dinner and cheer him up.
そうだね。夕食に誘って彼を元気づけようよ。

 

 

「~だなんて残念だね。」と言いたいときは、”It’s too bad that ~.”を使いましょう。

カジュアルに「~だなんて残念だね。」と伝えたいときに使える便利なフレーズです。

 

 

カジュアルに「残念」と伝えたいとき使える

老若男女問わず、特に重大な意味を込めずに、カジュアルに「残念」を表現したいときに使えるフレーズです。

“too bad”で「残念な」という意味です。

相手の言ったことに対して、カジュアルに残念であると相槌と打ちたいときは、「それは残念ですね。」こちらの記事を参考にしてみてください。

 

 

“that ~”が本当の主語なの?

“too bad”の後ろに”that ~”と節が続いています。

このthat節ですが、どんな役割をしているすぐにわかりましたか?

実は、文の主語に当たるものです。

なぜ後ろに来ているかというと、”that Jason didn’t pass the interview this time is too bad.”のように、that節を文の主語に持ってくると、頭でっかちな文になってしまうので、仮に”it”で置き換えているんです。

英語はシンプルさが大事なんです。

 

 

“It’s too bad 〜.”と”It’s a pity 〜.”の違いって何?

まず、”pity”ですが、「同情」という意味になります。

どちらも同じような意味で使えるのですが、”It’s too bad 〜.”という表現のほうが一般的に広く使われ、また、“It’s a pity 〜.”と比べて、カジュアルな表現になります。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「~だなんて残念だね」の英語表現とその使い方でした。

是非機会があれば使いましょう。

それでは、See you again!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。