「〜が下手だ」の英語表現4選とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「〜が下手だ」と英語でいいたいときに使える必須フレーズを4つご紹介します。4つ目のものは、アメリカのスラングになるので、実用的かどうかと言われれば微妙ですが、状況によって使えると、英語にとても精通した人になれます。

それでは、使用頻度からそれぞれのフレーズをみていきましょう。

 

 

まず、「下手」の意味をおさらいしよう

よく「下手」と「苦手」が比較されますが、「下手」は下手だけど好きで、「苦手」はできない上に嫌いといった感じです。ただ「苦手」の場合は、必ずしもできないわけではないですね。あの有名なスティーブジョブスは、あんなにスピーチが上手だったのに、人前で話すのは苦手だったそうです。

なのでこれから紹介するフレーズは「苦手」という意味でも使うことができますが、意味自体は「不得意」や「下手」です。「苦手」の一番適切な表現は、“I hate 〜.”や”I don’t like 〜.”です。

 

 

1: “be bad at”

“bad”と聞くと「悪い」という意味が先に思い浮かぶを思いますが、「下手な」という意味もあります。

ナオミ
What are you bad at?
何が下手なの?
アイヴァン
I’m bad at directions.
方向感覚がないんだ。

 

 

2: “be not good at”

“I’m good at”で紹介されることが多いのですが、それを単に否定文にしてやれば、「〜が下手だ」という意味になります。

マイク
Let’s play tennis!
テニスをしよう!
リョウ
Sure. But I’m not good at tennis.
いいよ。でも俺テニス下手だよ。

 

 

 

3: “be poor at”

こちらも、”bad”と同じような感じですが、「貧しい」という意味の他に「下手な」という意味があります。

  • 友達数人でカラオケにきて
マイク
Why don’t you sing?
歌ったら?
ナオミ
I’m poor at singing. I will just listen to you guys sing.
歌うのが下手なんだ。あんたたちが歌ってるの聞いとくよ。

 

 

4: “suck at”

最後は、”suck at”。冒頭でもお伝えしたように、このフレーズはアメリカのスラングです。特に若者が使う言葉です。なのであまり気軽に使わないようにしましょう。ただ仲のよい友人や同僚の間で使ったりしてみるのは全然アリ。

“suck”は動詞で「吸う」というのが代表的な意味ですが、今回紹介するのは、「下手である」という意味の動詞です。

スタローン
Do you wanna go play golf?
ゴルフしにいかない?
リョウ
No, I suck at golf.
いいよ、ゴルフ下手なんだ。

 

 

 

 

使用頻度はこんな感じ

Google Ngram

最近、このGoogle Ngramを使うのにはまっています。検索するだけで、調べたものがすぐに、書籍でどれだけ使われているかわかるツールです。ということで今回も今日ご紹介するフレーズを入力して調べてみたところ、なんと!って、(笑)予想通りな感じですが、“bad”→”not good”→”poor”→”suck”の順でした。

今まで海外生活9年ほどしてきましたが、やはり”bad”を聞くのが一番多いです。一方で、使用頻度の低い”suck”はやはりスラングなので使用する人たちが特定されます。僕もアメリカの番組を見るときぐらいしか聞くことはあまりありません。使える英語フレーズと考えたとき、”bad”が一番いいと思います。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。以上が「〜が下手だ」といいたいときに使える必須4フレーズでした。それではSee you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。